2010年07月29日

2010年、夏、青森。

休日。
ここ2週間、週1の休日には親戚のオッチャンの手伝いで肉体労働をしてたから、もう3週間ぶりの休みだ。
何しよう?

ちぃと疲れが溜まってたようで、いつものようにウマク起きれなかった。
んで家事をする元気もなく、とりあえず惰性でいつもの坦々麺を食べに行く。
今日もおいしい。幸せな気持ち。

帰っても依然何もする気になれずにいると、兄貴分からの電話。
飯でも食いに行こう。夕方に出発。
仲間を数人呼び集め、海のある街、青森まで。
休肝日の俺が運転手、みんなはおいしそうにビールを飲んでる。
さすがの俺でも「飲みたい」って思えないくらい酒にはウンザリしてる。
珍しい。

おいしいカレー屋さんと中華料理屋さんをハシゴ。
満腹だよ。
そんで海へ。
潮風にあたりながらしばし夜の闇に広がる海を眺める。
こんな、なんってことない光景を、俺はきっと一生覚えてるんだろうな。
んできっと時々思い出す。

穏やかな波音、湿気を含んだ心地良い夜風、おいしいご飯、大好きな友達。
もうこれ以上何もいらない。
大変な世の中で人生だけど、本当に恵まれていて、幸せだと思う。
幸せってのは、なるとかなりたいとかいうものではなくて、感じとるもの、今、傍にあるものに感謝の気持ちを持てるってこと。

弘前へ戻り、某公園での宴は深夜に及ぶ。

こんな話をした。

ぼやけた遠い未来ばかりを見ていると、きっと足下が不安定になる。進むべき道を見失う時もある。
それならば。
それがたとえば不器用で、誰かと比べて見劣りするものであっても、今立っている今日、そして確実な明日への一歩一歩を着実に進もうと。
そんな話をした。

なんでもないこんな1日を、きっと時々、思い出すんだろ〜な〜。

その日暮らしもね、生きてさえいりゃ、なかなかいいもんだぜ。

Life goes onだよ、本当に。


posted by 成田翔一 at 13:51| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。