2011年05月30日

世界はそこそこ美しい。

今日もしっかりと10km走ってきた。

走っている時間は、自分と向き合う時間。今の自分には欠かせない時間。

自分の今、立っている場所。思っていること。
浮かんでは消え、また浮かんでは消え。
展望と、反省。
妄想と、後悔。

今日、ふと思い出したのは、大好きだったジイちゃんが死んだ時。
通夜の席でのこと。

参列してくれたボーカル、竹内晃。
涙ちょちょきれの俺に向かって一言。
「『翔一のおジイちゃん、自分は成田翔一というミュージシャンを、必ず世界に連れて行きます。』そう宣言しておいたからさ。」
落涙。
creepsでベースを弾けて良かったな〜。なんて考えてた。


月日は流れて3年後。
つまり先週。
俺が行ったジイちゃんの墓参りにはなぜか竹内も一緒。
一緒に線香をあげて、飲み物を供えて、竹内が一言。
「翔一のおジイちゃん、翔一を世界に連れて行けなくてごめんなさい。」


・・・


もう諦めたんですか?笑


最高のメンバーとバンドができて、それだけで、実りのある毎日。人生。

感謝、感謝。

印象としては、世界はそこそこ美しい。


今年はcreeps15周年。

印象としては、執念の15周年。

最高の作品を、創るよ。

酔った。
みんな、お休み。

posted by 成田翔一 at 23:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

進化

色々な人との出会いや影響があって近頃、楽器、もちろんベースだったり、周辺機材だったり、弦だったりに色々と興味を持って調べたり、あさったり。
今日も東京の某プロのお方からサンプルの弦が送られてきて、これから張り替え。
トモさん、ありがとうございます。色々と気にかけて頂いて、感謝しています。
ワクワク。
なんだかキッズに戻ったみたいだ。
いい音出さなきゃいけないもんね。
今まで無頓着だったとこも、これからもうチョイ突き詰めてみよう。
creepsのメンバーにエフェクターを作って提供してくれている岩崎さんにも、本当にお世話になっています。
ありがとうございます。

ベース。
一見地味だけど、とても重要なパート。
歌にそっと寄り添うような、優しいベースが弾きたいと常々考えてる。
たとえばWillie Weeks。
世界で一番好きなベーシスト。

Donny HathawayとかDoobie Brothersが有名だけど、個人的にはStevie Wonderの
「He's Misstra Know-it-all」でのプレイがベストだ。
曲もいいしな〜。
こんな優しいベースを弾きたいと常々思う。
ベーシストのみなさん、是非聴いてみてください。

そういえば。
全く関係が無いんだけど、ガンジーの自伝映画を観ていると素敵な言葉がたくさん出てくるので、書きとめていた。

深い意味はないけれど。
なんとなくスティービーの歌ともリンクするかも。

〜私は失望するといつも思う。
  歴史を見れば 真実と愛は常に勝利を収めた。  
   暴君や残念な為政者もいた。   
    
 一時彼らは無敵にさえ見える
  だが結局は滅びている  
   それを思う。〜


「He's Misstra Know-it-all」〜Stevie Wonder〜
posted by 成田翔一 at 11:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

紫の空

天国の仲間の誕生日を、みんなで祝った。

みんな、相変わらずだぜ。

大好きな奴らと飲む酒はウマイ。そして時間はどうしてあんなに早く過ぎてしまうんだろ。
時間の重みってのはいつでも同じではないような気がするね。

次々と変わっていく中で、変わらないもの、代えられないものってのを大事にしたいと思った夜でした。

28歳、おめでとう。これからもみんな一緒だぜ。

1al9193xb50ws.jpg
posted by 成田翔一 at 11:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

