2010年01月23日

好きなこと、嫌いなこと。

リハをした。
自分たちにしか鳴らせない音を絶えず模索。
イメージと音の違いを少しずつ埋めていく作業。
もどかしさや行き詰まりもまた醍醐味。
集中して演奏。ライブでのそれとはまた違う。
ライブではただ、感じればいいのだ。考えずに、感じる。
目を閉じて風景が思い描けるような音を出したい。そのためには考える余裕などない。まず、感じること。
二月の東京ライブに向けて。

終わったら夜中。
しかし弟みたいな奴と静かに、飲む。
若さ。実直さ。気持ちよく酔っ払ったよ。ありがとう。
そして飛び入りでやって来た中学時代からの仲間達。一人は右手にカンテラを持っていた。
「今日買ったんだぜ。」
なんだか照れくさいけど、凄く嬉しかった。ミノル、サンキュー。


突然だが酒は、楽しく飲むべきだ。
最近、酒で嫌いになった人間がいる。もう顔を合わせないと決めた。
文句は一つも言っていない。怒ることもできた。殴ることだってできる。しかしそうはしなかった。怒りを通り越し、なんだか可哀想に思えてきたのだ。「受け流した」のだ。
人のことを嫌いだと言うことがどういうことか、わかっているつもりだ。それについては覚悟だってある。
しかしいくら酔っていても言っていいことと悪いことは、ある。
人が大切にしているものを平気で批評するような輩が俺は、大嫌いだ。
まったく笑えない。
酒は楽しく、飲むべきだ。
嫌いな人間をどうこう言ったりする暇があったら愛する人達をより、愛そうと思う。
と、同時に、人にそういう思いをさせないように、気を引き締めて酒を飲もうと思う。
気を引き締めて飲む、ってのも変な話か。
まあなんにせよ、酒は楽しく。

「I'm Ready」〜Muddy Waters〜




posted by 成田翔一 at 13:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。