2011年09月27日

こんなに普通で、でもかけがえのない毎日。

いつもより少し入念に掃除をしてみた。
トイレと洗面所の細かい所まで。
思い切り手を汚して、んでもって掃除した箇所が綺麗になって、その後に自分の手を洗ったら、スッと心が軽くなる。

こないだ勧められて読んだサッカー日本代表長谷部選手の本に、こんなことが書かれてあった。
「心が落ち着かない時や調子の悪い時こそ、しっかりと掃除をする。そうすれば自ずと心もキレイになってくる。」
こんな感じのこと。

そうだなぁって共感して実行してみると、なんだか不思議とサッパリした気持ちになるから面白い。

自分が思っているよりもずっと、「手を動かすこと」って大きな意味がありそうだ。

30歳になったとはいえ、理想の、思い描いた自分とはまだまだ程遠い所にいる。
今までの人生で「思いはするけれど行動できなかったこと」ってのを、これからは一つずつ潰していこうと思ってる。
以前から言ってる30歳をキッカケに始めた新しいことも、毎日コツコツと続けてるよ。これは間違いなくいい結果を生みそうだ。

自分の人生を整理整頓して、エキサイティングにして、素晴らしいものにしていくのは、いつでも自分自身以外の何者でもない。

そんな事がずっとここ最近の自分の頭の中には、ある。
目の前の事をしっかりとできない人間に、遠い向こうにある大きな夢を掴むことが出来るだろうか。

もっと、もっと、かけがえのない毎日を、大切に過ごそうと思う。

「雨の後、路は輝く」〜HEATWAVE〜


posted by 成田翔一 at 15:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。