2008年02月25日

turn on your radio!

こんにちは。
激しく冷え込んでいます。みなさん風邪には気をつけてくださいね。
昨夜は45度のお風呂にしばらく浸かりました。暖房が故障中の我が家(外のように寒い)にいて体が芯から冷えているのか、不思議と心地よく入れました。普段なら45度、too hotですよね!?
チャレンジしてみてください。体の老廃物を排出したその後のビールはたまらんとです。
現代人はシャワーで済ませてしまうため、冷え性の人が多いらしいですね。
たまには浴槽にゆっくり浸かってみましょう。

さて突然ですが僕はラジオが好きです。
中学校の時から専らラジオ派で、夜に勉強すると偽っては部屋で一人FMやRABの番組を聴いたものでした。そこで出会ったアーティストは数知れず、自分の音楽の道への入り口と言っても過言ではないと思います。
テレビの方がメディアとしては主流なのでしょうが、自分はチャンネルの選択権もなかったし(オヤジと観るNHKがイヤでね、当時。今は一番面白いと思うけど。)、ラジオと一緒に育ってしまったので、今でも夜にそれを聴く機会があるとふと懐かしい気持ちになってしまいます。
自分にとってラジオは何かをしながらでも聴けるというところや、テレビよりも音楽が多い(当たり前か)ところ、たくさんのミュージシャン(が、パーソナリティーを務める番組)の素がわかる、など、とっても基調なツールなのです。
好きなアーティストがやっている番組を毎週楽しみに聴くようなことはなくなってしまいましたが、今でもたまにスイッチを入れ、聴き入ってしまうことは多々あります。
自分は運転中が多いんですが、ラジオから流れてくるDJの話を聞いてニヤけてしまったり、知っている・好きな曲がかかればそれを他のリスナーと共有できていることで妙に幸せな気分になったり。そんな経験、ありませんか?いい音楽って、一人で聴くより二人、それ以上で聴いた方がより良く感じられる場合ってありますよね。ライブにしたって、そのアーティストを好きな人同士で空間を共有しているピースフルな雰囲気ってある感じがします。一人で飲む酒より仲間と飲む酒、一人の食卓より団欒のある食卓。みたいなさ。

話がそれてしまいましたがそんなラジオ、直接的に視覚で捉えられるテレビよりも想像力を掻き立ててくれるし、DJとリスナー(与える側と与えられる側)のつながりがより密接な感じがするんですよね。
求めるその人のちょうどそこに、それはある。

言葉で表現するのは難しいけど、自分が言いたいラジオの暖かさ、雰囲気、なんとなくわかってもらえるかな?

きっといつか自分らの作品が電波に乗って流れるようになって、それが誰かの力になったり、その人を少しだけハッピーにできたり。そんな日が来ることを夢みながら、竹内晃のラジオを聴いた昨日の夜。
ここまでひっぱって宣伝でしめるのは気が咎めますが、
RAB(1215MHZ) 毎週日曜PM9:30からの竹内晃「Enjoy your style」

なかなかな番組ですよ 笑
そのうち自分も登場する予定ですので。
だって番組での彼、恐ろしいくらいテンションが低いんですもん。話相手になりに行ってあげたくもなりますよ 笑

ではまた。

posted by 成田翔一 at 18:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。