Memories

なんとなく目が冴えて眠る気分じゃない今夜。
日付は変わったし、ブログをアップしてみようかな。
これまたなんとなく、PCにむかう。

今日はね、久々に何の予定もない夜だった。
帰ってゆっくり本でも読もうかと思ってたけどさ、Kyleが誘ってくれたから彼らの家に遊びに行ってたよ。
家に行ったら、夫婦揃って寝てたけどな(笑)誘ったの、お前らじゃん。(笑)
同じくアメリカ人のMikeも来たよ。

ネイティブアメリカン3人の中にポツンと1人、日本人。
コミュニケーションに若干骨は折れるけど、それも小1時間で慣れるもんだ。
自分の拙い英語力でも、なんとかなるんだな。
大事なのは、心意気。それだけ。
水タバコやって、ワイン飲んで、Kyleとギターでセッションして、あっという間に時間は過ぎた。

深夜0時を回った頃にKyleがどうしようもなくマクドナルドを食べたいとのたまう。
みんなでチャリンコでマクドナルドへ。
夜中に、ガラガラの店内で、ワイワイと。

日常のような非日常。
こんな日の記憶ってのはきっと、遠い未来に心をギュッと締め付けるんだろな〜。

噂の水タバコ。おいしいのよ。
42dakmglnx72.jpg

じゃれるラブラブ夫婦。
1bbyw9rn2z718.jpg

本当の意味でのダブルチーズバーガー。
115f49a7sw053.jpg

そういやこないだの休みにふと思い立ってジイチャンの墓参りをした。
キツイこと、色々とあるけど、俺はいつだってポジティブだし、自分や、自分を取り巻く人達を信じてる。
こんな晴れた空の下、岩木山を眺めてたら人生、捨てたもんじゃないと思ったよ、ジイチャン。
bi8cp1yhagyq.jpg
posted by 成田翔一 at 01:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

世界はそっと美しい

5月26日。

誰にも何も告げずに天国へ行ってしまった仲間の、28回目の誕生日。

プレゼントを持って線香をあげに行く。

明日はみんなで集まって、お前を囲んでめいっぱい酒飲むよ。

こっちもさ、色々とあるけどみんな元気でやってるよ。
地震があったり原発の問題があったりで日本は今、大変だけど、きっと乗り越えて、まだまだ続いてく。

お前がいないこっちも、生きるに値する美しい世界だと信じて、みんなで歩いていくっす。

見守っててな〜。
よろしく。

〜結末を知ったって 後戻りはできなくて
  あの場所まで歩いたら きっと新しい景色
   何もないよ 何もないよ 何もないよ わかっているさ

 だけど世界はいつだって ときどき そっと美しい
  いつか夢から醒めたって それでも きっと美しい
   わかっているさ わかっているさ わかっているさ それでいいのさ〜


creepsの新曲、「世界はそっと美しい」っていうんだ。
届け〜。


posted by 成田翔一 at 13:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

全力で休む

おはようございます。

週に一度の休日、ダラダラと眠るのももったいないので早起きしてずっと読書していました。

今日は天気がいいです。半袖で出かけるぜ。

今朝の新聞(東奥日報)に先日の岩木山でのイベントが紹介されています。
なぜか写真はKyleバンド。笑
チェックしてみてください。

では、貴重な休み、時間を有効に使いたいと思います。

皆様、良い一日を。

posted by 成田翔一 at 09:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

豪快に。

月曜。

ど平日だったわけですが、晃さんとコダシマさんと飲みに行きました。
色々な話をしました。
飲みすぎました。
豪快に。
居酒屋の飲み放題は日本の素晴らしい発明品のひとつ。

色々と宣言や発表やらをしたい気持ちはありますが、これからの行動で、音楽で、表現していきます。

これからもcreeps、Kyle&The College Try共々、応援宜しくお願いします。

次のライブはKyleバンドで仙台Junk Boxに乗り込みます。
豪快に。
6/11(土)仙台Junk Box

詳細は後日アナウンスします。


昨夜。
メンバーでお酒を飲むのが僕は大好きだから、ついうっかり飲みすぎる。
豪快に。
大体は翌朝に後悔することになるんだけど、それもまた乙。
朝から元気いっぱい、機材運搬の仕事に行ってきました。
力仕事でひと汗かいてきましたよ。
豪快に。

