2009年03月27日

finding

君たちだってガンになることがある。
ガンになって、
治療法がなくて、
あと半年の命だよと言われることがある。
そうしたら、
あそこで咲いている桜が違って見えるだろう。
では桜が変わったのか。
そうではない。
それは自分が変わったということに過ぎない。
「知る」というのはそういうことなのだ。
                                養老孟司 「バカの壁」




悲しいカッコよさなんてみんな持っているよ。
それより楽しいカッコよさのほうが難しいじゃない。
糸井重里
 





posted by 成田翔一 at 12:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。