2009年12月21日

冬景色の音景色

極寒。大雪。
現在6℃の職場でカタカタ震えながらキーボードを打ちつつ、
「カンテラ」を聴きなおしてみる。

手前味噌になっちゃうけど、これはなかなか冬景色の似合う音楽かも知れない。
北国生まれでない人から頻繁に言われるのだ。北国の音楽だねと。
自分達にとっては当たり前の音風景。自覚したことがないんだけど。
職場はガラス張りで外を眺めることができて、そんな話を思い出しながら聴いていると、まぁなんだかそんな気もしてきた。
不器用で荒削りではあるけれど、確かに、自分達の音。

今の時期にリリースできて良かった。
厳しい冬は始まったばっかりだけど、それぞれの人達のそれぞれの生活に、心に、そっと灯されたカンテラの灯のように優しく暖かく、僕達の音楽が響いてくれればそんなに嬉しいことはありません。

明後日、ようやく発売です。
お近くのCDショップもしくはAmazon、タワーレコードやHMVなど、インターネットショッピングにてもお買い求めいただけます。
弘前ではCDショップ以外でも自分達と関わりの深いいくつかの場所に置かせてもらいます。
アサイラムはもちろん、The STABLES、楽器の店ムジーク、居酒屋青山、SPORTS BAR 7 NANAなどなど。

あ、そうそう、地方紙陸奥新報に明日22日、creesの記事が載るようです。

今日の一曲
「honey」〜creeps〜








posted by 成田翔一 at 14:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。