ひと汗かいて爽やかな気持ち。
正面には晴れ晴れとした空へ突き刺さる岩木山。
豪快!と思いつつ、ふとルームミラーごしに目がいった後ろの車。
お若い女性がね、鏡にむかって、は、は、鼻毛をね、ブチっといっていました。
ブチっとね。
そりゃもう豪快に。
それはそれは美人でしたよ。

ヨシ。
今日もたとえばあの偉大なる岩木山のように、
たとえば豪快にブチっとやるように、
生き延びるぜ。
豪快に。

みなさま、今日も良き一日を!

posted by 成田翔一 at 12:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

たゆたい

昨日の野外イベント、山Rock。

演奏が始まるまで小雨がパラついていたんだけど、音を出した瞬間に晴れるというなんとも奇跡的な天気の回復ぶり。

わざわざ青森市や八戸市からかけつけてくれた友人、自転車で2時間半もかけて来てくれた先輩。
仕事の合間に顔を出してくれたフットサル仲間、たまたま通りかかった後輩 笑
貴重な休日を割いて来てくれた全ての方々。

市内からだと思ったより遠い場所だったんだけど、カメラなどのスタッフを含め本当にたくさんの人が訪れてくれました。
長く音楽を続けていると、長くバンドでライブに出演していると、思うこと、考えてしまうことってのはたくさんありますが、
観に来てくれる仲間だったりオーディエンスのみなさんには、本当に感謝の気持ちでいっぱい。

みなさんがいるおかげで楽しくやらせてもらっていると、心から思っています。
これからもそんな気持ちを音楽で還していけたらと思ってますので、どうか宜しくお願いします。

写真に撮るのは忘れちゃったけど、ステージの横には本当に巨大としか言えない岩木山。

素敵な場所でライブができて幸せでした。
最後に、Asylumの浩さん、お疲れさまでした&誕生日おめでとうございます&ありがとうございました!

「踏みかためられた大地」〜Original Love〜

今回も素敵な写真を撮ってくれた大澤さんの作品を紹介させてもらいます。
いつもありがとうございます。

今日も絶好調、Rock Star Kyle。
P5223104.JPG

渋いぜ、アニマル。
P5223564.JPG

写真写りが悪いからこういう写真は嬉しい。
P5223597.JPG

前回の不調(喉)をブッ飛ばすくらいの素敵な歌声でした。晃さん。
P5223646.JPG

タテさんの歌は野外だと倍、気持ちいい。
P5223732.JPG

最後に、Kyle&The College Try。撮影、Kyleの奥さん、Tori。
1ltj3qnpf5tv3.jpg
posted by 成田翔一 at 13:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

山ROCK!

〜5月22日(日)@弘前・岩木山観光協会
野外特設ステージ

山 ROCK!
Music Fes at Mt.Iwaki『岩木山がスキナンダ』
act : 鳴海徹朗、Kyle Band、Fuguri、Creeps、S.P.N POWER、対馬将太、
    NON BAND(Hirosaki Unit)、タテタカコ

open 11:30|入場無料

Mt.Iwaki Visitor Center:岩木山観光協会(弘前市大字百沢字裾野124)

info : 0172-83-3000 / 岩木山観光協会〜



明日はライブ。
去年の夏以来の野外ライブだ。
野外でのライブってのは、予算の問題や、近隣からの苦情だったり、ロケーションだったり、普段のライブよりも乗り越えなければいけないハードルが高い。

開催に漕ぎつけるまで、色々な苦労があったと思います。
機会を作るために奔走してくださった方々、ありがとうございます。
明日、岩木さんに気持ちの良い音を思いっきり響かせて、感謝の気持ちを伝えたい。

creeps、Kyleバンド、両方出演!
竹内がドラムを叩くパンクバンド、Fuguriも出演だよ。
みなさん晴天になるようにお祈りください!

