2011年11月07日

still on the way

年齢が同じで、昔から一緒だった奴らにも色んな生き方ってのがあるんだなぁみたいなことを昨日語ったけど、その記事をアップするやいなや、ちょうどそんな言葉がピッタリ当てはまる友達が遊びに来てくれた。
creepsの二代目ドラマー。同い年で、高校の時には一緒にバンドをやってた。(Blankey Jet Cityのコピーバンド。)
奴は今、家業を継いで取締役として頑張ってる。同じ歳なのに億の金を動かして、日々管理職の仕事に精を出す毎日。

人生ってなんだか本当に不思議だなぁって思う。
12年前の夏の暑い日、友達の家のトタン屋根の上でギター弾きながら、
「この暑さだったらトタンで目玉焼き作れるよな〜」
とか馬鹿な事考えて卵を屋根で焼こうとしたり、バイクで2人乗りして120kmで爆走したり。
そんな2人も今となっては全く別の人生を、歩んでる。時の流れに感慨深くならずにはいられないよ。

そいつが最近読んだ本にはこう書かれてあったんだって。
「30代は、何か新しいことにチャレンジできる最後の10年。」
新しい事を始めるのに年齢なんて関係ないと思うけど、この10年がそれほど大切ってことだよな。なんだか背筋がのびるぜ。

気が付けば3時間くらい夢中で語ってた。
ありがとう、近々酒飲めたらいいよな。

そして夜は、お決まりのトレーニング後、KyleとToriのアパートでバンドのミーティング。with drinking beer.
アルバム制作の事や、明日のライブの事や、これからの事や、新しい曲の事。
今回初めて、俺が曲を持っていった。このバンドで初めて。きっと素敵な曲になると思うから、楽しみにしててください。
そして明日はこないだ告知した通り、マグネットでライブ。
メンバー全員気合い入ってるから、是非遊びに来てね。

曲のアイディアを書き出してKyleに伝える。
まだまだ荒削り。
写真.JPG

Kyleがそれに答えて曲のイメージといくつかの言葉を紡ぐ。
まだまだチッポケなアイディア。
けどどんなに優れた曲も、ヒット曲だって、ほんの小さなアイディアや閃きから生まれる、はず。
写真2.JPG

毎日が本当にあっというまに過ぎていく。
人生、楽しくて仕方ない。

2011年11月8日(火)

「マサルと遊ぼう!!」

〜 NUBO “Warmth”TOUR2011-2012 〜

NUBO(横浜)/BUZZ THE BEARS(大阪)/
Re:Turn(八戸)/JOYFULL
/ミサイルマン/Kyle & The College try


OPEN17:30 START18:00

advance¥1,500 door¥2,000

drink charge ¥500


posted by 成田翔一 at 14:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。