2008年02月16日

we can fly in the sky someday

毎度お世話になっております。
成田です。
吹きすさぶ冷たい風に凍りそうな一日も、Tom Waitsが優しく暖めてくれる今日この頃。
みなさん風邪などひいていませんか?
酒など飲みすぎておりませんか?(俺だっつーの。)

さて昨夜の出来事、驚くほど鮮明な夢を見ました。
その舞台はというと、自分が新しく就職しようとしている会社の面接会場。
そこには数人の面接官と、それに向き合うように椅子に腰掛ける自分・・・
・・・・・・・・とオカン 笑
そしていざ面接開始、というタイミングになって現れる・・・・・・・・・オトン 笑
さらに続々と部屋に入ってくる友人、知人、極めつけは高校時代の部活動(サッカー部)の顧問。笑 みんな見に来てくれたようです。笑
ようやく始まった面接で、面接官は一言。「新しくこの会社に入社できた場合、どういった仕事をしていきたいか、あなたが長年やってきたサッカーとかけて、ウマイこと言ってください。」
なんだよそれ 笑、と思いつつ周りの知人達、両親を気にしながらも必死に考える自分。
考えること30秒。自分的に思いついたことを言ってみる・・・
「自分がサッカーの現役プレイヤーだった頃、得意としていたプレーは、フォワードへ送るラストパスでした。この会社に入社できたら、周りの職員の方々やお客さんを助けられるよう、最高のパスでアシストしたいと思います。」
おとずれるしばしの沈黙・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
「ヒューヒュー!!ウォー!!」
なんと会場は大喝采のスタンディングオベーション!!笑
自慢げにうなずく両親。笑
「ありがとうございます、ありがとうございます」と頭を下げる自分 笑

というなんとも不可解な夢。そこまでしか記憶はないんですが、これは何を意味しているのでしょう・・・
夢には願望が現れるといわれたりもしますが・・・
そんな願望、意識下にはありません!笑

なにかで読んだのですが、夢は過去の記憶の整理整頓らしいですね。
今まで見てきた、経験して来たことがゴチャ混ぜになってその断片断片がランダムに表れる。
よって、夢では自分の能力を超えた事はできない・起こらない事になっているらしいのですね。(たとえばフランス語をいきなりペラペラ喋れたりとかできない楽器をスラスラと弾いたりとか・・・)
(ちなみに自分は、ステージに上がって楽器を持つのだけれど、音が出ないとか、フレーズが思い出せないとかそういう類の夢はよく見ます。
よっぽど追い詰められているのでしょうね。笑)

しかし、ここでみなさん。
空を飛ぶ夢、見たことないですか?
自分はしょっちゅう見るんです。
それって、人間は空を飛べるって事ですよね?
なんとも夢のある話だと思いません?
長年の人類の夢である、空を飛ぶこと。
それが夢の中では夢じゃない・・・
いつの日か、僕も、あなたも空を飛べるのです。

「夢」と「夢」がうまく繋がって話もまとまったところで、
今日はこのくらいにしておきます。

では、また。
posted by 成田翔一 at 16:19| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっと、
笑っちゃったッス!
Posted by koyomi at 2008年02月18日 04:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。