会場は岩木山神社を通りすぎて(弘前方面から)、さらにまっすぐ進んだ所にある大きな駐車場。
無料です。
遊びに来て下さい!

「Burning Of The Midnight Lamp」〜Jimi Hendrix〜
posted by 成田翔一 at 11:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

MIDNIGHT SESSION

嫌な夢を見てうなされ、自分の泣き声で目覚める。汗もびっしょり。

色んな景色を通りすぎて、少しは自分も強くなってんだろな〜なんて思いながら生きていると、それがそうでもない。

3歩進んで2歩下がる。
実感としてはこうだ。

それでもまぁ、進んでいるだけ、ヨシとしよう。

昨夜はKyleバンドのリハ。
演奏している事とか、出ている音がいわゆる「当たり前」にならないように、
常に刺激的で、挑戦であることができるように、少しだけバンドの雰囲気を締めてリハ。
楽しいだけの演奏に、グルーブは生まれない。

それと。

Kyleバンドでは6月に仙台でライブ、

creepsでは八月中旬にはツアーで関東へ。

エキサイティングな夏にするぜ。



posted by 成田翔一 at 13:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

電源オフ

今日はオフ。

完全に予定なし。

こんな日を待ちこがれていたぜ。
完全に一人で、完全に電源をオフにしよう。

楽しみにしていたCDが届いてテンションが上がり、朝一で再生。

期待はずれ。笑

出鼻をくじかれた感はありますが、有意義な一日にしよう。

みなさまどうか良い一日を。
posted by 成田翔一 at 10:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

ラッシュライフ

一月にこの街で起きたコンビニ強盗。
たしか白昼堂々の犯行だったはず。

今朝、新聞で犯人逮捕の記事を読む。

中学の時、隣のクラスだった奴だ。

アホだぜ。たった2万円ちょいとのために。
働け、アホ。

中学を出て15年か。

犯罪者になる奴もいれば政治家になる奴もいる。
立派な父親になった奴もいるし、相変わらず音楽やって夢追っかけてる奴だってここにいる。

人生、色々なんだなぁ、なんてしみじみと考えてしまった。

何が正しいか、なんて、誰にもわからないんだきっと。
コンビニ強盗が正しくないってことくらいはわかるけど。

大切なのは、自分が納得できる答えに辿りつくことなのかもな。
それにはきっと、色んな形があるんだろな。

今日も一生懸命に生きようと思います。


posted by 成田翔一 at 15:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

college try

昨日はMAG-NETにて、Kyleバンドのライブだったよ。

そろそろバンドとしての課題も見えてきたし、半分セッションみたいな新曲もできたし、これからまだまだ精進あるのみだな。
まだ新人の駆け出しバンドなんで、謙虚に頑張って参ります。

お世話になってる大澤アニキが写真を撮ってくれた。
本当に彼の写真は動きがあって素晴らしい。
いつもありがとうございます!

P5152756.JPG

P5152774.JPG

P5152780.JPG

P5152807.JPG

P5152864.JPG

そんでもって番外編の打ち上げ風景。
ここからは撮影、俺。大澤さんのと並べると撮影技術の差があまりにも、、笑

居酒屋ママのリクエストに応えて演奏するKyle
17xivr8fz3py0.jpg

それを楽しむママとtori
efa5ds0if2r6.jpg

酔っぱらって冷蔵庫を打楽器にしてしまう和也
rue6col0qtvz.jpg

観に来てくれたみんなも、いつも本当にありがとう。

「Extra Pale」〜Goo Goo Dolls〜
posted by 成田翔一 at 12:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

本当のダブルチーズ

ハロー。

昨日は久々にフットサルのリーグ戦に出場して来たよ。
やっぱり楽しいね!
ゴール決めてきたぜ。

その後は近所の居酒屋に出没したドラムスコダシマ夫妻と飲む。
盛り上がる。
結局深夜まで語りましたよ。色々と。

今日はライブ。
バンドの正式呼称は、
Kyle & The Collage Try
って言うんだよ。
ヨロシクね。

愛読サイトに書いてあった記事より今日思ったことは、
僕は290円でダブルチーズバーガーを食べるより、
120円のチーズバーガーを2つ買って、合体させて食べたいということです。
チーズだけでなく、パン部分までダブルですからね。


さ、ライブだ!

