2011年01月30日

日本 1-0 オーストラリア

感動の嵐!

サッカー日本代表、優勝おめでとう!
長年、日本サッカーを応援してきたけれど、今までで一番の感動だったかもしれない。

平均年齢がおそらく一番若いであろうチームで、ロクな準備期間も与えられないまま難しい状態で大会に臨んだ日本代表。
コンディションのバラつき、中東の笛、怪我で戦線を離脱する選手、完全なアウェーゲーム。
その中でしっかりと堪える時は堪え、決める時には決めるべき選手が決め、結果を出した。
これがどれだけ難しい事か。

サッカーは相手のあるスポーツだから、どれだけ練習しても努力しても、全てが思い通りにいくことなんて、まず、ない。
けれど、先制されては追いつき、最後の笛の瞬間まで諦めずにボールを追い続けたことで掴み取った優勝だよね。

監督に就任してから未だ無敗、采配もドンピシャのザック監督。
スタメンで出られなくても腐ることなく戦った選手達、スタッフ。
現地で、テレビの前で、声を枯らしたサポーター。
そして与えられたワンチャンスをしっかりと活かした李忠成をはじめとした数人の控え選手。

これだけ一体感、躍動感のあるチーム、今までなかったよな〜。

これぞプロフェッショナル。
勇気をもらいました。
ありがとう、日本代表、ありがとう、サッカー。

決勝点を決めた李忠成の締めの一言で、さらに落涙。

「みんなの想いを乗せたシュートでした。」

お前、カッコよすぎるぜ!

スポーツも、音楽も、同じだね。
誰かの力になれるもの。
勇気が湧いてきたぜ〜。
俺も、一日、一日を大切にしなきゃって思いました!







posted by 成田翔一 at 12:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

True Love Will Find You In The End

Kyleバンドのギター、ユウキ君から借りたCDをじっくりと聴いてます。

ダニエル・ジョンストン。
「歩く純粋さ」みたいな、音楽。
パっと聴き、理解しにくかったんだけど。
聴けば聴くほど、染みてくる。

True Love Will Find You In The End.
まったくその通りだと思う。

あまりにも素晴らしい詩だから、紹介。

例によって訳は自分なりにやってみる。

〜True Love Will Find You In The End〜

本当の愛が 最後には君を見つけてくれる
 その時にはじめて 誰が本当の友達だったのかが 見えてくる
  だから悲しまないで きっと大丈夫 その時まで 諦めないで

本当の愛が 最後には君を見つけてくれる
 それは約束されたこと
  君が本当に求めていれば それは必ず君を見つけてくれる
   なぜなら 本当の愛だって 君を探しているから

けれど 君が光の中に飛び込まなかったとしたら
 それはどうやって 君を探すだろう?
  だから その時まで諦めないで
   本当の愛が 最後に君を見つけてくれるまで


結婚した友達、ノブに贈ります!
おめでとう!

posted by 成田翔一 at 16:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

making a song

昨夜はKyleバンドでリハをした。
まぁ昨日はリハビリだね。今年一発目だったから。
メンバーそれぞれ感覚を取り戻しながら、探り探りでプレイしてたけど、やっぱりリハは楽しい。

Kyleが持ってきた新しい曲もいい感じ。
長年バンドをやってるけど、三拍子の曲って初めてかもしれない。
日本人には決して作れないであろう、アメリカ臭のプンプンする、曲。
彼曰く、「曲を作ること」に関しての曲。
面白い感性だ。

2011年、早くも一か月が過ぎようとしているね。
creepsメンバーもそれぞれ忙しくしているようだし、年始のイベントも少し落ち着いてきたし、
少し引きこもって作曲活動に精を出すぜ。

大切なのは、繰り返しみたいな静かな生活の中で、どれだけ向上心やモチベーションを失わないでいられるかってこと。

人を少しでも幸せな気持ちにできるような、音楽を創るため。

三十目前に立てた新しい目標。
「生涯思春期成長期。」
変わらないし、変わり続けてる。

「TURN THEM」〜Sean Bones featuring Norah Jones〜
posted by 成田翔一 at 15:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

アジアカップ

やりました、日本代表。
見事日韓戦を制したのです。

延長、PKと試合は深夜に及びましたが、もちろん飲み過ぎて潰れることなく、声を枯らして応援しました。
近所の居酒屋でサッカー好きの常連と応援。

歴史に残る名ゲームだったような気がします。
勝ったとしても、負けたとしても、
「やりきった、悔いはない。」
そう言える程の、総力戦。

相変わらずレベルの低いレフェリングだったり、相手チームの、日本人を揶揄するようなパフォーマンスだったり、
なんだかせっかくの盛り上がりに水をさすようなこともあったみたいだけど。
(同じアジア人に猿の真似をされてもなんだかなんにも感じないんだけどさ。)

個人的MVPは、本田(のインタビュー)です。

次は決勝だね。
オーストラリアか。強いんだよな〜。
でも、この勢いならイケルぜ。楽しみにしてる。

相変わらずとどまることを知らない食欲を抱えた、成田翔一でした。

「The Pretender」〜Foo Fighters〜



posted by 成田翔一 at 17:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

ザックリジャパン

本日はアジアカップの日韓戦。
今大会初めて、チケットはソールドアウトだとか。

日本時間のキックオフはPM10:25。
近所の居酒屋の大画面で観戦させてもらう予定なのだが、
あまり早くから飲みすぎると、たいてい10時を過ぎるといい感じになってしまうので、
今日は、ワンクッションおいてから飲みたいと思います。
成田のキックオフは、9:30ということにしましょうか。

明日は休みだし、声枯らして応援しながら、楽しい酒を飲もう。

サッカーファンのみなさん、今夜は熱くなりましょう!

「If You're Gonna Leave」〜Raul Midon〜
posted by 成田翔一 at 18:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

体育館とラーメン屋

昨日は、とある小学校の体育館を借りて、チームの人達や、そうでない人達が集まってフットサルをやった。
体育館でのフットサルは初めてだったので、新鮮だった。
しばらくワックスの塗られていないだろう床は滑りやすくて大変だったけど、楽しく、やらせてもらった。

チームメイトで、大酒飲みで、酔うと声がとても大きくなって、とてつもなくスケベで、なお且つやり手の営業マンでもある、体育館を借りる手続きをしたり、お金を集めたりしている幹事みたいな奴は、体育館での練習を増やそうと、市内のほとんどの施設や学校を回ったらしい。
頭が下がる。これぞ愛、情熱。
けれど他の競技団体の予約で埋まっていたり、ボールを蹴ってはいけないって決まりがあったりと(投げるのも大して変わらない気もするんだけど)、場所を確保するのはなかなか骨が折れるとのこと。

この辺りで、まぁ一番強いであろうフットサルのチームがお隣の大館にあるんだけど、
練習させてくれる体育館や施設は、弘前よりも充実しているらしい。
ワックスも効いていて、プレーもしやすいみたいだ。
大館は弘前の3分の1くらいの人口だったはず。
その分需要も少なくて、施設が借りやすいのかな。
どっちにしろ弘前に、もう少し室内スポーツに対する理解があればいいのにな、なんて思った。
しかしそれには体育協会やら何やらが絡んでくるらしく、そんなに簡単にはいかない問題のようだ。

話は変わって。
今、FM青森で主催している、津軽ラーメンラリーという催しに、挑戦している。
決められたラーメン屋を回ってスタンプを集め、景品をもらおう、というもの。
景品なんて実はどうでもいいのだけれど、前から言っているように僕は地元で頑張るお店推進派なのであって、
そんな想いと、言葉を、行動に移すという意味合いでも、参加している。(全部が全部、地元のお店じゃないかも知れないけど。)
全部で21店舗。
期限までに週に2、3回はラーメン屋に行かなければいけない計算だからなかなか楽じゃないんだけど、
元来、3食全部ラーメンでもいいくらいのラーメン好きな僕にとっては、まぁ、なにかと楽しい。

それにしても。
よくよく考えてみると、弘前には凄い数のラーメン屋が、ある。
時間をかけて、現存する全てのラーメン屋を回るのが、小さな夢でもある。
でも本当に好きな味が食べられるのって、15軒に1軒くらいの割合だと思う。
みなさんどうですか?好みはそれぞれあるとしても、なんだかそんな気はしませんか?

フットサルをやるために足りない施設や体育館と、
余るほどあるラーメン屋とを比較して、
今日の文章をウマク落としてみようと考えたのですが、どうにもウマイ着地点が見つからないので、
少々強引ではありますが、
ここで、終わります。笑

毎日ラーメンばっかり食って、太ってしまいそうなので、
毎日毎日フットサルができるような体育館があればいいのに!

ってのはどうでしょう?笑

すみません、文才無しの模様です。

今日も、JAZZ。
彼のピアノは、しっくりとくるものがある。
暖かくて、憂いがあって、けど力強い。
真冬の夜の月のような、音。

「Detour Ahead」〜Bill Evans〜






posted by 成田翔一 at 19:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

砂漠に雪を降らせる方法。

空いた時間に、ゆっくりと読書をしています。

エッセイとか自伝みたいな、現実的なものも、物によっては好きだけど、
例えば誰か成功者と謳われた人の自伝なんかを読んで、
「あぁ自分もこうすればウマクいくんだ」
なんてことはないわけで、結局のところ色々な外的影響を受けつつも、自分の人生は自分にしか生きられないわけで、
「結局AはBすれば、Cになる!」
とそんな風に言われてもなかなかハイ、そうですか、とは信じられない性格なわけで、
自分としては、ありそうで、ないような、なさそうでありそうな、物語が好きなワケです。

そんでその主人公や、登場人物に自分を重ね、物語の世界に入り込むのがとても得意です。

今は、オフィスビルでバイトする西嶋君に感情移入をしている最中なのです。

そんな西嶋の言葉。

「この国の大半の人間たちはね、馬鹿を見ることを恐れて、何にもしないじゃないですか。馬鹿を見ることを死ぬほど恐れてる、馬鹿ばっかりですよ。」

なかなか強烈だぜ西嶋。

ちなみに読書の時は、歌詞のない音楽を流します。
では、みなさん良い週末を。

「Jade Visions」〜Bill Evans〜
posted by 成田翔一 at 17:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

日本3-2カタール

日本代表の試合を、お友達とお酒を飲みながら応援しました。
久々に声を枯らしました。
なにより結果が出ているのが凄いよ。
まだまだいけるぜ日本!

今朝。
昨日の記事にあったように、朝食の量を減らしてみました。自分なりに。
うどん一杯のみ。

二時間経過しましたが・・・・・・

早くも激しい空腹に襲われています。笑

嘘つき!

「We're Not Gonna Take It」〜The Who〜
posted by 成田翔一 at 13:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

ランニングとパンクとご飯。

こんにちは。
今日も元気に走ってまいりました。
60分で9.2km。
目標の10kmまでもう少し。頑張れ俺。
今日は、コツを一つ掴んだんです。
それは、
「パンクを聴きながら走ると調子が上がって疲れにくい。」
これほど科学的根拠のないコツもないでしょうが、メンタル面は大きいですからね。

あんまり普段は「パンク」とカテゴライズされる音楽を聴かないのですが、たまぁに、猛烈にそれを欲する時もありますよ。

今日は、数少ないフェイバリットパンクバンド、Rancid。
お隣のHAYA君は、ラーズと面識があって、彼を通して本人のTシャツをもらってからは、ミーハーなファンの仲間入り。
彼らの音楽、心がポジティブに震え、とても元気をくれる。
距離を伸ばしたり、負荷をかけて限界点を超えたい時には、これからもパンクを聴いて走ったるで。

そんで明日は週に一度のオフ日。
ゆっくり体を休めなくては。
ふくらはぎに違和感もある。養生養生。

それとね、肉体を酷使するようになってから、体力をつけるために食事量を増やしたんだけど、なぜだかたくさん食べれば食べるほど、腹が減りやすい気がしてた。
んで今日、やっとその根拠が書かれた記事を見つけました。

ドン。

食べる量を減らすと、お腹が減らなくなる。
衝撃的な内容でした。お腹が減ることを恐れてたくさん食べると、逆にお腹が減りやすくなるとのことです。
食事をたくさん摂ると、血糖値が急上昇します。体はインシュリンを大量に分泌して血糖値を下げようとします。

この「血糖値の低下」に脳が反応して「空腹感」がうまれます。血糖値の下げ幅が大きいと、脳が強く反応して、強い空腹感を感じてしまうのです。

逆に、食事の量を減らしたほうが、血糖値の変化が小さいため、空腹感が弱くなり、耐えられるレベルになります。「胃が縮む」とはまさにこのことです。

私も夕食の白米を半分に減らす方法で、一月半で6kgやせました。食事の量を減らしても、お腹が減りぐあいは変わりませんでしたので、実感としてわかります。



なるほど。
いつでも腹八分目でいいのね。

でもやっぱり体を動かすのって、一番いい気がするよ。
心も元気になりますもん。
んでもって食事は、食べすぎに注意して、楽しく、ね。
一人で食べるより、みんなでワイワイ食べるのも、メンタル的には良い気もするよね。


何を語ってるのかよくわからなくなってきた。笑

じゃ、また。

「Olympia, Wa」〜Rancid〜
(この曲のイントロリフ。凄くポップで明るいんだけど、なぜだか泣きそうになる。)








posted by 成田翔一 at 14:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

ふと。

こんばんは。

相変わらず雪が降り続ける弘前の街。
雪掻きは大変だけど、嫌いじゃないです。

変わらず毎日、色々とやらせてもらってます。
音楽もそうだし、体を動かすことや、友達と酒を飲みながら色々と話したりも。

色々な場面で、色々な人達との関係を築きながら、自分の未熟さに気付いたり、あるべき姿を思い描きながら過ごしています。

今、関わっている全ての物事や人物。

そんなたくさんの点が、いつか線となって、自分の人生に大きな何かをもたらしてくれることを確信している今日この頃。

音楽で自分の心と向き合い、
トレーニングで自分の体と向き合う。
友と向き合い、親、家族と向き合う。

何気ない毎日に、色々なヒントは隠れています。
見つけるかどうかは、全て自分次第。


まだまだ謙虚に、かつ貪欲に進んでいかなければいけないです。

そんなことを、ふと、思いました。

「Rest In Peace」〜Mott The Hoople〜

posted by 成田翔一 at 19:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

俺は怒っている。

非常に腹立たしい。

なにが?

今朝、いつものようにジムに行ったんだけど、そこの事務員の対応である。
(ちなみに、民間の施設は俺にはお高いので、市で運営している施設にお世話になっている。要するにそこで働く事務員は、公務員なわけだ.)

自動券売機でトレーニング券を購入後、ジムに持っていくシステムなんだけど、今朝、俺の財布には大きいお金しか入っていなかった。
もちろんその券売機は1000円札しか使えないから、窓口に行く。



俺「すみませ〜ん、両替お願いできますか?」

5,6人いる退屈そうな事務員「・・・・・(横目で俺を見る)」

俺「5000円札なんですけど。」

怠惰な事務員の1人「・・・・(めんどくさそうに自分の財布から1000円札を5枚取り出す。)」

俺「ありがとうございます。」

机に座ったまま目線すら動かさない事務員共「・・・・」





いやいやいやいや、なんか言えね〜のかよ!

おはようございますくらい言うだろ普通!
スポーツマンを受け入れる施設だろうがよ!
しかもなんだその態度!!
事務所に入って行って胸ぐら掴んでやりたい衝動に駆られましたが、グッと飲み込む。

この際言わせてもらうけど、いつもジム内で監視してるおっさんも、人目をはばかることなく堂々と居眠りしてるぜ?
周りは黙認か?

んでさ、こういう挨拶もロクにできない、平気で居眠りするような大人共が、俺らの3倍も4倍も給料もらってるんですよ。
ボーナス、退職金の保証付き。
しかも出所は市民の血税。
人が払った税金で、国とか、県とか、地域のために働く大人だよ?
本来俺らの見本にならなきゃいけない存在だろ?
そのためにいい学校に行って勉強して来たんだろ?
ビッとしてくれ。

腹が立つ。
一利用者と事務員の立場を超えて腹が立つ。
久々に、震えるほど腹が立った。

お前ら、人として、どうなのよ?
子供の時、親に「おはようございます」っていう挨拶教えられなかったか??
その辺の年齢からやり直した方がいいんじゃね〜か??

俺はガキじゃないから、今日は大目に見る。
しかし次はないぜ。もし同じような対応されたらその時は、こっちもそれなりの対応をさせてもらう。
鉄拳制裁だ。
被害届?警察?
上等だ。
俺はそれくらい、怒っている。

そうだ、警察で思い出した。
帰り道、すれ違ったパトカーに乗っていた警官(パトランプ回してんだよ?)は助手席でタバコプカプカしてたぜ?
これはどうなんだい?

なんだかなあ。

どっちも、公務員ですぜ?
公務員全てが悪いとは、言わない。
むしろ俺のいとこは警察官。
学生時代、尊敬する先生なんかも、いた。

けど一日で立て続けにこんな場面に出くわすと、さすがに、どーよ?公務員?
と思ってしまう。

人として。
これはいかんと思ったことは、相手が警察官であれ、政治家であれ、ビシバシ言える人物でありたいと思う。
そして人にそう言えるくらい、自分もちゃんとした人間でありたいと思う。
NOと言える大人、日本人。
少なくともそういうメンタリティーを僅かでも持ち合わせていない人間に、ラケンローラーはかたれないだろ?

それにしても腹が立つ。

ふう。

その場に居合わせた政治家志望の幼馴染みは怒り狂う俺をなだめるように、一言こういった。
「なんかあの人達、人としての暖かみがないよね。」

その通り。

俺は偉くなくとも、金はなくとも、暖かみのある人間でありたい。

心暖かきは、万能なり。

そう言ったのは桜井章一だったかな。

今日の出来事から。
反面教師、笑顔で他人に挨拶のできる人であろうと思う。










posted by 成田翔一 at 13:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

Music from Narita Pink

新しいPC、MacBookちゃんを購入し、早二ヶ月(くらい)。
あれから色々と周辺機材を手配していたんだけど、今日、ようやく揃ったぜ。
オーディオインターフェース・MIDIインターフェース・モニタースピーカー。
ギター・ベース・MIDIキーボード(電子ピアノ)。

これで部屋がスタジオになる。
しばらくは曲作りに没頭するだろうね。

朝、ミッチリトレーニング。
昼、仕事。
夜、ビールを飲みながらパソコン相手に曲作り。

今の自分の理想の生活。
それを手に入れるために少し、頑張った。
よっしゃー、やったるわよ。

スゲーいい曲作って、早くみんなに聴いて欲しいんだ。

今まで。
決して平坦とは言えない道のりだったけど、確かにそれは自分の芸の肥やしになっていると思う。
頭の中で鳴り響いてる音、きっと間違いのないものだと思うんだよな〜。

これからしばらく引きこもることになりそう。
みんな、たまには飲みに誘ってね〜。

「Goin' Home」〜Dinosaur Jr〜
posted by 成田翔一 at 18:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

変わらぬ想い

昨日は第二土曜日。

弘前の街のことを考えて、お酒を飲む日。
昨夜はみんなそれぞれ別で飲んだのかな。
俺は地元の居酒屋で、地元の友達と、飲みました。

大好きなこの街だから、なるべく地元で頑張る自分の好きなお店でお金を使い、
そのお金が、県外に出ずに、この街の中で何かの形で還元される。
そういうサイクルをイメージするのです。

使う金額は一件につき、たかだか2000円とか3000円かもしれないですが、
ゼロよりは、いいですから。

この街が少しでも経済的に良くなるためには、ある程度、外に出てお金を使うこと。
インターネットで済ませていた買い物を、一度我慢して、街のお店に出向いてみること。
などなど。
完璧は無理だとしても、そういう個人の小さな意識からだと思うんです。

なんて事を謳ってもう何年にもなるね。
でも、継続してるよ、ちゃんと。基本的な考えは変わってない。
飯食いに行っても、飲みに行っても、いいお店、たくさんあるんだよ〜、この街。

普段はめったに出歩かない人も、月に一度くらいは外での食事やお酒、楽しみましょうよ〜。
んで、少しこの街の未来への投資だと思ってお金を落としてみましょうよ〜。
という趣旨で始めた第二土曜日、弘前を考える会。
みなさんも是非ご参加ください〜。
群れるのが好きでない方も、個人で思い立って行動してくれれば、嬉しいな〜。



と、散々ここまで語って気付いたのは、昨日が第三土曜日だったってこと。笑
どうりで誰からも連絡がないわけだ。笑

な〜んも、問題ないぞ。笑

「Tits On The Radio」〜Scissor Sisters〜


posted by 成田翔一 at 14:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

eat eat meat

芳しくない体調。

こういう時はガッツリ食ってスタミナをつける。

弘前にお住まいの方もそうでないかたも、是非一度召し上がってほしいのはこれ。

1w2744qlbv6mr.jpg

宮園苑の焼き肉弁当(大盛り)。
このボリュームで550円。お腹一杯胸一杯。
























と、その焼き肉弁当の似合う人。
チャンチャン。
1j4aidjf683ia.jpg

「Little Queen of Spades」〜Robert Johnson〜
posted by 成田翔一 at 14:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

snow

猛烈にウイスキーが飲みたくなって、酒屋へ走る。

今日はなんだかスコッチな気分さ。
カティーサークを買って、部屋で飲む。
もちろんオン・ザ・ロック・が一番ンマイ。

至福。

サッカー観戦。
日本、よくやった。

少し喉が痛い。また風邪か。職場が寒すぎるのだ。
お構いなしにトレーニング。
自分との闘い、継続中。

小学校低学年並みの文章、失礼。

こういう日も、ある。

写真はこないだのMAG-NETライブで、酔い潰れた友達のT君。
アホだよな〜。
※注 これ、ライブ中です。

「Save Me」〜Aretha Franklin〜

pwkgmilqyr9a.jpg


posted by 成田翔一 at 18:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

生きるに値する世の中か

全国に広がる「伊達直人現象」、凄いですよね。

こういう時には、普段忌み嫌いがちなマスコミの力もなんだか、使われ方次第なんだなって思ってしまいます。

青森県でも数件あったみたいだよね。
児童施設が主なのかな?
弘前では茶髪の20代の男女が寄付して立ち去ったり、(「茶髪の」ってくだりはいらんだろ。)
八戸の62歳男性は、「子供はこの国の宝」っていう手紙を同封して10万円を届けたんだって。

見返りを求めず、名前も明かさず、人の役に立とうとするってこと。
これ、凄いよね。

そして「子供はこの国の宝」。
その通りだよな〜。
ちょっとグっときた。

子供達のためにもさ、僕らみたいな世代が世の中より良くするために、はりきっていきたいです。
僕は寄付するほどの余裕がないので、音楽でそれをしたいと思います。
ギター教室でも開けないかな、ボランティアで。
政治家志望の幼馴染に相談してみよう。

なんだか久しぶりにニュースを見て心がホッコリした。
自分にできることを。
そう思わせてくれましたよ。

あ、でもさ、昼のワイドショーで偉い人が言ってたんだけど、
「流行でするのではなく、継続して寄付を続けてください。」
ってさ、それを求めてしまうのもどうなんだろ?って思ってしまった。
微妙な問題だよね。
いつも大切なのは、金額とか物とかじゃなくて、「心」のはずだよな〜。

「Camouflage」〜Third Eye Blind〜


posted by 成田翔一 at 14:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

老いて益々盛ん

Jリーグのキングカズこと三浦知良選手が、43歳にしてチームと複数年契約を結んだと。

彼のトレーニング量や、プロ意識ってのはチームでも随一らしい。
戦力としてはもちろんのこと、若手の手本になるという意味でも、チームフロントの決断は間違いのないものだと思う。

年齢や衰えゆく筋力・体力に抗いながら、まだまだ進化し続けるカズ選手。
カッコ良すぎるぜ。

creepsは今年で15周年。
自分的には3周年にして20代最後。
ドラムのコダシマさんは昨日で48歳。

くぅー、月日は確実に流れてるぜ。

しかし残念ながら我らがcreeps、老いて朽ち果てていくことは、ありません。
まだまだ若手バンドにも負けません。
失われていく年齢的な若さは、様々なものを犠牲にしつつも培ってきたミュージシャンとしての経験で、カバーです。

カズのようにまだまだ進化し、バリバリ現役でいきますので。
応援よろしくね。
今年はやったるぜ〜。ね、アキラさん。

「American Psycho」〜Eminem〜

posted by 成田翔一 at 18:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

僕の好きなこと

ライブ、楽しんでもらえたかな?

上手いとか、下手とかじゃなくて、ベテランとか若手とかでもなくて、
単にそこに、自然と体が動いてしまうような音楽があるかどうか。
それにつきると思いました。

やっぱりライブは楽しいな〜。

観に来てくれたお客さん、たくさんの友達、どうもありがとう。

いつもカッコイイ写真を撮ってくれる大澤アニキ、ありがとう。

そうだ、コダシマさん、誕生日おめでとう!

「My Favorite Things」〜John Coltrane〜

P1092624.JPG
posted by 成田翔一 at 12:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

Don't Think Twice,It's All Right

昨夜。
ライブに備えてのリハ。
夜中の2時まで。
諸々の機材を3Fのスタジオまで搬入し、セッティングし、3時間に及ぶリハ。
集中。
ただのベーシストとしてではなく、バンドの、サウンドの、音像全体を俯瞰で眺められるミュージシャンになりたい。
そんなことを意識しながら、メンバーが出す音の一音たりとも聴き逃さないようにした。

今年は色々な事にチャレンジするつもり。音楽的に。人間的に。
そうして僕らの音楽も一緒に磨かれて、育って、より素晴らしいものに変化していけばいい。
人としての成長や、人間関係と同じく、少しずつ変化しないものに、未来はないんだと思う。
変わらないために、変わる。
そんな年にしたいと思うよ、2011。

本日。
MAG-NETにてライブ。
そして週で一度のトレーニングオフ日。
久々にゆっくり眠って(といっても布団に入ったのは3時過ぎだけど)、のんびりとライブの準備して、おいしい朝食でも頂こう。
食卓に並ぶは、お吸い物、炒め物。炊きたての白ご飯。漬物。完璧である。
「ツウはお吸い物から頂くのであります」などとうそぶきながら、それを一口啜ると携帯が鳴る。
「今すぐ来てくれ。」職場からの呼び出し。

見事な朝食は一口啜られただけで御主人さまに投げ出されたのである。
嗚呼、可哀そうな朝食達よ。

しかし得てして人生とはこういうもの。
予期しないことが起こるから、面白い。
若かりし頃なら腹を立てていただろうけど、お世話になっている会社だ、
こういう時に役立てたのなら、ヨシとしよう。
頑張った分だけ、きっと後からいいこともあるさ。

さ、なんだか変なテンションのままだけど、今日はライブ。
ライブ。
ライブもまた、何が起こるかわからない。
その瞬間瞬間に出せる、最高の音をみんなに届けよう。

行ってきます!

「St.Jimmy」〜Green Day〜

acb9979d.jpg



posted by 成田翔一 at 12:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

Mind Jack

告知していた毎年恒例、MAG-NETでの新春ライブ。
いよいよ本日から始まります。

普段は生の音楽に触れるような機会が少ない人も、これだけ数がいれば、好みの音楽の一つや二つ、見つけられるかもしれません。
音楽ってのは、ガチャガチャウルサイだけのもんじゃなく、立派な「文化」なんです。

いい音楽を聴いて、少しだけ酔っぱらって、「今年も頑張るぞ」、とか「なんだか気分がいいな」って感じて帰ってもらえたら、嬉しいです。

では、MAG-NETでお会いしましょう。

1/08(土) Mag-Net新春LIVE 2011〜第一日〜

日之出インターチェンジ
LIBIDO
小山内創祐
kiki
JOYFULL
3$FINGER
cash number
KENKO-PIMAN
S.P.NPOWER(duo)
UPSIDE INNING
タクロン(風ペンギン)

1/09(日) Mag-Net新春LIVE 2011〜第二日〜

頭蓋骨陥没楽団
咲笑
Needle bath
SECOND LINE
THE LINGERIES
CREEPS
crafty
MACARBLE
YUTORI EDUCATION
GEEK
聞こえないふりをした
A9
e.b.i

1/10(月) Mag-Net新春LIVE2011〜第三日〜

ミサイルマン
DEVZ
DEAD STOCK
灰色少女
electric ground mother
In Doors
boule boule
FUGURI
advisory booth
essenstar
JOYFULL

全日 open13:30 start14:00
 17:00前後より Mag-Net制作新春MOVIE上映、お楽しみ抽選会あり。

前売り1000円 当日1300円
※ドリンクチャージとして別途500円申し受けます。
3日間通しチケット2000円 20枚限定で販売!!(Mag-Netのみで取り扱い)


「Rotary Ten」〜R.E.M〜

b67c2187.jpg
posted by 成田翔一 at 13:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする