2010年12月03日

日々を謳歌する歌

そういやぁ病床で悶え苦しんでるうちに12月になったんだね。
愕然としてしまうよね。時の流れには。

今年最後のひと月、これまたアッと言う間なんだろな。
やることとかやりたいことがたくさんありすぎて、あれこれ考えてるうちに一日が終わってたり。
実感としてそんな日もあるよ。

酒を飲む機会も増えるし、体調管理には気をつけながら、気を引き締めて過ごさなきゃだよね。

そういやさ、尊敬してるアーティストの先輩から、新しい音源が送られてきた。
高畠俊太郎さん。
この人のソングライティングにはまったく驚かされる。
俺の目指してる、「日常にそっと寄り添う音楽」をこの国で体現できてる、数少ないミュージシャンだと思うよ。
「当たり前と思いがちな日々を謳歌した歌」そんな感じがするな。
バッチリ身体に取り込ませていただきやす。
みなさんも是非、彼の新譜、手にとってみてください。
12/22発売です。

やっぱりいい音楽を生み出すためにはさ、たくさん音楽を聴かなきゃダメだと思うんだ。
昔、どっかの誰かがさ、
「俺は誰にも影響されたくないから他人の音楽は聴かないんだ」
なんて言ってたけどさ、それってどうなんだろね?
そういうアティテュードで、完全なオリジナルを生み出せるアーティストって世界中でも一握りなんだよ。
先人達が遺してくれたたくさんの素晴らしき音楽や、その他芸術作品から学ぼうとする気持ちがないアーティストに、俺は共感できない。
そんなん型破りでもなんでもなくて、ただの型無しだからな。

彼がまだ同じ考え方だったとして。
俺も、彼も、同じ街で互いにバンドやってるわけだしさ、そのうち音楽が答えを出してくれんだろ。

自分の信じた道を、行きまーす。

みなさん、腸炎には気をつけて!

〜伝えなかった本当の気持ちと
  どうしようもなかったこと
   雨上がりの空の虹 始まりと終わりと 

  窓にかかったTシャツと
   透明なシャンパンの泡 
    初めて君と出会った日の奇跡が ほら〜

泣ける〜。
 
「pieces」〜高畠俊太郎〜





posted by 成田翔一 at 15:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。