2010年06月06日

短い恋2010

土曜の夜もスタジオリハ。
アキラさんの体調が悪そうだ。大丈夫かな?
疲れが溜まってるんだろうから、たまには心の膿を出してください。

バンドで音を出す。
不器用だけど、不恰好だけど、きっとそれでいいんだと思う。
楽器、たとえば自分にとってのベース。
それは目には見えないもの、目を閉じて初めて見えてくる種類のものを具現化するものであって、決して小手先のテクニックで飼いならすものじゃ、ない。
楽曲、それは自分のどうしようもない日常の延長線上にあって、それを俯瞰でなるべく客観的に表現するもの。
簡単なことじゃないけど、他の誰かに表現できるものなら、自分たちがやる必要が、ない。
大切なもの、それは、自分にしか、自分たちにしか鳴らせない音。
そんなことを思いながら、心を込めて演奏しました。
来週のライブが楽しみです。

それから。

思い立って友達数人と星を見に、山へ行った。
街を出たのは深夜0時。
雲一つない快晴。星が、近い。流れ星を4つも見た。
願い事は・・・もちろん星の速さについていけず。
そういや同じ場所で同じように地べたに寝そべって星を見ていた事があった。
あれはきっと10年前。
その時の一人一人の顔と、それぞれの10年っていう時間と、変わってしまったものと、決して変わらないもののことを思った。
あの時はあの時で、
「なんだか青春だな」と思ったけれど、今も全然何一つ変わっていなかった。過ぎた時間や捨ててしまったものってのは決して返って来ないけど、結局のところ、気の持ち様さ。
ウマイ空気とキレイな景色と瞬く星と儚い時間に癒され、下山。
これも明日への活力。

ベタだけど、たまにやっぱり山とか海とか。これ大事。

さ、今日も張り切っていくよ〜。

「From Me To You」〜The Beatles〜


posted by 成田翔一 at 13:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。