2011年12月31日

creeps 2011 世界はそっと美しい

posted by 成田翔一 at 09:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

ありがとう。2011。

仕事納め。
感謝の気持ちを込めて掃除をする。

今年ももう終わりかぁ。
なんだか大変な年だったね。
日本にとっても大変な一年だったし、個人的にも色々な変化がやってきた。

相変わらずたくさんのものを失い続け、これでもかというほど辛い思いもしたけれど結果、振り返ってみると感謝の気持ちしかないわけで。
「全てを失ってもまだ、未来だけはある。」
この言葉に尽きる。

音楽的にも様々な経験をさせてもらったし、成長への大切な何かも今、掴みかけている気がする。来年はcreepsもcollege tryも、出し惜しみすることなく、エンジン全開でいく予定。
ツアー、レコーディング、レコ発、レコ発ツアーと頭の中はアイディアで一杯。
さらにアッという間に感じられる一年にできるよう、全力で取り組みます。

今年一年、自分が頑張ってこれたのは、本当に、心から、みなさんのおかげだと思っています。
いつも支えてくれる家族。
話を聞いてくれる親友たち。
この歳にして交流が深まってきた地元のアホアホな飲み仲間達。
惜しみないサポートをしてくれる近所の居酒屋、そして常連客のみなさん。
応援してくれるファンのみなさん。
大好きなフットサルのチームメイト。
そして親愛なるバンドメンバー。

この中の誰一人として欠けても、自分のワンダフルな毎日は成り立たない。
本当に心から、そう思います。

さ、今日はお隣Eternal Crestメンバー主催の忘年会。今夜もまた、年齢、性別、国境全てを越えた凄まじいパーティーになる予感です。
楽しんできます!

2011年。
本当にありがとう。心からの愛情と友情を込めて。
願わくば、今年の震災で被害に合われた方々や、家族を失い途方に暮れている方々が、ほんの少しでも心温まる年末年始を過ごせますように。

愛犬ブラン。もう15歳か。まだまだ長生きしろよ。
gfc0sjuh8vdr.jpg

色々とあるけど、いつも見守ってくれてありがとう。ずっと一緒だ。
1al9193xb50ws.jpg

弟分カップル。フットサル、音楽、全部で繋がってる。
写真.JPG

大好きな地元仲間。ヨウヘイ、ミノル、トモ兄貴。愛してるよ。
--.JPG

唯一無二の親友。説明不要。
写真.JPG

今年はこのバンドの活動を頑張った。来年はCDをリリースするよ。お楽しみに。
1a9mwcph1bo8s.jpg

creeps。僕の人生の、柱。
128vi9kqfv88s.jpg

posted by 成田翔一 at 14:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

Four Seasons

ボーカル竹内、アサイラム社長、弟と共に青森市へライブを観に行く。
久々の大ホールでのライブにテンションが上がる。

中学生の時かな。
ロックという音楽を覚えてから、日本国内のバンドでは一番最初に好きになったバンドがあった。
今は解散してしまったけど、いまだソロで活動を続けるボーカリストと、そのバンド。

バンド時代の曲を5曲。
やっぱ昔の曲の方がいいな〜なんて思いながらも大いに楽しむ。
やっぱり生のライブはいい。
早くステージに立ちたいなと、ともかく、早く自分も大ホールのステージにでもなんでも立って、キッズに夢を与えられるような存在になりたい。と、男30歳にして強く思うのです。
笑ってくれ。

腰痛が酷くて困ってます。
posted by 成田翔一 at 13:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

シンシント

フットサルチームの忘年会。
所用のため監督とコーチ不在。平均年齢がグッと下がる。
と、昨日の面子では自分が最年長なことに気付く。
まだまだ若いもんには負けへんで。

当たり前のように4軒ハシゴ。
帰ったらのは4時近く。

写真.JPG
写真はチームの若手と。
左からスピードスターの翔ちゃん。ブルースマン八木橋のマサとコイツは、犬より早い。
自分の両隣は極悪ツインズ、目黒ブラザーズ。年齢に似合わない堅実なプレーでチームを支えてる。
その右、チーム一のムードメーカー、伊勢谷俊。(←これはカッコイイからという理由で騙っている偽名。本名、千葉宏幸)キャラもプレーもハートがこもってる。
一番右は天才レフティー、ユウヤ。こいつのシュートは本当に見えないくらい速い。
(ちなみに自分のプレーを自己分析すると、足が遅い。ボディバランスが悪い。ハイリスクなパスを選択しすぎる。そのわり守備もウマイわけでもない。?いい所がないぞ?)

