2011年07月15日

団結力

膝を痛めてから控えていたランニングをしてみる。
やっぱりダメだ。
いつものコースの途中で、しかも雨にまで降られて、サッパリしない気持ちのまま歩いて帰ってくる。
アスファルトが悪いんだと決めつけて今朝、早起きしてジムへ。
ルームランナーを走ってもダメ。

そろそろ潮時か。病院は嫌だなあ。

話はかわって。

なでしこジャパンの快進撃に、一枚岩にまとまったチームの強さを見る。

劇的な勝利の裏では、慣れ親しんだスタメンから落ちて控えに甘んじ、プレースタイルがフィットしなくなり孤立した選手もいたらしい。
準決勝の後、歓喜の渦の中、孤立しかけたその選手を強く、優しく抱きしめたベテラン選手がいたと。
「誰一人欠けてはいけない。」
そんなチームの方針に共感、感動。

「アイツはあそこがダメだから。」
短所を見つけてそれをはじくのは簡単。

フランスの諺にこういうのがあるらしい。
「友人の失敗には目をつぶれ、だが悪口には目をつぶるな。」

失敗の後には、愛のある叱責と、少しの時間と、当人同士の自覚があれば、全てはウマクいく。

それが良き仲間、良きチームなんじゃないかな。
ふと、思いました。

きっとそれって、サッカーチームだけじゃないよなあ。

常々思うことだけど、「自分は周りに許されて、生かされてる。」
それを忘れちゃいけないよね。

死んだ奴もいるし、音沙汰のない奴もいるし、元気ない奴もいるし、色んな人間がいれば色々とあるけどね、
俺はね、一度仲間だって思ったらね、いつまでもみんな仲間だぜって、そんな風に思ってる。

「Lua」〜Bright Eyes〜




posted by 成田翔一 at 12:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。