2010年09月14日

秋だから

何かを手にする時ってのはだいたい何かを失うもんだし、

誰かが笑う時には必ず誰かは泣いているんだよな〜。

でもそうやってでも、前に進まなきゃいかん時ってのは必ずやってくる。誰にでも。
道は前にしか、続いていない。

こんな俺でも、いつか人の親になる時が来たら、

「失うことを恐れない人生」ってのを胸張って示せるような父親になりたいって思う。

ロクデナシブルースで、タイソンが進路指導の先生に、
「ボクシングでチャンピオンになるまで一生アルバイト続ける気か?」
って問われて、

自信満々に、
「ああ、一生アルバイトでも何でもしてやる。」
って応えるシーンがある。

どう思うかは、受け取る人次第。
カッコ良いかカッコ悪いかも、受け取りかた次第。

俺もこんな人間だからさ、
人の道を外れなければ「何をしてもいい」のが、人生だと思ってる。
自分は自由だと思ったその日から、誰もが自由なんだと、なんの疑いもなく信じてる。

昨日、友達のKyleと夕焼けを眺めながら二人でギターを弾いて歌を歌ってた。
そしたら彼は大声でこういった。

「This is my life! and I really love my life!」

なんだか素敵だな〜って思った。

ないものを嘆かずに、あるものに感謝する精神。
これぞHappy Lifeで、Rock'n'Rollだよな。

とりとめもなく。
なんとなく秋にはいつもこんなことを考える。


「EGO」〜Boom Boom Satelites〜


posted by 成田翔一 at 13:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。