2008年08月18日

it's wonderful world

古い友人の帰省や夏のライブイベントや祭り。
慌しかった夏の日々もようやく一段落。

再開した読書やトレーニング。
自分に厳しく、いい時のイメージを逃がさないようにする。
身体を鍛え、頭を鍛える。
通常運転モードへの切り替えだ。

激しく身体をイジメ、
静かに、活字や漫画を読む。


浅野いにお。
彼の漫画の世界観に惹かれている。
「ソラニン」に続き、「素晴らしい世界」。
涙腺崩壊、である。
派手さはないのに、じんわりと自分の生活にリンクしてくる。
これだ、この熱だ。
こういう熱を、音楽で表現したい。
道のりはまだまだ長いのである。
素晴らしい世界.jpg

しかし、である。
最近ヤケに涙もろくなっているのは自分だけだろうか?
この歳になって特に、である。
オリンピック選手がメダルに届いた瞬間や、活字、漫画でもそうだ。
気が付けば涙ぐんでいる自分がいることが多い。
昔に比べ、格段に多い。
「感動」か。
でもきっと「感動」した分しか他人を「感動」させられないだろうからね。
身近にある「感動」を見逃さないようにしよう。


〜食べた分のウンコは、いつかは必ず、出るはずである。〜
山田スイッチ




posted by 成田翔一 at 12:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。