2011年04月28日

愛だと思うんですけど

世はGWですか。

この街では桜祭りが開催されております。
花も咲き始めたし、連休にはたくさんの人が訪れてくれればいいと思います。
天気も落ち着いてくれたらいいね。

僕の職場は弘前駅から、祭り会場である弘前公園までの直線上にあるので、目の前は公園へと歩く観光客がたくさん。
眺めているとなんだか幸せな気分になります。

忙しい日々を、バンドはツアーに向け準備を、
個人もトレーニングを怠らずに精神を研ぎ澄ませ、
心も身体もやってくる5月に向け、準備万端であります。

インフルエンザが流行っているようなので、体調管理には気を遣わなければ。


月が変わり、季節が移ろい、ゴチャゴチャしていたたくさんの問題もなんとなく時間とともに解決しつつあったり、
新しく始まる何かの予感に心踊らなくもないのですが、
この期に及んで首相を下すだとかなんとかやってるこの国のトップにもうウンザリしたり、、
まぁとにかく今日も地球は回るのであります。

そうそう、本当に政治家のみなさん、なにしてるんだろね。
呆れて物も言えないですよ。

自民党。民主党。
足を引っ張りあってる時間があったら、今だけでも団結して被災地のためになんかアクションしたらどうなんだい。
「役職とか、政党とかを超えて、今こそ一つになって復興のためにベストを尽くしましょう!」
ってそのくらい言えるリーダーを持たないこの国は本当に悲しい。情けない。
この国への愛が、困っている人達への愛が、足らないよ。

でもだから諦めるんじゃなくて、この小さな街から、できる人が、できることを。
いつも言ってることでもう聞き飽きただろうけど、本当にそれしかないんだと思うんだ。

いつでも必要なのは、愛、それだけだと思うんだけど。

「Music on the planet where dawn never breaks」〜UA×菊池成孔〜











posted by 成田翔一 at 13:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。