2011年01月07日

イメージトレーニング

おかげさまで体調も回復し、相変わらず極寒の職場ですが、なかなか忙しくやっています。

明後日のライブに向けたイメージトレーニング。
3日間で、弘前に現存する多くのバンドが出演するようですが僕ら、どこのバンドにも真似できないような
creeps色の絵を、ステージ上で描くつもりです。
短い時間のライブだとは思いますがきっと楽しんでもらえると思います。

それにしても凄い雪ですね。
寒いし雪かきは大変だし交通も不便になるし、いいところがないような気もしますが、
この雪のおかげで生活ができる人もいるんだよな。
それになにより綺麗だよ。月夜にさらさらと降る雪なんて格別だと思う。

一長一短。
物事は全部そんな感じなのかもしれないね。
片方からだけではなくて、そのまた反対側に光を当てられるようでありたいね。

ロックっていう音楽は誰もが、ドカーンと大音量で演奏するものだと思うかもしれないけど、(そういうのも大好きだけど)
そうじゃない側面も、ある。
囁くような声だとか、言葉とか、楽器の強弱や、やりとりや、音と音の隙間とか。
リスナーが入り込んでこれるような、程良いスペースがある音を、奏でるよ。

そんな反対側の光を味わいたい方は是非、Mag-Netへいらしてください。

「No surprises」〜Radiohead〜


posted by 成田翔一 at 15:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。