2011年01月30日

日本 1-0 オーストラリア

感動の嵐!

サッカー日本代表、優勝おめでとう!
長年、日本サッカーを応援してきたけれど、今までで一番の感動だったかもしれない。

平均年齢がおそらく一番若いであろうチームで、ロクな準備期間も与えられないまま難しい状態で大会に臨んだ日本代表。
コンディションのバラつき、中東の笛、怪我で戦線を離脱する選手、完全なアウェーゲーム。
その中でしっかりと堪える時は堪え、決める時には決めるべき選手が決め、結果を出した。
これがどれだけ難しい事か。

サッカーは相手のあるスポーツだから、どれだけ練習しても努力しても、全てが思い通りにいくことなんて、まず、ない。
けれど、先制されては追いつき、最後の笛の瞬間まで諦めずにボールを追い続けたことで掴み取った優勝だよね。

監督に就任してから未だ無敗、采配もドンピシャのザック監督。
スタメンで出られなくても腐ることなく戦った選手達、スタッフ。
現地で、テレビの前で、声を枯らしたサポーター。
そして与えられたワンチャンスをしっかりと活かした李忠成をはじめとした数人の控え選手。

これだけ一体感、躍動感のあるチーム、今までなかったよな〜。

これぞプロフェッショナル。
勇気をもらいました。
ありがとう、日本代表、ありがとう、サッカー。

決勝点を決めた李忠成の締めの一言で、さらに落涙。

「みんなの想いを乗せたシュートでした。」

お前、カッコよすぎるぜ!

スポーツも、音楽も、同じだね。
誰かの力になれるもの。
勇気が湧いてきたぜ〜。
俺も、一日、一日を大切にしなきゃって思いました!









posted by 成田翔一 at 12:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。