2008年03月30日

It's OK.

こんにちは。
春ってこんなに気持ちいいものなんですね。
春が大嫌いだった今までの人生、少し損してたなあ。

さて、自分は生活の基盤が人とのコミュニケーションだと思っています。
使いふるされた表現ですが、人は独りでは生きていけないと思うので。
自分の世界にこもってあれやこれやともの思いにふけったり、考えたりする時間というのは大切だと思います。そういう時間は必ず必要です。
しかしより自分を成長させると考えたとき、他人と接し、見聞を広め、自分の糧にする、というのはさらに大事な事のような気がするんですね、自分にとっては。

ただもちろん、人というのはみんな違って当たり前、人数が多くなればなるほど合わない人間が現れるのは当然のこと。自分の人生、今までの実感としては「人生、合う人間より合わない人間の方が多い。」んだと感じます。だから新しいことや好きなことを他人と協力しあってやっていこうとすれば、歪みは必ず出てくるんですよね。
しかしそこで合わない人間全てを拒絶したり撥ね退けたりしていれば、キリがないし、いずれ周りからだれもいなくなるでしょう。
「人の振り見て我が振り直せ」の言葉の通り、人の欠点や良くないなと思うところを指摘したりとがめたりする前に、自分は他人に同じようなことをしていないか、他人の行動を自分の事として省みらなければいけないのだと思います。だからB型自分のルールに則れば「自分でできないことは他人に求めてはいけない」というのが最低限にあるんです。
それ以前に、「人の意見を聞く前に自分の意見を言うこと」っていうのは簡単なこと。しかしその逆って意外に難しいものなんですよね。そして「人を批判したり否定すること」も簡単。しかしそれによってこじれた関係を修復するのには何倍もエネルギーが必要。これも実感としてありますね。

論点がずれてきてますが、何か一つの事を大人数で推し進めていったり、もしくはそれらをまとめなければならない立場に立ったとき、必ずうまれる歪み、不満、反対意見に対してどれだけ耳を傾けられるか。
合う人間より、合わない人間とどうやってウマク付き合っていくか。
そんなことがきっと人間力のような物に磨きをかけてくれるのかなあ、なんて思った日曜日。
不平不満を言う暇があったら、隣人をより愛し、うまくいかないならいかないなりに前向きに生きたいもんですね。

よっしゃ。


posted by 成田翔一 at 11:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。