2009年11月19日

何が大切か

新聞を読んでいると最近よく見かけるのは、就職難だとか、不況だとか。フリーター増加の恐れだとか。

フリーターが増えると若者の職業能力の低下そして経済成長の妨げになるとか。

そうなんでしょうね。きっと。

色んな意見はあるんでしょうが。
でもどうでしょ、そんなに急ぐことないんじゃないでしょうか?周りが急かして無理な就職を煽ると逆効果な気はしません?経済成長ったって効率は下がるでしょ。仕事に対してやる気や愛がなきゃ。
もともとやる気がない→言われたこと以上ができない→職業能力が低いとみなされる。→自分も経済も成長しない。


職業能力ったって人にはそれぞれ得意不得意や向き不向きがある。
んでもってきっとその人にしかできないこと、ってのも、確実にある。
それを探し求めての、前向きなフリー期間なら悪くないような気はしますが。
長い助走をとらなきゃ飛べない人だっているんです。

そんなに世の中甘くない!!って一喝されそうですね。
んでも、別に世の中ナメてるわけじゃないんです。
言うまでもなく家族を守るため堅実に働いている人を僕は、尊敬します。
ただただ、みんながみんなそれを強いられるのにはちぃと違和感を感じるだけで。

周りに何を言われても自分で選んだ道を貫くまっすぐさ、っていうのは今の世の中最も大事な気がするんだよな〜。
それがどんな道であれ。
きれいごとなのかなぁ。答えはわからない。

経済成長云々の前に成長が必要なのは失われた「心」じゃないっすかね。「愛」じゃないっすかね。

今日の一曲
「So Alive」〜Ryan Adams〜






posted by 成田翔一 at 14:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。