2011年03月27日

相変わらず続く無力感や脱力感の毎日の中、山口アニキと魚さんの音楽を、浴びた。

文字通り、浴びた。

力が漲ってくるのが、わかる。創作意欲が掻き立てられるのが、わかる。

音楽には、いつも与えられてばかり。

自分にできること。募金も物資もそうだけど、やっぱり、音楽しかないよ。

そう、思えた。

今回、与えてもらったものを自分の中でしっかりと育てて、自分なりの形に変えて、人々に届けよう。

新しいライブも決まってるから、近々、アップするね。

今年はcreeps15周年。

アルバムも作るしツアーもするし。

今、この時だからあえて、青臭いことを言わせてもらおうと思う。

俺は、音楽を通して、弘前の街から、世の中を少しでも良くしていきたい。

こんな今だから、例えば音楽だったりなにか、別のものでもいい。自分が信じ続けてきた「なにか」、
あなたのその「なにか」が力を発揮する時なんじゃないかな。

そうやって乗り越えていける力が、人には、あるよ。

だから、悲しいけど、苦しいけど、必死こいて、生きていこうと思います。

音楽、ありがとう!

やったります!





posted by 成田翔一 at 17:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。