2009年10月31日

あおぞら

天気がいいです。
秋晴れ。
病に倒れた兄貴分の退院が決まった。
天晴れ。

これから色々と大変でしょうが、できることはサポートしていけたらって思っています。

おめでとう!

さ、明日はゴミ拾い。もう少しで雪が降りますから、ゴミ拾い自体はあと数回かな。
冬場はボランティア雪かきなんってどうだろうと考えています。
朝6時、ムジーク・エターナルクレスト前、集合です。

今年も残すところあと2ヶ月。
みなさん後悔のないよう、歩みを止めずにいきましょう!
posted by 成田翔一 at 12:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

リリースに向けて。

というわけで、CDの発売に向けて、着々と作業が進められています。

こんな時代にこんな小さな街で音楽をやっていくっていうのはなかなか大変なこと。
けど逆に、こういう時代だからこそ、音楽とか、文学とか、芸術と呼ばれるものが、力を発揮できるんだとも信じています。
物質だけが豊かになって、逆に貧しくなりがちな人々の心の栄養分として。
なんにせよ自分達の楽曲で、誰かが少しでもハッピーになってくれたなら、それ以上の喜びはありません。

それともう一つ。
単純に自分の生まれた大好きな街から、活動の軌跡として一つの作品を残せるというのはとても感慨深いものがあるんです。
俺みたいなチンケなダメ男でも、できることがある。
それをようやく形として証明できる。
唯一自分を褒めてやろうかなと思うのは、
「あきらめずに継続してきたこと」。
バンド始めてもう7年になるかな。
前身バンドから色々と経験をして今、改めて最高のメンバーに感謝したい。

決して大きくない一歩かもしれないですが、まずは。
小さな夢の一つが叶います。
自分のバンドでちゃんと、作品を残せました。
編集作業でもう聴くのが苦痛なくらいなんですが、とても素晴らしい作品に仕上がったと思います。

ここからまた新しい始まり。

今年の最後、12/23発売予定です。
初回の特典など、随時、アナウンスします。


posted by 成田翔一 at 13:26| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

誰よりも熱く

なかなかツライぜ、現実。

でも変えられるのは、「今」と「未来」と「自分」だけ。

今日も、進むぞ。ほんのちょっとだっていい。

もう夕方になっちゃったけど、みなさん今日も良い一日を。
posted by 成田翔一 at 15:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

run 俺 run

夏から秋へ、秋から冬へと急ぐ日々を、それなりのトラブルを抱え、でも楽しく生きている。

少しハートに堪えるようなことがある日は眠れぬまま朝を迎えたりもするわけだけど、まぁなんっつーか、過ぎてしまえば笑えるようなことなのだ。
そのトラブルから逃げることさえしなければ。

その人の真の力が試されるのは、発揮されるのは、要するに、逆境にいる時だと思う。
辛いときに、苦しいときに、何ができるか。何を思えるか。
理解されないもどかしさを抱えるときに、どれだけ相手を理解しようと思いやりの心を持てるか。

最近強く感じること。
身体と心は直結してるんだ。
心が晴れない日は、身体を動かすに限る。
限界まで走って身体をきつめにいじめて、もう一人の自分に、打ち克つのだ。
昨日作った自分の限界を、今日は、越えていくのだ。
そうやってまた一歩、前進する。

さ、じゃあ、お隣HAYAとモーニングコーヒーを頂いてから、素晴らしい今日という日を、駆け抜けたいと思います!
しかしコイツはいつまで半袖なんだ・・・

画像-0~1.JPG
posted by 成田翔一 at 13:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

大吐露 中吐露

CDのミックスを終え、最終チェック。
関わりのある、尊敬するミュージシャン数名に送り、聴いてもらう。

暖かい応援メッセージ。
そう、受け取る。
このバンドはまだまだ始まったばかり。まだまだ未熟。精進するのみ。
それは俺も重々知ってる。
知ってますからちゃんと。

俺はエラそうに見えるかもしれないし、態度だってデカイけど、本質的に自分の未熟さ、バンドの未熟さ、重々知ってますから。
俺は誰のことも見下さないし、自分がエライだなんて、これっぽっちも思っていません。

