2009年10月30日

リリースに向けて。

というわけで、CDの発売に向けて、着々と作業が進められています。

こんな時代にこんな小さな街で音楽をやっていくっていうのはなかなか大変なこと。
けど逆に、こういう時代だからこそ、音楽とか、文学とか、芸術と呼ばれるものが、力を発揮できるんだとも信じています。
物質だけが豊かになって、逆に貧しくなりがちな人々の心の栄養分として。
なんにせよ自分達の楽曲で、誰かが少しでもハッピーになってくれたなら、それ以上の喜びはありません。

それともう一つ。
単純に自分の生まれた大好きな街から、活動の軌跡として一つの作品を残せるというのはとても感慨深いものがあるんです。
俺みたいなチンケなダメ男でも、できることがある。
それをようやく形として証明できる。
唯一自分を褒めてやろうかなと思うのは、
「あきらめずに継続してきたこと」。
バンド始めてもう7年になるかな。
前身バンドから色々と経験をして今、改めて最高のメンバーに感謝したい。

決して大きくない一歩かもしれないですが、まずは。
小さな夢の一つが叶います。
自分のバンドでちゃんと、作品を残せました。
編集作業でもう聴くのが苦痛なくらいなんですが、とても素晴らしい作品に仕上がったと思います。

ここからまた新しい始まり。

今年の最後、12/23発売予定です。
初回の特典など、随時、アナウンスします。




posted by 成田翔一 at 13:26| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
洋一さんの告別式から戻り、これから次男坊と彼女と川崎で食事。湾岸線のジャンクションを一つ間違い遠回り。横浜は暑い!明日は三男坊と花巻で食事かな…
T君は本日退院!代わりに顔を出してくれ。
Posted by 生麦生米生卵 at 2009年10月31日 12:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。