年齢はみんな8つとか違う。本当にコイツラみんなカワイイ。

なんにせよ楽しい夜。

それにしてもよく降る雪。
自転車の飲酒運転やピストバイクの整備不良を取り締まる前に、雪道のバイクや自転車を取り締まったらいいのにと思う。
郵便局のアンちゃんが足を地面につきながらバイクを運転しているのを見るとヒヤヒヤしてしまう。
みなさんも雪道での事故にはお気をつけて。

職場の並びにあるケーキ屋が忙しそう。
そうか、今日はクリスマスイブ。

Wilcoの新譜を聴く。
「Bone Alone」〜Wilco〜
posted by 成田翔一 at 12:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

Bye Bye Preston

Prestonのお別れ会。

「ウイスキーを飲み、肉を焼く。」by Prestonの日本語語録

アメリカ式の焼き肉はとても脂っこい。バターや肉汁などをふんだんに用いる。
よく焼けた肉はウイスキーのソーダ割りにマッチ。
この日も3人でボトルは3本、空。所用時間たったの4時間。

さすがに翌日は休肝日にしました。(驚くべき事に1年と1ヶ月ぶり)
これはまずい。

身体を動かす事と酒を飲む事に関しての記事しかないような気がするけど、今夜はCollege Tryのリハ。クリエイティブな時間にできたら。ミッチリとやってきます。

408418_10150416205376524_507266523_8175792_1318778328_n.jpg
posted by 成田翔一 at 14:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

To Color

最近入手したNike社とapple社コラボのトレーニングツール。

389489_154843171289858_100002925295910_237676_1113660623_n.jpg

写真ケース右側のチップをランニングシューズの底敷きの下にはめ込み、左側の端子を右手にあるipodnanoに接続して走る。

身長、体重、年齢を登録し、トレーニング開始ボタンをタップすると、走った距離、時間、消費カロリー、ペースを詳細に教えてくれる。
もちろんipodのそもそもの目的は音楽を楽しむため。
好きな曲を流しながら走り、走行距離がキロ単位で音声ガイダンスにより、アナウンスされる。画面を見る事なく、走った距離、残りの距離がわかるのだ。

目標設定も、時間、距離、カロリーなどが選択可能。
もちろん以前紹介したスポーツイヤホンは相変わらず着用感を感じさせず、ストレスフリー。

今日初めて使ったんだけど、これは楽しい。
毎日のトレーニングが、俄然楽しみになる。

こんな工夫も、毎日を彩ってくれる要素の一つ。

朝一で思いっきり汗を流し、日中は仕事。
そして今夜は旅人・プレストンとのお別れパーティ。(一緒にウイスキーを飲むだけ)
スタッフのキョウヘイも合わせて、3人で3本のボトルが準備される。
きっと一瞬なんだろうな〜。。

なかなか充実してる。

某知人による名言にこんなのがある。
「日常生活の面白くない奴の音楽なんて、面白いわけがない。」

That's right。
同感です。

毎日を、楽しく、充実させて、一生懸命に生きたいと思う。

posted by 成田翔一 at 15:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

芸術

サッカークラブワールドカップ決勝、サントスvsバルセロナの試合を観戦。

バルセロナのサッカーはもう完成された芸術の域。
サントスも弱くはないチームのはずが、あまりのバルセロナの強さに翻弄されていたという印象。

なんであんなに美しくて、なおかつ強いのかというと、それはきっとメンバー全員の意識と、トレーニングの質と、戦う気持ち、そして試合においては一切さぼらないという勤勉さだと思う。

なにもそれはサッカーに限った話ではないってのは、昨日の試合を見た多くの人が感じた事だと思う。

例えば一つのバンドで音楽を創っていくこと、例えば一つのイベントに向けてメンバーで雰囲気を盛り上げて、しっかりと同じベクトルを保つこと。

もう一度しっかりと考えてみようと思った。

「Whisper Not」〜Keith Jarrett〜
posted by 成田翔一 at 13:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

時代

昨日は竹内抜きのcreeps忘年会。

のはずがドラマーコダシマンがまさかのインフルエンザのため、中止。
やはり主役抜きでやるべきじゃないってことだね。
よって本日のリハもキャンセル。
ボールを蹴ろう。

この国の「アホな」首相は原発事故の「収束」を宣言。
あきれてため息も出ない。
まだまだ苦しんでいる人がたくさんいて、根本的な問題がなにも解決されていないのは、こんな自分でも理解できるくらい、火を見るより明らか。

