2011年01月23日

砂漠に雪を降らせる方法。

空いた時間に、ゆっくりと読書をしています。

エッセイとか自伝みたいな、現実的なものも、物によっては好きだけど、
例えば誰か成功者と謳われた人の自伝なんかを読んで、
「あぁ自分もこうすればウマクいくんだ」
なんてことはないわけで、結局のところ色々な外的影響を受けつつも、自分の人生は自分にしか生きられないわけで、
「結局AはBすれば、Cになる!」
とそんな風に言われてもなかなかハイ、そうですか、とは信じられない性格なわけで、
自分としては、ありそうで、ないような、なさそうでありそうな、物語が好きなワケです。

そんでその主人公や、登場人物に自分を重ね、物語の世界に入り込むのがとても得意です。

今は、オフィスビルでバイトする西嶋君に感情移入をしている最中なのです。

そんな西嶋の言葉。

「この国の大半の人間たちはね、馬鹿を見ることを恐れて、何にもしないじゃないですか。馬鹿を見ることを死ぬほど恐れてる、馬鹿ばっかりですよ。」

なかなか強烈だぜ西嶋。

ちなみに読書の時は、歌詞のない音楽を流します。
では、みなさん良い週末を。

「Jade Visions」〜Bill Evans〜


posted by 成田翔一 at 17:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。