2010年04月29日

walk on the ドヤサイド

昨日。
疲れは程よく癒されたはずが、夜分に突然の発熱。
悪寒、激しい頭痛。

イベントの前後で気が張っていたんだと思う。
これでイベント後の被害者、三人目。
竹内、古明地兄貴、俺。

フットサルのチームメイトがわざわざ作って来てくれたオニギリと、オヤジが買ってきてくれた激辛チゲ鍋と、いきつけの居酒屋のママからもらった解熱剤。
こういう時ほど、周りの人達に支えられて生きていることを実感。

部屋の暖房を全開にして、厚着をして、ポカリスウェットをカブ飲みして、一晩で熱は下げる。

夜中、朦朧とする意識の中、眠れずになぜか明日のジョーをむさぼる様に、読む。

俺は今、ドヤ街サイド。ワイルドサイド。
けどいつかきっと、泪橋を逆に渡る日は、来る。

節々がまだ痛い。完治はまだだがいつまでも寝ていられない。

立て、立つんだ、ショウ。

「街」〜くるり〜


posted by 成田翔一 at 12:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。