2008年02月15日

take the first step

こんにちは。
アメリカ大統領選がとても面白い今日この頃。
女性初の大統領、もしくは史上初の黒人大統領。実質この民主党の両者に絞られてきているようですね。共和党は現大統領の政策失敗のニュースなどを見る限りもう難しいのかな?深く語るほどの造詣はあいにく持ち合わせていないのでもっと勉強しなければいけませんが、この両者、どちらが選ばれたとしても人類にとって大きな一歩なのではないでしょうか。前進かどうかはわかりませんが少なくとも後退ではないのかなと。男女・人種といった壁を一つ越えるわけですから。
経済・政治と世界に大きな影響力を持った国なので、これからの動き、目が離せないですね。まあ、その前に我が国のことをもっと勉強して投票に行くことから始めなくては・・・

さて、話は変わって。最近ひどく心に残った言葉があります。ノーベル平和賞受賞者、キング牧師の言葉なのですが、
「第一歩を信じよ。階段全てを見る必要はない。とにかく最初の一歩を踏み出せ」
というものです。
力強く、シンプルで尚且つ人間の弱さのようなものをも内包する素晴らしい言葉だと思います。
なにかを行動にうつすというのは難しいことですよね。口で何かを宣言することは簡単です。行動に伴う「痛み」をまだ知らないから。
歴史的な偉人・なにかを成し遂げ得る人というのは考える前に体が動いてしまうか、ある種の嗅覚のようなもので考えずとも前に進めるのでしょうか。
そうでない、自分のような凡人はきっと「リスクや痛み」を想像して、計算して、思いとどまってしまうのでしょうね。経験上。だからそれまでの「経験」を超えられないと。「慎重」と「臆病」を履き違えているとでもいいますか。

何かを成し遂げるために・・・。
日々それは自分のテーマなワケですが、こんな自分にも、「踏み出せる一歩」があるのではと前を見てみることにします。階段の一段だけでも。そしてそれまでの「経験」を一歩ずつ超えていきたいと思います。これはアレですね、前に言った「エコ」とか、「地元のために・・・」とかにも言えていますよね。まず第一歩。

さあ、意思表明してしまいました 笑
ここで言うだけなら猿にだってできるのです。(できねえか?笑)
有言実行、ケツに火をつけて進むぜ。

では、また。

「やり始めないと、やる気はでません。」
〜海馬〜池谷裕二
posted by 成田翔一 at 16:02| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「海馬」、この本は自分を変えた本の一冊と言えます。読んだ時は世界が変わって見えました。すごく面白かった。
 その他にも脳の性質について語られていて
「脳は疲れない」というサブタイトル、に希望の光を見ていました。
「まずやり始める事」で脳は動き始めるということ、日常のささいなこともそんな風にしていたのに、最近はまたそのことを忘れていました…。(反省)
 言葉にしていくことって大事ですよね。言葉にすることで、これは違うかもなあ、とか、そうだった、とか思いますよね。
 いつも楽しみに見てます〜。
 
Posted by koyomi at 2008年02月16日 05:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。