2013年07月22日

選挙へ。

投票に行く。
一番良くないのは無関心。「自分の一票なんかで何も変わらない」という諦め。

結果は想像通りというか、まだまだ無関心の人の多さを物語ったものになったと思う。
その反面、震災後に明らかに変わった側面もある。危機感を持って、自分の未来を勝ち取ろうという人が実際に増えているのもまた事実。
国民を恐れて国が気を遣うくらい、本来国民一人一人には力があるのにね。

仕事においても、例えば音楽においても、私生活においても。
危機感がなくなった時に、人は、音楽は、国は、成長をやめてしまうものなのかな、と感じた。

何事においても、危機感と厳しさを持って生きていたいと、感じた雨の7月某日。





posted by 成田翔一 at 16:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。