楽しみだぜ!

「Was It Worth It?」〜Pet Shop Boys〜





posted by 成田翔一 at 14:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

不思議な毎日

春ですね〜なんて言ってるけど風がわりと冷たくて、服を選ぶのに困る。

けど。
被災された人々、原発近くの住民は季節の移ろいを楽しむ余裕もないだろうな。
毎日原発のニュースを注視しているから、なんだか心がドンヨリしたままの毎日。
原発事故は天災ではなく、人災。
まったく関係のない人々が一部の人間の判断ミスで追い込まれてる。
理不尽すぎる。
この期に及んで「停電になるのが嫌だから原発は止めないで」なんて言ってる人間はきっと、想像力が欠如している。
もう人ごとじゃないです。弘前だってそうだし、下手すれば日本中が危険なんだよな。

一日でも早く、国民全体が安心して暮らせる日がくればいいと、心から思う。


昨日はKyleバンドのリハ。

20時30分開始の予定。

20時にKyleから着信。
奥さんのtoriが車の鍵を持ったまま職場仲間との宴会へ行ってしまったと。
連絡がつかないと。
そして彼のギターやハーモニカなどは、車の中に。

30分程アチコチ思い当たる居酒屋やホテルなんかに電話で問い合わせつつ、彼女を捜索。

見つからず。

もうしょうがないということで、スタジオにあったオーナーのギターを拝借し、リハ。

温厚なKyleがカンカンに怒っているのを初めて見たけれど、リハ中にようやく来た奥さんからの電話でにこやかに、
「さっきは怒ってたけど、もういいよ、愛してるよ」
なんて言ってる彼に少し感動。いい奴だね。

リハも盛り上がったよ。
このバンドのコンセプトは、「演ってる自分らが一番楽しむ」ってこと。(今、俺が決めました。)
メンバーそれぞれ個性があって、拙いかも知れないけれど、みんな体いっぱい音楽を楽しんでる。
いいバンドだな〜。
明日はMAG-NETでライブ。
お暇な方は是非いらしてください。

〜2011/05/15(日) One Day @弘前MAG-NET

Haukencrauz/electric ground mother/Kyle & The College Try/ theartsutra/他

open17:30 start18:00
前売り¥1000 当日¥1300
※ドリンクチャージとして別途¥500〜




何不自由なく普通の生活を送って、音楽やってる自分達。
原発や津波によって、様々な財産を奪われ、いまだ苦しみのさなかにいる人達。

なんだか同じ時代だと思えないくらいで、心を整理するのに困ってしまう。

こんな気持ちを引きずったままの、不思議な毎日。


posted by 成田翔一 at 14:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

ライブ写真

告知した通り、弘前MAG-NETでのライブの写真を紹介します。

カメラマンの方が全編通して撮影してくださいました。
プロの仕事はさすがです。

ありがとうございます。

http://www.jphotoffice.com/live/
posted by 成田翔一 at 12:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

ライブだよ

幼馴染の選挙やGW、バンドのツアーなど、慌ただしかった日々を抜け、ようやく一段落した感じ。

これらの日々を通して自分や、自分達の足らない部分を痛感することも多く、新しく始まった毎日を早速前向き貪欲に生きています。

フットサルやトレーニングを本格的に再開。
今のところ足の痛みもなく、順調。(そのかわりに全身筋肉痛。)
これからまだまだ、調子を上げていきます。
フットサルチームも、久しぶりにみんなと顔を合わせ、なんだか嬉しかった。
新しいチームメイトも数人入り、再び活気を取り戻した感じ。
楽しく、厳しく、頑張ろうぜ。