あんな人達に任せてちゃ、日本もいよいよマズイな。
トップの人間が、国民を無視。本当にひどい時代だなぁと思う。
毎月税金を払う時に無性にイライラするのはどうやら、役所の職員の態度だけではないみたいだ。

自分の仕事に誇りを持って取り組み、真剣に、真っ直ぐに生きようと思う。
それが唯一誰にでも出来る事だよな。

「君は僕のなにを好きになったんだろう」〜斎藤和義〜
posted by 成田翔一 at 12:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

ソロライブ

本日はcreepsメンバーに数人のスタッフや友人を交えての忘年会。
のはずが、ボーカル竹内がまさかのライブ。
青森市でソロのライブです。

「デイトリッパー1」

2011.12.17(sat) 青森_古川食堂

open18:00
入場無料(投げ銭制)
出演:ゆーきゃん(京都) / 鳴海徹朗(黒石) / 竹内晃(creeps)


彼が下戸なのに、僕がいつも飲み過ぎ、会計的に負担をかけている事に対しての、無言の抵抗でしょうか・・・笑
もうしません、許してください。

青森にお住まいの皆さん、竹内の新曲を聴きに是非、会場へ。

「Trubbel」〜Jan Lundgren〜
posted by 成田翔一 at 11:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

BNK

雪が綺麗。

北国に住む人ならわかると思うけど、綺麗なだけでなくとても寒いし、雪掻きだって大変だし、運転は危ないし、デメリットの方が多いような気もするけど、それでもやっぱり雪が好きだな。

成田は本日から忘年会シーズンに突入。
どちらかというと日頃からアチコチに顔を出す人間なので瞬く間に予定はミッチリ、ほぼ年末まで空き、無し。
もちろんバンドとフットサルの日はそっち優先。
そして飲んでもしっかりと早朝トレーニングは怠りません。

今年も色んな事があったけど、変わらずみんなで笑って酒を飲める事が心から嬉しい。

らしくないクリスマスソングなんかを聴きながら、今夜から過ごす仲間との時間を、大切なその一瞬一瞬をしっかりと心に刻もう、なんて考えてみる。

乾杯!
posted by 成田翔一 at 13:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

How Time Flies.

ついこの間、12月の始まりをここで告げたばかりだけど、もうそれも半分が過ぎる。
みなさん毎日を有意義にお過ごしでしょうか。

自分へのクリスマスプレゼントで、欲しかったCDを三枚、まとめ買い。
冬の夜を乗り越えるのにどうしても必要な、暖かい音楽。

早朝トレーニングが習慣化してくると、自ずと前日の飲酒量が減るというメリットがある。
昨夜はなんと缶ビール1本。これを奇跡と言わずして何と言おう。
そして就寝前の読書もはかどるというオマケ付。

キーボーディストのシンジロウからジャズピアノのオススメCDを大量に借りて、聴きあさっている。50年代のクラシックなジャズから上原ひろみまで。
いい音楽というものはジャンルの壁を軽々と飛び越えて、その人の身体を自然に動かし、心にそっとタッチしてくるものだ。
少しでもそういう作品が創れるように、日々、精進、勉強。
そしてミュージシャンとしての成長は楽器の練習をすることではなくて、人間としての成長。想像力や優しさや厳しさ、時に笑いや涙、忘れちゃいけない愛。

この国、こんな時代。もう愛のあるものしか生き残っていけないよな。


posted by 成田翔一 at 14:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

The night

火曜日の夜。
それは次の朝を気にせず飲める素敵な夜。

今日は1000本のボトルを空にするぜ。

posted by 成田翔一 at 17:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

I've been waiting.

思えば若かりし頃、オフェンスしか知らなかった、本当に。

「待つこと」は立派な行動である。
心のどこかに留めておいてあった言葉ではあるけれど、ようやく解りかけている。

時に「何もしない事」、これも立派なアクションなんだな。

成田翔一は齢30にしてようやくディフェンスを覚えた。

どんなスポーツを考えても、守備を疎かにして勝てるそれはないよな。

深みと、そしてまろやかさ、そして時にはガツンと。
そんなおいしいウイスキーみたいな男になりたいです。


posted by 成田翔一 at 12:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

special dinner

新しく友達になったPrestonにディナーを作ってもらう。
アフガニスタンでパイロットをしてる彼。
6ヶ月休みなしで働き、3ヶ月のバケーションで世界中を旅するという生活を繰り返しているとのこと。
ついつい記者にでもなった気分で色々と質問を投げる。
本当に色んな人生や人格や生活や価値観がある。そして彼も30歳。
すっかり盛り上がってジャパニーズウイスキーを1本、2人で空にしてしまった・・・

