2008年10月26日

Life goes on and music still goes on

音楽はいつだってダメダメな俺に力と勇気をくれる。
愛だろ、愛。

life goes on / 日々は続く 

鳥たちが夕暮れの空に 不気味でシュールな絵を描いている
駅前のネオンサイン 決して交わることのない 無数の電波が飛び交っている
腐って朽ち果てていくのは いつだって食い物だけじゃないらしい
暮れてゆく空に 紫の月に 兄弟 あんたを想うのさ life goes on 

あんたは月とルナティックに踊り 俺は太陽の闇に踊らされて
「人生はカーニバルだ」って 互いに無茶な道を歩いてきた
けれどいつも同じトラブルばかり 性懲りもなく 繰り返すのは どうしてなんだって?
そこには多分 深い意味と 暗い闇と 血の轍とがあるのさ life goes on

メインストリートに吐いたゲロの中から 二人で宝石を拾ったっけ 
ピンチの時に 輝くんだよ どうしようもないときに 響いてくるんだよ 
生き残るためにグロテスクな人種になるしかないのだとしたら 
応えはノーだと 「人生はカーニバルだ」と もう一度云ってくれ life goes on 

あんたに願いを届けるために ツバメが飛び立っていったぜ
赤い喉で 背中は白い荒野で その翼にありったけの怒りを込めて 
でもあの空の裂け目から すべてが壊れはじめてる
急ぐんだ ブラザー 踊り続けようぜ 道を切り拓こうぜ life goes on

手に負えない怒り
流した後悔の涙
この血に脈々と流れる
暴力と嘆きの刃

すべて許してしまえ
すべて受け入れてしまえ
この世はいつだってジャングルなのさ
ミザリーとミステリー 

you choose to live.
you choose to give
you choose to believe.
you choose to survive

あんたは水で出来ている あんたは祈りで満ちている そしていつだって渇いている
あんたは怒りで出来ている だからそこはかとない優しさがある
あんたには消えない喜びと哀しみがある まだ熱く燃えるものがある
お互い 流れ続けようぜ 死ぬまで生き延びようぜ 道を切り拓こうぜ 踊り続けようぜ life goes on


posted by 成田翔一 at 12:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。