そんで個人的に次のライブは、15日の日曜日。Kyleとのバンド。
ジェイミーのマサトなんかと対バンだ、楽しみだな〜。

〜2011/05/15(日) One Day @弘前MAG-NET

Haukencrauz/electric ground mother/Kyle & The College Try/ theartsutra/他

open17:30 start18:00
前売り¥1000 当日¥1300
※ドリンクチャージとして別途¥500〜


そんでさらにその次の日曜日。
岩木さんの麓で野外ライブ。こちらもかなりの豪華メンツだから、是非遊びに来てくださいね。
お昼だし、チケットは無料。
昼間から、一杯やっちゃいましょうよ。
creeps、Kyleバンド、両方で出演するよ。

〜5月22日(日)@弘前・岩木山観光協会
野外特設ステージ

山 ROCK!
Music Fes at Mt.Iwaki『岩木山がスキナンダ』
act : 鳴海徹朗、Kyle Band、Fuguri、Creeps、S.P.N POWER、対馬将太、
    NON BAND(Hirosaki Unit)、タテタカコ

open 11:30|入場無料

Mt.Iwaki Visitor Center:岩木山観光協会(弘前市大字百沢字裾野124)

info : 0172-83-3000 / 岩木山観光協会〜


こないだのライブの写真達は、明日、紹介しようかな。

とりあえず!

今週と来週の日曜はライブ!

みんな、会場で会いましょう!
チケット予約もお待ちしております。

shoichi.narita@gmail.com
15wuwyk6ekyuw.jpg
posted by 成田翔一 at 12:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

ツアー三日目 at弘前Asylum

ツアーは最終日を迎える。
弘前はAsylumにて、弾き語りライブだ。

成田家で目覚めた俺、ベースのトモさん、ギターのケンさん。
シャワーを浴びてさっぱりし、早目に行動だ。
彼らを連れてお土産屋さんへ行くのさ。

連れて行きたかった津軽漬けの専門店がお休みだったので、弘前公園横のねぷた村へ。

弘前に住んでいれば逆に、ああいったお土産屋さんへ足を運ぶことってのは少ないから、なんだか楽しかったな〜。
津軽の食材に惚れこんだお二人は時間をかけて買い物。
津軽漬け、スタミナ源たれ、南蛮漬け、りんごジュース、せんべい、にしん、エトセトラ。

それからそれから。
竹内晃、俊太郎さんチームと合流して最後の昼食。
某高級焼き肉店へ。
ランチ、ウマっ!普段はとてもじゃないけど、行けないようなお店。
ゴチになりました。

ここでトモさん、ケンさんは帰路に着く。
なんだか寂しい。けど再会を固く約束。

さ、ライブだ。
Asylum入りしてリハ。
晃さんも俊太郎さんもさすがに喉にダメージが。
それだけ一日目から全開でライブしてきたんだ、これもまた味さ。

想像以上のお客さんを迎え、ライブ。
晃さんも、俊太郎さんも、出し切ったよ。
アンコールでは俺とコダシマさんも参加して、C-C-Cで締めだ。
俺らを繋げてくれた大切な曲。

これで今回のツアーの全工程が終了。

とはいかないですよ。
打ち上げです、打ち上げ。どれだけ飲むんだよ、まったく。
徒歩にて五分散りの弘前公園、夜桜へ。
去年も行ったんだよな。ツアーの締めはこのスタイルの打ち上げ。なんとも贅沢。
去年はカンテラのレコ発でさ、コメイジさんと近藤さんも一緒だった。
またみんなにも会いたいな〜。

三忠食堂でそばを食いつつ、焼き鳥も食いつつ、おでんも食いつつ、飲むでしょ。そりゃ。
飲みますよ。最後ですもの。
そりゃ、普段は飲まない晃さんまで飲みますよ。
ビール二杯で笑いが止まらなくなるくらい酔っぱらった彼。
長い付き合いですが、初めての姿でした。笑
俊太郎さんと俺、爆笑。

