2009年11月01日

おかえり兄貴。

退院した兄貴分の快気祝いを、相方のYと企画し、件の居酒屋に集合、飲む。

本人はまだ酒を飲めないのだが、入院中に訪ねた時の朦朧とした表情に比べ、驚くほどの快調ぶり。
壮絶な苦しみを乗り越えた後だからか、周囲の人々への感謝の念のせいかはわからないが、彼の纏う優しさのオーラのようなものは一層大きく、力強くなっていた気がした。

夜道に輝く点灯された店の看板、ちょうちん。
ママ、涙。

いい夜でした。
帰ってきてくれて、ありがとう。



posted by 成田翔一 at 14:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。