2010年10月31日

無知の鞭

自分が成長することや、変化していくこと。
それには外的な力ってのが必要。
普段見られない景色を見ること。普段関わらない人間の意見に耳を傾けること。
知らなかったことを知ろうとすること、見えないものを見ようと努力すること。
自分の頭の中だけでの成長なんて、きっとタカが知れてる。

なんだかふとそんなことを思って、もっともっと、自分の外側で起きている事に、興味を持ってみようと思った。
ふと。
だからここ最近、手始めに新聞をいつも以上にちゃんと読んでみている。
その他にも、今までは見向きもしなかったものに興味を持てればと思ってる。
色んな物事や、世の中の流れみたいなものがあってはじめて、形成される思考とか思想みたいなのも、あるよな。

自分を持つ、ってこと。
そんなに簡単なことじゃないよね。
外側に意識を傾けながらも、言ったことややってきたこと、自分の信じてきたものに、嘘のない人間でありたい。

なんてほんとにふと、思っただけ。

そういやKyle君、29歳の誕生日だったんです。
セクシーなパンツをプレゼントしました。
昨日はハロウィンパーティでなにやらおかしい格好をしてたよ。笑

「涙がこぼれそう」〜The Birthday〜
2jy99jo9eecy.jpg






posted by 成田翔一 at 13:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

所感

昨夜。
企てていた企画バンドでスタジオへ。
楽しむこと。これを念頭に置いて、演奏する。
ウマイとか、ヘタとか、その少し手前にある、シンプルな「楽しむ」って気持ち。
これを大切にしようと思ってる。
ドラマーは俺が前にやってたバンド、HONEY FUZZのドラマー、カズヤ。

HONEY FUZZ。懐かしい。
あまり語りたくないけど、少し。
俺が20歳そこそこから5年間くらいやってたバンド。
そのバンド、みんなまだ若かったし、色々とあった。
メンバーどうしよくぶつかりあったし、リハ中にカズヤを泣かせるなんてのも当たり前だった。
とにかくサウンドに対しての妥協が、なかった。
けどその分自信もあって、今思うと青いなーって思うけど、お客さんに対して、
「お前らこれでも食らえ。これ聞いてどうにかなっちまえ、」って気持ちでライブしてた。
正直振り返りたくない思い出もたくさんあって、今でも気持ちに整理がついていないことも多いんだけど、
いつか話せる時が来たら、話そう。
ま、でも今さら興味ある人なんて、絶対いないな。笑

でもさ、同じメンバーで、週6日間とかスタジオに入ってリハしてたわけで、その時期に培われたミュージシャンとしての諸々は、間違いなく今に、繋がっている。
そんで、現在。
昔みたいにやろうとは思わないし、やれないだろう。
けど逆に、今しかできないことってのも確実に、ある。
またこうやって巡りあったのも、何かの縁。

楽しんで演奏することで、何かを解き放てるような音楽であり、バンドにできたら。
まぁ、そんな堅苦しくなく、自分たちが楽しもうってスタンスさ。
カズヤも、ギターのユウキも、ボーカルのKyleも、それぞれのいいポイントがある。
それを活かして、踊れる曲、演奏するぜ。

そうだ、リハ後、後輩が出てるイベントに顔を出す。
本来ならジャンル違い。
けどやっぱ、一生懸命に何かを伝えようとしている人ってのは、何かを発しているもんだ。
俺はちゃんと、キャッチしたぜ。
ダンスにMCにタトゥー。
凄い刺激になったし、今、自分の中で育ってる大切な楽曲の肥やしになるだろうな。
ありがとう。

さ、今日も歯ぁ食いしばって、生きる。


「You Don't Love Me」〜The Allman Brothers Band〜
o0800060010829540383.jpg




posted by 成田翔一 at 14:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

活きる

昨夜は久しぶりに飲みに出た。

アウェーへ。
アウェーだけど、ホーム。
常連で賑わう暖かいお店。
店主の愛のこもった料理を食べて、ウマイ酒を飲んだ。

弟みたいな奴と飲む。語る。語る。
様々なことを、確認しあう。
飲む。飲む。語る、飲む、飲む。

よって記憶は、店を出た瞬間にブラックアウト。
俺の一日は、店の外で強制終了。
外で眠っていなくて良かったです。

激しい喉の渇きで目覚める。
心も少し乾いてるけど、今日も生きなきゃいけない。

なんとか今日も頑張ろう。
立ち寄ったコンビニ、店員の笑顔・接客に心がこもっていて、なんだか嬉しくなってさ。

頑張ろう、そう思えた。


俺は必死に、生きてる。

「I'm Free」〜The Rolling Stones〜

posted by 成田翔一 at 13:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

約束

こんばんは。
冷えてるねー。なんだか喉が痛い。
今日、パソコンの環境を一新して、今までかかって色々と作業してたから、更新が遅くなっちゃった。
毎日毎日覗いてくれている人達、どうもありがとう。

俺にできるのは、みんなに心のこもった音楽を届けることと、こんなどうしようもない日記の更新を継続することくらい。
でもそれって自分の中での約束だから、極力守っていくよ。

みなさんも自分と交わした約束ってありますか?

静かな日々だけど、少しでも物事を良くしていくために、色々と考えてる。
以前から言っていたことの一つが、近々、叶えられそうなんだ。小さなことだけど。
詳しくは実行できてから書くとして、これで俺ももうちょっとばかし、ミュージシャンらしい活動ができる。

芸術に終わりはないぜ。
若いころは若いころなりのやり方で。
今は、今のやり方で。
頭の中で鳴っている音楽を、導き出したくてうずうずしてる。
「音楽をうみださなくてもいいや」ってなった時が、ミュージシャンとしての終わりだよな。

今しか書けない気持ちが、ある。
どうしても今、書きたい曲が、あるんだ。
しつこいかもしれないけど、言わせてくれ。
それは、「変化」についての曲。
痛みの伴わない変化はない。
けど変化の、その先には、必ず過去を笑い飛ばせるような、力強い未来がある。
そう信じること。暗闇からしか見えない光を、信じること。
そんな曲。

それを俺が説得力を持って伝えるためには、
毎日を、一生懸命に生きること。
それが最低ライン。
心から笑って、泣いて、怒って、

なんだか何が言いたいのかわからなくなってきた。
頭の中が、ゴチャゴチャしてるんだよ、今までにないくらい。
伝えたいメッセージが暴れだしそうだ。

必死に生きて、素晴らしいものを残して、そんで笑って死にたい。
そんなとこか。
シンプルだけど、それがMy life。

とりあえず、明日の新バンドリハ、楽しみだ。
みんな、楽しんでやろうな。

「Slide」〜Goo Goo Dolls〜


posted by 成田翔一 at 19:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

I haven't treat you like you want

雪が降ってきた!

アキラさん、冬の匂い、ってありますよねーー。
絶対あるよ。俺もちょうど昨日、思ったもんな。(彼のブログ参照)

夜はきっと冷え込みます。
寝袋とヤキソバンのコスプレを間違って寝て、風邪などひかぬよう、ご注意ください。

三ヶ月間の沈黙中であるcreeps。
目を離していた隙に少しでも成長できるよう、色々と考えておりましたが、今週末から新バンド(そんな大それたものじゃぁないですが)始動です。
ギターボーカルはアメリカ人のKyle君。
彼の歌声、いいです。
この辺ではちょっと見られない面白いこともできそうなので、まずは楽しんで、いい音を出せればと思っております。
ま、バンド名もなんもないんですが。
そのうちステージに立てたらなーと企んでおります。
ドラムは俺が前やってたバンドで一緒だったカズヤ。
久しぶりだなー。アイツともなかなかいいコンビだと思うんだよなーー。

ライブが決まっても、告知しないと思うけど。
やるとしたらこっそりやるからさ、興味のある方は、弘前で頑張っているそれぞれのライブハウスの、ライブ情報から目を離さないようにしてください!
バンド名くらいは、決まったら教えるね。
ま、とりあえずスタジオ入って遊ぶぞーー!

PS.
ビバ、宇多田ひかる。
けどきっと賛否両論だろね。
「絶対的な正しさ」なんて、存在しないんだ。
信念を貫いてくれ!

「Don't I Hold You」〜Wheat〜

posted by 成田翔一 at 15:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

ロビンズ・ネスト

久々に、死んだ仲間に会いに行って来た。
線香をあげて、ゆっくり心で対話した。

奴の匂いが染み付いたシャツを一枚、持ってきた。

そういや奴は不器用な奴だった。

同じく俺らもみんな不器用だから、ウマク言葉にできないこともある。

けどそんな時のために、音楽とか、文学とか、芸術がある。
今の時代に、政治よりも経済よりも大切にされなきゃいけないのは、そういった文化だと思う。

創作中の楽曲、それは前にも言ったように「変化」についての曲。

物事がやってくるタイミングに偶然はない。
なるべくして、なるし、やってくるべくして、やってくる。

全ての物事に感謝をしながら、作る。

「She Spider」〜Mew〜
posted by 成田翔一 at 13:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

ポン・マコ・ヒロミ

おはようございます。

今日も、早朝ゴミ拾い、やりました!
雪が降るまで頑張ります。

やると言ったこと、やったります。

写真_1~1.JPG

「All Along The Watchtower」〜Dave Matthews Band〜
posted by 成田翔一 at 11:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

Guding Light

曲作りに関して。

今だにトンネルから抜け出せずインプットに集中。
普段は聴かないような音楽から刺激を受けるも良し。

できる時は、驚くくらいスラスラとできる。
できない時は、それはもう、完全にできない。

自分スゲー、天才、って思ったり。
ウワー、才能ね〜な、凡才って思ったり。

けど最後は信じたモン勝ちか。
やったる〜。

詞が先とか、曲が先とか。
今回は実はタイトルからできてる。
タイトルが漠然と頭の中にあって、そこから広がる情景を音にしたいんだけど、
まだかかるな〜。
けど素晴らしいものになるっていう、根拠のない自信だけが、確実に、ある。

そのタイトル、Guiding Lightっての。
導く光。
「暗闇からしか見えない光」ってのが確かにあって、
苦しい時もそれに向かって歩いて、進化して、時には退化して、そうやって人は変化し続けるっていうイメージ。

ん〜、苦しい。



今日はKyleのipodから。
「Gettin' By」〜Jerry Jeff Walker〜
posted by 成田翔一 at 13:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

差し歯でGO

なんだかボーッとしてしまって、イマイチ活力もわかない日。
やっと歯の治療が完了するも、なんだかまだしっくりこない前歯。
冴えない顔してんだろな〜、こういう時って。

こういう日もあるのね。

努力してるんだけども、思い通りにいかない事が多い。
けどそれが人生か。

出来ることを、コツコツと、続けます。

自分で諦めてしまわないうち、道が終わることはないだろう。

今日はゆっくり音楽でも聴いていようか。

「TALI」〜吉井和哉〜
posted by 成田翔一 at 14:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

秋から冬へ

急に寒いっす。

職場の暖房がまだ準備できていないので、マフラーグルグル巻きで対処してる。
手足が冷える。
なかなか作曲作業がはかどらないんだけど、頭の中はそのことでいっぱい。

偉大なる先輩方の楽曲を一から聴きなおし、刺激をもらったりしてる。
恐るべし、先輩方のその才能。その言葉選び。

才能、それは、自分の力を、可能性を信じられるということ。
そして継続。

「Old Man Trouble」〜Otis Redding〜
posted by 成田翔一 at 17:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

evaporated

引き続き頭の中で鳴っている曲のイメージを膨らませる。
煮詰まったら詩を読んだり、聴いたことのない曲を聴いて、進んで外部からの影響を受けてみる。
インプット&アウトプット。
トライ&エラー。


今日は詩を考えてみてる。
過去にないくらい闘っていて、一行を生み出すのに何時間もかかったりもする。
しかもそれは採用されるとは限らない。途方もない。
けど、なんだか楽しい。
目を閉じると情景が広がるような詩世界じゃなきゃ、いやだ。
クリエイティブな時間。
どれだけ時間をかけても必ず、完成させる。

まだまだ、まだまだ。
きっといい曲になる。

「evaporated」〜Ben Folds Five〜
posted by 成田翔一 at 16:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

新曲作り

久々に頭がクリエイティブなモードに突入。
曲を書く。
今回はギターのコードから。
それにマッチするドラムのパターンやオブリのギターも同時に鳴り響く。
作曲していて手ごたえを感じる時は大体これらの音が一気に頭の中で鳴る。
いい流れ。不思議とベースラインって、一番最後なんだよなー。
自分の楽器なのに、不思議。
これがある種の客観性をもたらしてくれればいいんだけど。

シンプルで、6つのコードをひたすら繰り返すだけの曲。
6つのコードを通して、ずっと鳴り続ける開放弦の音が、2本ある。
変わり続けるコードの中で、変わらない音。
なんだか漠然と、日々の情景とリンクしてくる。
繰り返しのような毎日の中で、少しずつ変わっていくものと、決して変わらないもの。
そんなイメージが湧いてきた。
静かだけど、力強い、「変化」についての曲になると思う。
大事に仕上げよう。

今のところ、バンドにアイディアとして持ち込んでまだ形になっていないものが3〜4曲。
今回の物も含めて、少しずつ、形にしていければ。

数曲前から、頭の中では、今まで扱ったことのない楽器の音が鳴り響くことが多くなった。
マンドリン・バンジョー・ラップスチール。
どれも持っていないし、弾いたこともない。
けど、俺の好きな楽曲に入っていることの多いこれらの楽器。
なんかのタイミングで手にする時が来るかな。
その前に、頭のイメージをメンバーに伝えるためにも、録音する手段を考えなければなー。
俺の後輩の某NがわTかさ君。そろそろデモ録り、してみないかい?互いのためにも。
あと、上記の楽器、「持ってるけど、使ってないー」って人、いないっすか?
触るだけでも触ってみたいなー。

成田、バンドをやり始めてから10年近く経つけど、作詞作曲を手がけるようになったのは、creepsに加入してから。
まだまだ模索の状態だけど、ここ最近は、情景が思い浮かんでそれを具現化させるために音を選ぶ、みたいな事が少しずつ、できるようになってきた。
まだまだだけどね。
もっと個性とか、自分のスタイルみたいなものを確立していければね。

早くみんなに聴いて欲しいな〜。

「go do」〜jonsi〜
posted by 成田翔一 at 12:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

現在地

秋晴れ。
そろそろ北国・弘前は、冬と呼べる季節に移り変わり始めます。
日が落ちている時間の気温が相当下がってきています。
みなさんお体には十分にお気をつけて。

いつもいつもたくさんの人が、この稚拙なウェブログを覗きに来てくれています。
応援メールなんかも結構頂くのですが、こちらが励まされることの方が多いです。
みなさんいつも本当にありがとう!

人の数だけ人生の形があり、色がある。
みんながみんな、確信を持って「今」を歩いているわけではないだろうから、
時に足下を確認してみることや、少しだけ、後ろを振り返ってみることも大切なんじゃないかって思います。
置いてきたもの、捨ててきたもの、失ってしまったもの。
手にしたもの、ずっと守ってきたもの、失いたくないもの。
こないだも書いたけど、主観だけで生きてればロクなことがないから、
時に時間と距離をおいて、俯瞰で物事を見てみようと努めることも、必要なんだと思います。

例えばそんな時、自分は本を読んだり、偉大な人物の言葉と出会ったり、します。
視点を変えることや、新たな発見の近道になることも多々。

昨日たまたま見つけた某テレビ番組の特集。
サッカー日本代表前監督の岡田さんのインタビュー。
75分に及ぶものを一気に、それこそ食い入るように見てしまいました。

思うことや得たものは数多くありましたが、一番印象的だったのは、インタビューの最後のまとめ。
「どれだけベストを尽くしても、やれることをやっても、サッカーは相手のあるスポーツ。
  結果は神のみぞ知る。」
みたいな言葉。
まとめが、これですからね。
あそこまでの偉業を成し遂げた人が言うんだ、きっとそうなんだろうな。

結果はどうあれ、これからがどう変わっていくのであれ、
自分らしく、自分のベストを尽くすこと。

結局の所、これに尽きるんだろうなー。

出来ることと、出来ないこと。
やるべきことと、そうでないこと。
そこだけはしっかりと考えて、生きていきたいもんだなー。

なんだか秋って、いつもこういう事をふと、思ってしまうよね。

そう、今日もKyleは一生懸命に日本語を勉強してる。
今日はひらがなの書き取り。
覚え、はえーー。

「オートバイ」〜真島昌利〜
posted by 成田翔一 at 13:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

追憶の秋

夜中にふと目が覚めてトイレへ。
開いていた窓から漂ってきた外の匂い、秋の匂い、夜露の匂い。
過去の色んな光景がスクロール。

スポーツの秋、芸術の秋、食欲の秋。
そして追憶の秋。
とにかくこの季節が好きでたまらない。
あふれるセンチメンタリズム。


そうそう。
お友達のTori、無事にフットサルチームへ参加し、練習もこなした。
経験者だけあって、かなり動けるね。これからが楽しみ。
チームメイトのみんなのサポートもあり、Toriも楽しそうだった。
みんなありがとうーー!
これからは、チーム全体としても、意識改革が必要だね。
制度改革も。
そんな話を、酒飲みのキャプテンと、した。


さて。
職場の隣にはアメリカ人。
その嫁さんがフットサルチーム。
彼らのもとに集まる各国からの外国人。
なんだか毎日、どこの国にいるかわからないような奇妙な感覚に襲われる。

英語と日本語が頭の中でグルグル。
日本人の友達に、「Yeah」とか「Ah ha」とか、言ってしまうことも。
僕は彼らにたくさんのスラングを教えてもらいつつ、日本語を色々エロエロと、教えています。
Kyle君、互いに楽しく、言葉を勉強しましょうね。



〜日本語教師・成田の今日の一言〜

「お前が欲しい」(I want you)

Kyle君は早速、奥さんに使ってみるそうです。笑


posted by 成田翔一 at 17:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

日々と、芸術。

芸術の秋。

素晴らしい音楽や文学や映画などに触れる度、感動と共に覚える感情は、
ちょっとした悔しさや、妬みだったりもする。
比べるのがおこがましいのは重々承知。

俺の好きな作品ってのは、自分が書いたわけじゃないのに、上から自分を眺めているような気分にさせてくれる作品。
物語が感じられる作品。
余分な説明のされすぎない、限定されすぎない、物語。
主観のようで、客観。
そういう優れた作品に触れられた時に初めて、自分を少しだけ客観的に見ることができるのかもしれない。

俺らにとってのいい音楽ってのも主観と客観の繰り返しの中から生まれる。
自分達の音楽や活動と少し距離をおいて、客観的に、俯瞰で眺めてみるのも悪くないかもしれない。

そのための三ヶ月か。
なるほど。

草木の生長に気付きたいのなら、少しだけ、目を離せばいい。
ってのはどっかの作家の言葉っだったっけ。


主人公が自分でいて、あなたでいて、みんな。
そんな音楽が奏でられたら、素敵だと思う。

まだまだ勉強が足りんな〜。

「静かな生活」〜ヒートウェイブ〜
posted by 成田翔一 at 14:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

そこから旅立つことは

みなさんおっぱっぴーー。

いや〜、昨夜は飲んだ。
久々にグルングルンに酔った。
記憶レス、アゲイン。
怖いね、気をつけよう。

そうだ、コンスタントにランニングを続けてる。
一時はひどかった偏頭痛も今の時期は影をひそめているし、
一度習慣にしてしまうと、走らなきゃ不安になる。
なかなか楽しい、ランニング。

今日は待ちに待ったサッカー日本代表チーム、アジアの頂点を決める日韓戦。
のはずが、フジテレビ。
弘前はフジテレビが観られない。
やり場のない怒り。ワナワナ。
よし、今日も悔しさを汗で流そう。
ザッケローニ監督、いつ呼ばれてもいいように、しっかり体を作っておきますよ!

「アフリカの月」〜RIKUO〜
posted by 成田翔一 at 13:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

My light your song

昨夜は竹内晃のソロライブを観にAsylumへ。

相変わらず不器用でまっすぐで、さらに最近は深みが増してきたような気がする。
久しぶりに彼のソロを観て、やっぱり元々俺は彼の唄のファンなんだなぁって再確認した。
心に、まっすぐに届いてくる唄声だった。

あきらさん、お疲れさま〜。

今日はトレーニング後、フットサルチームの面々で飲む。

飲むぞ〜!!

「I won't go home without you」〜Maroon 5〜
posted by 成田翔一 at 18:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

Ocean pacific peace

今日は久々の現場仕事。
某大学の学園祭の機材・音響。

アマバン数組の後は、プロのお笑いステージ。
あどばるーん、マシンガンズ、小島よしお。

初めて生でお笑いを観た。
しかも仕事だからステージ袖で観た。

何より驚いたのはテレビでは気付かない、声の大きさ。
そして本番前のピリピリしたムードも、真剣な眼差しも、テレビには映らない。

ジャンルは違えど、プロはプロ。
ステージに上がって誰かに幸せを分ける仕事。
いや〜、いい刺激になった。

八戸出身だというアドバルーンのお二人、同い年だし、正直一番面白かったな〜。
応援しよ。

生のオッパッピーも、観れて良かった〜。

「Never snuff the lights」〜GHEEE〜
posted by 成田翔一 at 16:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

お金より見た目より車より

昨夜。

しっかりとロードに出てランニングした後は、おいしいビールを飲みながらサッカー観戦。
日本代表がアルゼンチンに勝つ大金星!
これからが楽しみになりましたね、応援してるぜ、ザッケローニ監督。

ちょっとウイスキーさんを飲みすぎて就寝までの30分間くらいの記憶がないのはご愛嬌。

そして明日は恒例ゴミ拾い。
早朝6時に百石町はキャッスルホテル向かい、MUSIKそしてETERNAL CREST前集合です。
天気予報によると雨の可能性もあるようなので、その時は中止にします。
参加自由なので、ヤル気のある方はいらしてみてください。

んでもって竹内のソロライブat asylum。
こちらも是非。

そうだ!今日はJOHN LENNONの誕生日だ!
毎年言ってるかもしれないけど、アナタがいなければきっと俺は音楽をやってないだろな。
感謝!おめでとう!

「いい女」〜ウルフルズ〜
posted by 成田翔一 at 11:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

international town

昨夜はフットサルのリーグ戦。
調子はいまいち上がらないけど、チームメイトとボールを追いかけるのは単純に楽しい。

そうそう、俺が所属するチームにアメリカ人の友達が入ることになった。
(とりあえず体験から。ウチのチームは練習が本当にハードだからね。)

その子はアメリカで女子サッカーチームに属してて、そのチームには女子サッカーアメリカ代表選手もいるほど本格的。
日本語を全くといっていいほど喋れない彼女が、スポーツを通じて、知らない街の知らない人達と交流を持つ。
素敵なことだ。

積極的に輪を広げようとする彼女に敬意を表して、俺がチームと彼女の間に入ってうまく橋渡しできたらいいと思ってる。

生半可な気持ちじゃウチのチームじゃやっていけないぜ〜!
来週から、楽しみにしてるよTori!
よろしく!

「Knock On Wood」〜David Bowie〜

写真_1~1.JPG
posted by 成田翔一 at 16:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする