2008年09月13日

tomorrow

ささ、自己嫌悪してる場合じゃあないね。
時間がもったいない。

一昨日の夜は、ご近所居酒屋青山で、久々にみんなそろって飲む。
ネプタの時の出店チームの打ち上げと称して。
なんと、ママの粋なはからいで、時間無制限飲み放題(生ビールあり)・コース料理付き¥1000なり!料理にも一切の手抜きなし!
お腹いっぱい胸いっぱいでございました。
お店からすれば、確実に赤字です。
でもね、この心粋、しかと受け止めました。
「お客さんを大切にすること」。
当たり前だけどなかなか難しいんだよね。
某グループ居酒屋では得られない満足感。
これからも足繁く通わせてもらうよ。ありがとう。

そして昨日。
原因不明の倦怠感。冴えない脳みそ。一日中体もだるく、眠気から抜け出せず。
職場で悶々としていると数人の仲間の来店で少し元気がでる。
営業中にいつも差し入れしてくれるK、ありがとね。俺、ビックル好きになっちゃった。

その夜、気合を入れてもらうためにアーティストHAYAを訪ねる。
夜風に当たりながら飲むビールと、少し真剣で、でも相変わらずくだらない会話。アホでいられる数少ない自分の大切な場所だ。
そしてたまたまそこにやってきた同い年、レゲエアーティストのI君。
東京で2つ仕事を掛け持ちし、合間の時間を縫ってコネクションを作り、弘前にゲストを招いてイベントを催す。
素晴らしい。文章にすればなんてことないけど、これは容易なことでない。
一つの場所に停滞する澱んだエネルギーを一掃し、新たな活気を生むのは、新しい外側の風を吹かせること。
ジャンルは違えど、根底にある魂は、同じなんだ。I、ありがとう、イベント絶対に行くぜ。そして手伝えることがあればなんだってやるよ。

こうやって地元のことを考えて少しでも行動していければ、確実に少しずつ、良くなるはずだ。と確信しているよ。
何をしていいかわからない人だって、とりあえず、
「弘前のために何ができるかな?」って友達同士で口に出すことから始めればいいんだと思う。0よりは1だ。
その気持ちがいずれ弘前を動かす。諦めたら始まるものも始まらない。

そんなこんなで今日は第二土曜日だから、例によって地元で踏ん張っている居酒屋さんにお金を落としに、そして共通の意識をもった人達と暑苦しく将来を語りに、街へ繰り出します。
少しでも前向きな気持ちを持っている人であれば、基本参加自由です。
是非。

そしてレゲエアーティストIのイベント、10/24inスペースデネガです。
現場でしか味わえないエネルギーを楽しみに行きましょう!
wonderful world 6.jpg







posted by 成田翔一 at 13:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。