2008年09月16日

shooting duck

さて昨日書いたように今週末からツアー。
古明地・近藤、両兄貴との再会を思えば心が躍るぜ。
そして20日はCREEPSとしてのステージ。

そのCREEPS、メンバーのスケジュールの都合なんかで充分にリハが出来なかったんですが、昨夜突然新曲が仕上がってしまいました。
昔から思っていたことの一つですが、名曲は一瞬で生まれる場合が多いッス。所用時間たったの2時間。
理屈っぽくなくてシンプル、且つ味わいもあってすんなりと心に入ってくるような曲だと思うんですよ。
竹内晃のグッドメロディー、健在です。
クォーターのライブでお披露目予定なので、お楽しみに。

前にも言ったように、一つの場所に溜まった良くないエネルギーを一掃してくれるのは、外の風。
ツアーでたくさんの場所を訪れて、たくさんの人と出会って、たくさんの刺激を受けて自分の糧に。
待ってろよ出会うべき新たなる友よ。

そんでもって。
こないだね、竹内晃とうちの目の前の公園で、朝4時まで語り合っていたんですよ。
彼のDiaryにもありましたが、そのときにね、でっかい流れ星を見たんすよ。スゲエでかいの。距離も今まで見たもので一番長かった。
「そんな一瞬で願い事なんでできねえよ!」
とか言って笑ってたらさ、次は空から鴨が落ちてきました。笑
高圧電線に引っかかったみたいです。
鴨は食べればおいしいって聞いていたので、その場でさばいて食べました。
嘘です。

あきらさん、新曲のタイトル
「流れ星と鴨」
でどうスか?笑






posted by 成田翔一 at 14:20| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
流れ星をみているところに
鴨が落ちてきたのですか〜。…笑。
素敵すぎますね!
私は一昨年まで毎年、鴨をいただいておりまして、
そうして
毛をむしって食べてもおりましたが…。
言ってくれれば
鴨の毛くらいならむしったですが〜。笑


Posted by こよ at 2008年09月16日 17:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。