2009年10月22日

考える。

考える。

not politeとno respectの違いについて。

老若男女分け隔てなく、敬意をはらえる人間でありたい。

言葉は時に誰かを救いまた、想像以上に誰かをキズつける。


「言葉で語られることは所詮、言葉で語れる範囲のこと。
 目に見えるものは所詮、目を閉じれば見えなくなるほどのもの。」

みなさんの大切なものを、見失わないように。



posted by 成田翔一 at 17:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。