だからこそ、こんな未熟な人間だからこそ、意識せずとも周囲の人間をキズつけてしまうことだってある。
それに気付いたらしっかりと謝罪して学習する、常識的な範囲の謙虚さだって持ち合わせているつもりです。

おっと、脱線。
まぁそんな未熟な男が嘘なく奏でた音楽。
魂、しっかりこめました。
是非聴いて欲しいです。

CREEPS NEWアルバム、年末発売予定です。
お楽しみに。
そしてバンドの旅はまだまだここから始まるのです。


posted by 成田翔一 at 13:44| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とろみを感じる生き方

奥入瀬渓流の紅葉を楽しみ、
青森市で噂の中華料理を食し、
夜はくるりのライブを堪能。

画像-0~1.JPG
posted by 成田翔一 at 12:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

Heart Land

以前に書いた病床に臥した兄貴分。
いきつけの居酒屋のママの息子さんである。
山のように大きく、岩のように無口で、羽のように優しい人。
大好きなのだ。

病状はかなり深刻だったため当然ママは付きっきりで看病。
店もしばらくは休んでいたのである。

自分の生活の中からあの店がなくなっただけでこんなに辛いとは思わなかった。
ザッツMy Heart Landなのだ。
安らげる場所に感謝。

そして昨夜は店再開の夜。
兄貴はまだ入院中だが病状は安定、あとは復活を待つのみであるからして、今までのうっぷんを晴らすかのように俺らが店を盛り上げるのである。

フットサルのリーグ戦を終え、最高のチームメイト達を引き連れ、乾杯。
再開初日から遅くまで盛り上がり過ぎたかな、ママ。ごめんよ。
でもやっぱりこの店がなきゃダメだよ、俺。
これからもヨロシク。

画像-0~1.JPG

PS.
店は再スタートをきったワケだけど、店頭の看板とちょうちんの灯りは灯っていなかった。
兄貴分が退院して帰ってくるまで、とっておくのだそうだ。
うぅ、ママ、最高だぜ 涙
posted by 成田翔一 at 12:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

考える。

考える。

not politeとno respectの違いについて。

老若男女分け隔てなく、敬意をはらえる人間でありたい。

言葉は時に誰かを救いまた、想像以上に誰かをキズつける。


「言葉で語られることは所詮、言葉で語れる範囲のこと。
 目に見えるものは所詮、目を閉じれば見えなくなるほどのもの。」

みなさんの大切なものを、見失わないように。

posted by 成田翔一 at 17:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

sail away

一人でトレーニングをする。
不調の自分に一番必要なものは、体力とか筋力とか実力とかではなく、
「俺は誰よりもトレーニングしてるぞ」
っていう自負・自信なのかもしれない。
毎日毎日トレーニングをするのはスケジュール的に、無理だ。
なら、出来るときに、出来ることをしようと思う。
俺には目標がある。
まだまだ上を目指して頑張ります。諦めない。

おいしい酒を飲む。
おいしい酒。それは仲間と飲む酒。
何の話をしたかは、内緒。信頼できる仲間にしか言えないこともある。
ありがとう。
あんたらになら、俺の愛は伝わる。
一晩考えた。
俺は、俺のやり方を、曲げない。
ありがとう。

さぁ、今日も顔を上げて、前進しよう。
posted by 成田翔一 at 14:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

どんなことがあっても受け入れていくし、卑屈にならずにそこからまたスタートをきる。
つまずいてもつまずいても、また立ち上がる。
人はきっと笑うだろう。
でもかまわない。

明けない夜はないし、止まない雨はない。
そしてほら、雨の後には時々、虹も出る。

いいことあるで〜。
監督、コメントありがと〜。
ちょっと嫌なことあった後だったから、元気出たっす。

画像-0~1.JPG
posted by 成田翔一 at 14:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

a day in the life

おはようございます。
もう10月も半分を過ぎて、今年も残すところあと2ヶ月チョイ。
ついこないだ年越ししたと思ってたのにな。
早いもんだ。

日々の忙しさも少し落ち着いて、最近は少し自由にのんびりしてる。
なんてことない毎日。
だけどこんな普通の日々こそ大切だね。
何でもないような日の積み重ねの先に、より素晴らしい日々が、ある。

いっつも同じこと言っててワリィんだけどさ、みんな今日も、頑張ろうね。
小さなことこそ大切に、丁寧に、前向きに。

ヨッシャ!