Asylumへ帰り、タテタカコさんチームが準備してくれたモツ鍋。
食い過ぎだよね。
けどここから二次会さ。
MAG-NETのマサルなんかも合流して、賑やかな夜。

いつまでもこんな幸せな時間が続けばいい。

ツアーはこんな感じでそっと幕を閉じる。

メンバーはそれぞれ厳しい現実に返っていくわけだけど、きっとそれがあるから、音楽が生まれるのさ。

またこうやって、その時はもっともっと成長した姿で。

今回は三日間、全部来てくれたお客さんもいたよ。凄いよね。

またみなさんに会える日を楽しみにしてます。

関わってくれた全ての人、どうもありがとう!

明日以降、ライブの写真を撮ってくれた方の写真なんかを紹介できればと思っています。

5uto5hunwc36.jpg
posted by 成田翔一 at 13:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

ツアー二日目 at弘前MAG-NET

ツアーは二日目。
八戸のホテルで目覚める。
明らかに寝不足だ、体が重い。
けどそれよりもなによりも楽しい気分が先行する。
こんな毎日だったら素敵だよな。
フロントに10時集合。
車二台連なって弘前へ。

予定よりだいぶ早くMAG-NETへ入る。
昼食は恒例、宮園苑の焼き肉弁当。俺だけ大盛り。みなさん普通盛り。
大盛りでも足りないんだけどね。
ゆっくりと時間をかけてリハーサルをし、俺は俊太郎バンドのみなさんを引き連れて弘前公園へ。
まだ花が結構残ってて、メンバーのみなさんも大満足。
気分が高揚してきて、ちょっと早目のウイスキーに手をつけたのは・・・・
俺。笑

MAG-NETへ戻ってライブは本番。
一発目はFuguri。
相変わらず全開の加藤のぼるパワー。ギターはリスペクトするIdoraの中田師匠。
ベースはこの街のドン、斎藤浩氏。そしてドラムは小さな巨人、竹内晃。
このバンドのテーマは初期衝動。
ガシガシとたたみかけてくるサウンドに俊太郎バンドのメンバーも興奮。
ライブ終了時にギタリストが2人とも4弦を切っているバンドなんて、世界中で、Fuguriくらいのもんだ。笑

二番手、聞こえないふりをした。
どんなメンツのライブでも、会場の空気を変える演奏。
目を閉じると、夢か現か、足元が不安定になるような、不思議だけど心地良い音。そんな音。

そして三番目は高畠俊太郎バンド。
圧巻。
ソロではおなじみの俊太郎さんの歌。それだけで何もいらないようなパワーを持った歌。
それをシンプルに、でもしっかりと支えるコウダイさんもドラム。
ベースのトモさんはスタジオミュージシャンとしてもたくさんの録音に携わっている人物。
レベルの高いプレイに魅了される。
んでもってギターのケンさん。彼のスタイルはスっと自分の心に馴染んで、広がっていく。
「弾かないカッコよさ」を体現してる数少ない名手って感じだ。感動。

んで最後に俺ら、creeps。
ステージの外から観ていたわけじゃないから、完全に客観的には観ることはできない。
それはお客さんそれぞれがしっかりと感じてくれたと思う。
けれどまだまだ、成長しなければいけないなって思えるステージだったのには違いない。
新しい曲も「挑戦」の要素が大きく、これから育っていくだろうけど、もっともっと、前に進まなければいけない。
それには痛みも伴うかもしれないけれど、俺はそれを恐れない。
そうでなければ、誰かの心に触れられるような音楽なんて鳴らせないだろうから。

なんにせよ、MAG-NETでのライブは終わった。
来てくれた仲間達、ステージ横で手伝ってくれたつかっちゃん、たくさんのお客さん、MAG-NETのみなさん、本当にありがとう。
まだまだ精進するよ、これからも宜しくお願いします。

んでもって打ち上げ。
コウダイさんは実家の十和田に帰るため、泣く泣くここでお別れ。
再会を約束し、ガッチリと握手する。
打ち上げ会場はツアーバンドを必ずと言ってもいいほど毎回連れていく居酒屋、けんた。
ここの地の物はおいしいんだよね。
メンバーのみなさんにはここでしか食べられないような海の幸をたくさん味わってもらう。
俺は、飲む。ひたすら、飲む。
ベースのトモさんは下戸だから一切飲まない。
成田家に泊まる彼に運転してもらえるのに、いつもの癖で代行車を呼んでしまう俺。
現場まで来てくれた代行屋さん、す、すみませんでした。

ラーメンで締めて、帰宅。
みなさんボロボロ。けど俺はベースのトモさんに聞きたい事がたくさん。
楽器そのものの話、プレイの話、レコーディングの話、周辺機材の話、尽きることがない。
あれ、気付いたら4時だ。
二日目もやっちまったぜ、夜更かし。
でも、睡眠時間を代償としてもお釣りがくるくらい、タメになる話を聞かせてもらった。
トモさん、ありがとうございます。感謝です。
(彼、本当にたくさんのレコーディングに参加していて、俺が昔よく聴いていたCharaの曲なんかも弾いてた。なんだか感動。)

朝まで続いた一日も長かったけど、文章も長くなっちゃった。
でもまだ書き足りないくらいだよ。
最後まで読んでくれたみなさん、ありがとう。

3日目、最終日に続くよ。

17l7b354rz783.jpg

posted by 成田翔一 at 12:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

ツアー初日 in八戸

ツアーの全日程が終了。
平均睡眠時間は4時間、打ち上げで飲んだ酒の量●●リットル・・・

満身創痍ではあるけれど、非常に充実したツアーだった。

なんだか到底ウマク言葉にまとまりそうもないので、思いついた事を、思いついた順に。

まずは初日の八戸。
俺らは昼過ぎに現地入りしたんだけど、俊太郎バンドのみなさんは早朝に到着、八食センターで寿司を食い、酒を飲み、昼にはもう気持ちよく酔っておられた模様。
俺らが到着、合流、のはずが、彼らはお昼寝中。笑
メンバーで食事を済ませ、どうしても自分の目で確かめたかった被災地へ。

そこには写真を撮るのも憚られるよな、恐ろしい光景。
しっかりと目に焼き付ける。
焼き付けて、しっかりと心にしまって、んでもって自分なりにできることをして、しっかりと生きていくこと。それだけ。

八戸Roxx入り、ようやく俊太郎バンドのみなさんと合流。
メンバー全員ガッチリと握手を交わし、リハーサル。
彼らのCDはずっと聴いてたけど、これは凄そうだ。
んでもってリハーサル終了後、ベースのトモさんと楽器トークや音楽トークで盛り上がる。
共通のフェイバリットを持つアーティストとの会話は楽しくないはずがない。

ライブ。
今回は昔から応援してくれている八戸のお客さん達や、教員をやってる高校時代の友達、サッカーやってる弟なんかも遊びに来てくれて、ワクワクした気持ちでライブ。
俺らも楽しめたし、俊太郎バンドは想像を絶する素晴らしさ。
こりゃ打ち上げの酒がウマイはずだ。
Roxxスタッフさん、毎年お世話になっているフォーユー田村さんの手作り料理を頂きながら飲む。飲む。
それだけでは飽き足らず二次会で夜の街へ繰り出し、ホテルに帰ったのは3時。
初日から飛ばし過ぎだぜ。でも全然後悔してないぜ。

八戸Roxxのみなさん、田村さん、対バンのInterloper、TEXAS STYLE、来てくれたお客さん、サポートしてくれた友達、みんなどうもありがとうございました。
また来ます。
pnn2bnrirfub.jpg

二日目は明日。
posted by 成田翔一 at 15:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする