2010年12月13日

ゲロで減った体重と、涙で流した悲しみ。

そういえば、我が家に体重計さんが、やってきた。

以前は毎日計っていたのだが、壊れてから数年は、自分の体重の細かい数値までは把握せずに生きていた。

少し前まで、フットサルをやってもトレーニングしても、「なんだか身体が重いな〜現役時代のキレが戻らないな〜」といった状態が続いていたのだが、
前日の腸炎騒ぎがあってから、嘘みたいに身体が軽い。
きっと数キロ落ちて(4kgくらい)、適正体重というやつになったのかもしれない。

件の病魔に襲われていた時分、まるっと二日間ほど食べなかったことですっかり胃が縮んでしまったのも、一回り小さくなった身体をキープできている要因の一つであるはず。
回復してからも、食事の量が、劇的に減った。

これはいい機会。
日頃のトレーニングを見てた神様からのギフトだと思うことに。腸炎は死ぬほどくるしいからもう二度とゴメンだけど。
この体形・体重をキープしない手はない。

とりあえず、今年の最初に公表した、身体を鍛えることに関しての目標はクリアだ。(体脂肪の数値なんかも含め)
間違いなく過去2〜3年で一番、身体が動いている。
年末。
飲む酒の量を考えれば、まさしく戦争だ。笑
油断禁物。

しかしこの一年。
あまりにもたくさんの事があり、あまりにもたくさんの涙は流れ、あまりにも残酷な変化もたくさんあった。
この一年の労を、仲間達でねぎらい合わないわけにはいかないのだ。
きっと俺は、読んで字の如く、ひっくり返るまで飲むだろう。
俺の一年、ゲロに始まり、ゲロに終わる。それで結構。

みんな、年末は飲むぜ〜。覚悟しとけよ〜。

「真(君の真未来に捧げるうた)」〜小谷美紗子〜



posted by 成田翔一 at 16:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。