2010年07月23日

No-One But You

奴が星になってから早二週間が経ち、僕らの心に深い傷が出来たこと以外は、いつも通りに世界は動き始めた。

もちろん僕らも、立ち止まっているわけにはいかないことくらい知ってるから、みんなまたそれぞれの毎日を新しく始めているよ。
すっかりやつれてゲッソリの奴、ヤケ食いして逆に太った奴。
ずっと音沙汰もなくて、今回久しぶりに再会した奴。
それぞれ。

creepsももちろん、creepsなりの日常を受け入れた。
ライブ。
ミュージシャンとして、この想いを唄にせず、いつ唄にする?
奴のために曲を書き、奴に届くように、一生懸命に演奏した。
届いたか?



〜紫の雨〜

降る 悲しい雨
もう 戻らない
けど 終わらない
まだ 終わらない

星 星になる
もし もう一度
また もう一度
今 帰れたら
なに できるかな


枯れ果てた心に
雨 冷たい雨
夏の始まりに
雨 涙の雨


いつ あきらめて
どこ 見ていたの
でも 続いてく
ほら 流れてく

未来 続く未来
いない 君はいない
ただ 悲しくて
でも 止まらない
また 会えるから


君のいない明日は
夢 夢のよう
夏の始まりに
雨 優しい雨


肌寒い7月の朝
降る 紫の雨
星になった7日目の夜に
降る 紫の涙


posted by 成田翔一 at 12:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。