人との出会いは自分の大きなモチベーションの一つ。

写真.JPG

388671_10150396375326524_507266523_8104695_441606400_n.jpg
posted by 成田翔一 at 11:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

improvement

College Tryでリハ。
某メンバーが遅刻寸前だったうえ、自分の楽器のメンテもロクにできなかったため、メンテして練習に入れたのは予定時刻の30分後。
喝を入れる。
俺はお遊びでバンドをやってるわけじゃないので、やる気が感じられなかったり、なぁなぁになってたりしたら溜めないで言うようにしている。そんな状態でいい楽曲ができるわけもないし、いいライブなどできるわけがない。ましてやお客さんは大事な時間とお金を使って会場に足を運んでくれているのだ。
やる気がないなら、ダラダラ続けないで、辞めてしまえばいい。

少しキツ目に言ったけど、本人にも伝わっていることを願いつつ、気を取り直して楽曲のリアレンジ。
昨夜はここでも意見がぶつかり合い、空気は重い。
ただ、これは決して悪いことではない。たまたま昨日、ウマクいかなかっただけで、様々なアイディアを持ってきてくれて、ぶつかり合いも恐れずに意見してくれるメンバーを誇りに思う。皆、楽曲を良くするために、バンドとして前に進むためにもがいているのだとしたら、それは歓迎されるべきこと。
考えてみると、新曲を作る事よりも、今までの楽曲をリ・アレンジしてクオリティを上げることの方が難しいかも知れない。
メンバーみんなの事を信じて、来週もしっかりと取り組もう。

久々にバンドマンらしい内容だった。

イベントに向けて、気合い入れていきます。
1/28、どうぞよろしくお願いします。







posted by 成田翔一 at 12:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

Doncha bother me

早朝ジム第一週。

順調に通っております。
毎度毎度言っておりますが、走っている時間というのは、自分の内面と向き合う時間でもあります。約一時間のランニングで、何か一つの事を熟考することもあれば、音楽に集中してバンドの事や自分達の楽曲や活動の事を考えていたり。

今日は「人生における挫折や喪失」について考えていました。
失わない人生なんてどこにもないわけですが、失ったモノやヒト、コトからしっかりと自分が独立できていて、依存関係になければ、喪失感を拭い去り、また新しい自分を始められるのではないか、と。もちろん、悲しくない別れなんてどこにもありませんが。
相も変わらず失い続ける人生ですが、自分の向かうべき場所や歩いている道を見失うことがなければ、きっとそれは変わらずに実りの多いものであるはず。愛で溢れたものであるはず。

そんなことを考えながらひたすら走っているとipodから高畠俊太郎氏のC-C-Cが流れてきてなんだか泣けてしまったり。
とても有意義な、自分にとっての大切な時間であります。

こないだお知らせしたスポーツイヤホン、まだ一度しか着用していませんが、間違いないと思います。着用感、ストレスがまったくありません。音質も許容範囲。
スポーツやランニングしながら音楽を聴く人、おすすめです。詳細を知りたい方はメールにてご連絡くださいませ。

本日はKyle and The College Tryのリハーサル。
イベントに向け、新曲作りやリアレンジに着手です。
小さな一歩だとしても、前進あるのみ。

それにしても。
行きつけのジム。職員さんの勤務態度はどうにかならんでしょうか。
人目もはばからずに寝てますからね。返事もロクにできないですし。
朝10時ですよ。社会人ですよ。あなたがたのお給料は市民の血税ですよ。スポーツマンが集まる場所ですよ。
次、目に入ったら一言、お説教させて頂きます。


posted by 成田翔一 at 16:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

ジムへ。

夜のトレーニングを終了し、朝のジム通いに切り替える。
冬は雪のため外を走ることができなくなるためだ。

頑張って早起きして(意外に慣れます)頑張って走って、朝飯をガッツリ食って、家を出る。
なんだかこれだけで一日に向かうモチベーションが違う。次の日の朝の事を考えて深酒しなくなるのも早朝トレーニングの利点。

楽をしたい、たくさん食べたい、あれをしたい、これはしたくない。
いつでも一番の敵は自分自身。

街に溢れる様々な音や、虫や鳥などの生き物の声。
それを聞くことができるロードトレーニングと違い、景色の変わらない屋内を走るのは結構精神的にキツイものがある。
という事で本格的な防水のスポーツイヤホンと、ipod用の防水ケースを購入。
自分のモチベーションを保つための買い物。これほど有意義な金の使い方はない。

走りながら音楽を聴く人、わかるかな。
あの、汗でイヤホンと耳の穴の間になんだか気持ち悪い空間ができて、音がウマク聴こえなくなるあの感じ。
今回買ったイヤホン、結構値段はするけど、それがなくなってくれればいいな。使ったらまたレビューするから、お楽しみに。

と、そんな風に自分の生活を楽しくする工夫をする。
そういう事も30歳になってからは、意識するようにしている。

チャンチャン。
posted by 成田翔一 at 13:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

answer

今までもそうだったわけだけど、最近は特に、酒を飲む。
これでもかと言わんばかりに飲む。
ウイスキーのボトルが1.5日に1本のペース。
さすがに危機感を覚え竹内晃氏に相談。
彼曰く、「酒はバランスをとるのに必要だから、いいんだよ」とのこと。
確かに、一日の終わりに酒を飲むことで、なにかしら自分のバランスを保っている感覚は、ある。

ちなみに、竹内氏は、下戸です。笑

それにしても時の流れの速さに愕然とする。
毎日を必死に生きていることがそうさせていると信じたい。

さすがにこの時期。忘年会など予定がドンドンと埋まっていく。
しっかりと体を鍛え、体調管理も忘れないようにしよう。
体についた贅肉は、実は心についている贅肉なのであります。

12月の、雨の、日曜日。
なんだかとても心はフワフワと暖かいのであります。

今日もしっかりと、走るぞ。
posted by 成田翔一 at 13:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

Thanks Giving

アメリカやカナダでは感謝祭ってイベントが、日本における盆・正月と同じくらいの一大行事のようだ。
親族や友達同士で集まっては七面鳥を焼き、日頃の感謝の気持ちを伝えあい、パーティを楽しむとのこと。

アメリカに帰省中だったKyleの奥さんToriから、感謝のメッセージが届いた。
どうしても日本語で伝えたかったということで、友達と協力して文章を作ってくれたようだ。
ところどころの拙さが逆に、三十路のオッサンの涙腺を刺激する。
過大評価なのは重々承知ですが、彼女の優しさということでお許しください。苦笑

日頃の感謝を言葉に出して伝えるって本当に照れくさいもんだけど、素晴らしいことだと思った。

友達って本当にいいもんだな。

しょうちゃん、
アメリカでは、もうすぐサンクスギビングです。毎年この時に人生を振り返って、自分にとって大切なものや人へ感謝するのが伝統です。私とカイルの人生にあなたが来てくれたことを、今日神様に感謝していることをあなたに知ってもらいたいです。
あなたがいなかったら、カイルと私はこんなに長い間日本にいなかったと思います。あなたのおかげで、日本人のいいとこがよく見えました。あなたは、優しくて、面白くて、おおらかで、賢くて、いつも手伝ってくれて、その上あなたの周りにいるだけで、いつも楽しくなります。しょうさんのように人生を楽しみ、友達を大切にすることを私もカイルも生活に反映したいと思っています。
いつも私達に英語で話してくれて、ありがとう。おかげ様で、アメリカ人のままでいても良く、2つの文化がぶつかっても忍耐強く、一緒にいてくれたことを感謝しています。素晴らしい友達たちを紹介してくれて、ありがとう。積極的に日本人の代表として、日本での最初の週からカイルに話しかけてくれてありがとう。私のためにサッカーチームを見つけてくれて、ありがとう。カイルの音楽の才能を最大限に引き上げてくれて感謝しています。
一番大切なことですが、友達になってくれてありがとう。私達の家族でいてくれてありがとう。
トーリより
posted by 成田翔一 at 11:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

憧れの

college tryのHPに、イベントの詳細をUP。

http://kyleandthecollegetry.wordpress.com/2011/12/02/white-hot-rock/

昨夜は成田家でバンドのミーティング。
イベントに向けてのモチベーションを上げる。

東京に住む後輩からメールが来る。
来日中のエリック・クラプトンのライブに向かっているらしい。
なんと今回のベーシストはウィリー・ウィークス。
クソッ、心底羨ましい。
堪能してきやがれ。
健太君、たまにはそういう自慢メール以外の連絡よこしなさい。


posted by 成田翔一 at 15:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする