2010年03月31日

前にも書いたような気もするけど、二十歳そこそこの時分、「春」ってのが大嫌いだった。なぜだか。
新天地、新生活、入学、就職。
ブカブカの学生服、糊のきいたスーツ。
自分の学生時代の苦い記憶も相まって、あの、街に漂い始める希望に満ち溢れた雰囲気がどうも苦手だった。
若かった。どうも物事に否定的な年頃だった。
アーティストを気取っていたのか、周りを寄せ付けず、辛い言葉を吐き続けた。
誰かとぶつかり合うこと。今だってたまにあるけど、その時期には少なく見積もっても、今の倍はあった。

大げさに言うときっと昔は、「自分は春が嫌い」→「春が好きな人は敵」くらいの勢いはあった。
けど、色んな人がいて、その数だけ考え方や生き方があって。
誰かを悪く言ったり、否定したりすることってのは巡り巡って全部自分に還ってくるのを知らなかったんだ。

時は流れて。
歳を重ねるってのは悪くないもんで、今じゃすっかりそんなこともなくなった。
理由は知らぬが今は春も大好き。特に、暖かくなり始めの時期、夕方から、日が落ちる時の空気の匂いがたまらなく愛おしい。
そして物事に対してハナから否定的であることも、なくなった。
「受け流す」ことそして「許す」ことを覚えた。
世の中色んな人がいる。
「なんでも受け入れてしまうこと」それは時に「自分を持たないこと」と同義かもしれないけど、少なくとも「初めから答えを準備しない」ことができるようになった。

そういや、俺のいとこが警察学校を主席で卒業、晴れて警察官になった。昨日のニュースでインタビューなんてされちゃってさ。
思い返してみるとこないだジイちゃんの法事で会ったとき、なんだか顔つきが変わってたもんな。
警察官って名に恥じないような立派な人物になってください。
あ、あと、君のいとこ、こんなんでスミマセン。
同じ血が流れてるはずだよな・・・
俺も俺のやり方で、頑張ります。

春か。春だよな!
それぞれ新しいスタートの季節なのかもしれない。
今はそう、思える。
3月の最後の日ってのはなんだか冬の終わりを意味する気がする。
明日から春。新しいなにかを始めてみるのもいいかもね。
そう思うと、ゴチャゴチャしたことを一度どこかに置いておいて、新しい自分を始めるにはもってこいな気がするね。
歳とか関係なく、いつでも人は生まれ変われると思うよ。

変わり栄えのない毎日だとして、それを変えられるのも、自分だけ。

明日からまた頑張るよ、ヨロシク!

「Baby Strange」〜T.Rex〜


posted by 成田翔一 at 13:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。