2011年09月30日

Waiting for the band

Kyleバンドのリハーサル。
自分史上初めて、キーボーディストをバンドに迎えている。
とても有意義でエキサイティング。
音数が一種類増えたことで、楽器同士の駆け引きやプレーがより複雑になると思いきや逆に、それぞれが不思議とシンプルになる。
面白い。
WurlitzerにHammond Organ、もちろんPianoも。
なんでも使いこなしてしまうキーボーディスト・シンジロウとのセッションは刺激的。

バンドメンバーも今まで以上に、曲のアレンジや演奏についての意識が高まっていると思うし、Kyle君は何やら怪しいエレキギターを購入してきて、練習してる。
それぞれが、どんどんと新しいことにチャレンジして、自分の前にある壁を壊していければいい。

シンジロウのデビューライブはきっと15日のJOYFULL企画かな。
お楽しみにね。早くレコーディングもしたい。近々、まずはデモ録音に入る予定です。

一日も無駄にできないよ!

「Cicada」〜Silverchair〜
297528_10150319712491441_501911440_8297057_1378790230_n.jpg


posted by 成田翔一 at 12:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。