2010年06月04日

こんな時代だから

ラックオブスリープ。
寝不足の夜が続いてる。
心配御無用。
精神を病んでるわけでもなければ、これといった心配事を抱えてるわけでもなく。体調だってさほど悪くない。
1時にようやく眠りについたと思ったら3時にはパッと目が覚める。
頑張って目を閉じてすぐ眠りに戻れるような、生半可な目の覚め方じゃ、ない。

仕方なく本を読む。
今読んでいるのは、いるかホテルの夢を見る主人公が古代エジプトのスイミングスクールに嫉妬する話。
夜の暗闇と静けさも手伝って、物語と現実の境目があやふやになってくる。
夢か、現か。
うつら、うつら。

6時には起き出して新聞を読む。
なんだかなぁ、といった記事の数々が現実に引き戻してくれる。
ボーっとした頭にあっついカフェオレ。

この国のトップの人間は、去り際に国民に対する捨て台詞を吐いて職を辞したらしい。
社会や政治に対する興味ってのがどんどんと冷めていく。
きっとこれが一番よろしくない。
もしや、操作されてるのか?

自分の目に見えない所や手の届かない所。
それが現実だとは思えない。想像力の欠如。
よろしくない。
天下りをした元官僚が、ロクに働かず、年間に2千万円もらってる。
想像できるかい?

想像力の欠如が、ネガティブな事件や事態を生む。悪循環。

こんな時代だからこそ、人の痛みがわかる人間でありたいなと思う。
んで、誰のことも嫌いになりたくないし、憎みたくもない。極力。

楽じゃない毎日だけど、笑って過ごしたいよね、ってことさ。
こんな時代だからこそ。

「Tomorrow Tomorrow」〜Elliott Smith〜


posted by 成田翔一 at 14:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。