2010年07月17日

絶望の夏

ずっと考えてた。
答えの用意されていない問いなのはわかっていながら、でも、ずっと考えてる。


大切な仲間が死んだ。
自ら、死を選んだ。


奴が与えてくれたもの、
教えてくれたこと、
僕達から奪い去ったもの、遺していったもの。

奴がみた景色、
奴とみた景色、
奴と過ごした時間、
奴がいないこれから。

答えのない問いかけに戸惑いながら、フラフラユラユラとこれからも自分の人生を生きる。

それがきっと何処かに繋がってる。

初めての感情に、なんて名前をつけていいかもわからないけど、悔しくて眠れぬ夜を生きている。
心が深く、えぐられたみたいだ。
お前を囲む夜。飲んでも飲んでも、酔わねぇよ。

いつもこの日記を読んで、一緒に一喜一憂してくれたお前。
ちゃんと読んでるか?
もう苦しいこと、ないだろ?

まだまだ今はお前を許せそうにもないけど、けど、大好きで、これからもずっと仲間だ。

俺らはお前の諦めた道を、変わらず歩く。
たまにはお前のために酒も飲む。
お前の遺していった答えのない問いかけと生きていく。
だから今はゆっくり休んで、遠い未来にまた会おうな。



creeps、19日(月)はライブ。
俺らの時間は止まらずに進む。
自分達の音楽を演奏することでそれを確かめなければ。
いつまでも止まっていられない。

お疲れさん、ありがとう、またいつか。
これからもずっと、一緒だぜ。


posted by 成田翔一 at 11:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。