2008年04月25日

real

雨の日。

久しぶりに寄りかかる背中。
薄汚い居酒屋で、
メザシと焼き鳥に瓶ビール。
酔ってフラフラのオヤジどもは微笑ましいけど、
テレビからは残虐なニュース。

酔いにまかせて歩いた夜道に、
片手には缶チューハイ。
くだらない話をしながら、
でも本当は真剣なんだ。

立ち寄ったレンタルショップ。
1本50円の中古ビデオに僕らの目は輝く。
10本以上購入。
良い作品・良い俳優、にも関わらずゴミ扱いの商品達に救いの手を差し伸べる。
良い作品は廃れない。温故知新。
変わっているのは時代だけ。

暗い部屋でカップラーメンを食べながらタランティーノ作品を。
懐かしい感覚だ。

ひょっとして、
全ては変わったとか、
時間は流れてるとか、
そういったことは勘違いなのかもしれない。

なにも、なんにも変わっていない。
きっとそれでいいことだってある。

かっこつけ過ぎた。
等身大でいられなかった。
そういうときに寄りかかる背中があって良かった。

帰り道、雨は止んでいた。


posted by 成田翔一 at 14:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。