〜前向きに食事をし、前向きに買い物をした。
何事も前向きに行動することが可能性を生む。〜 イチロー




posted by 成田翔一 at 12:52| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

回るよ

前述の病床に臥した兄貴分が無事、順調に回復しているようだ。
昨日、リハビリを始めたという内容のメールをもらった。
メール打てるくらいに回復したんすね。さすがっす。
アンタは強い人だから、きっと脳出血なんかに負けないはずだ。

みんなシャバで待ってますぜ、兄貴。


少しずつまた、色んなことが動き出していますよ。
年末にアルバムリリースを控えたCREEPS。様々な手続き、準備に忙しくしています。(竹内が。)
んでもってライブ。
11/14には中三スペースアストロで行われるファッションショーにバンドでコラボに挑戦。主催の服飾専門学校の教師やってる毛深いヤツが、俺の後輩なのである。互いに前例のない試みだから歩み寄って、いいモノを生みだせればいいなと思っています。
そして今年の締めくくりのライブは恒例のこれ。
12/5、弘前VS長野 タテタカコ祭り。
タテさんと、俺の盟友ビーグルズ、去年一緒だったインランパブリックス。
弘前はアサイラムオーナーと弘前の最終兵器、加藤のぼる氏のバンドFUGURI、SPN POWER、そしてCREEPS。
このイベントは強烈です。想像しただけで強烈なのです。
チケット予約、もう開始していますので、お早めにメールでどうぞ。

これからまた忙しくなるぜ。今のうちにしっかりトレーニングして体力つけておくぜ。

あ、今朝、悪天候をおしてゴミ拾い、したよ。みんなお疲れさま。
画像-0~1.JPG



posted by 成田翔一 at 11:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

keep goin'on

走ってても歩いてても、這っててだって、前に進んでいれば、いつかどこかに着きますから。

止まってしまわないことが、大切なのです。
できることを少しずつ継続すること。

明日はゴミ拾い。朝6時にMUSIK/ETENAL CREST前集合です!

居酒屋の「飲み放題」を「飲みたい放題」と言ってしまった翔一でした。

posted by 成田翔一 at 12:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

No excuse

音楽に、フットサルに、人付き合いに、生活に。

まだまだ、まだまだ、足りません。
足りないところばっかりが目につくんです。

でもそれが毎日の原動力になります。

もっともっと、もっともっと良くしていきたい。
きっと良くなるし、だから頑張れる。

毎日、毎日が、勉強であり、戦いであります。

一分一秒も、無駄な時間なんて、ないんです。

だから俺は、今日も頑張ります。

みんなも顔上げて頑張りましょう!
posted by 成田翔一 at 13:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

仙台へ

休日。

深夜のドライブ、弾む会話。
味気ないホテル、睡眠不足。
杜の都を散策、日々の疲れを癒す。
サッカー観戦、モチベーションアップ。
夜の街へ、魚がうまい最高の居酒屋発見。
飲む、飲む。
ハシゴ。飲む。

自分、リセット。

今日からまた頑張ります。


画像-0~1.JPG
posted by 成田翔一 at 12:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

ありがとう。

We are summer riders at アサイラム。

高畠俊太郎さんそしてアコースティックCREEPS。

最高の夜。

いやぁ、飲んだ。

「弘前の宝物みたいなバンドになれるよきっと。焦らず頑張って。」

俊太郎さんからもらった言葉、大切にこれからの励みにしようと思う。



任せてください。
俺ら、やったるっす。

最高の二日間でした。
また会いましょう。

DSCN1994.JPG
DSCN2015.JPG
DSCN2030.JPG
posted by 成田翔一 at 09:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

星にも負けず

時間は絶えず前に進んでいるな、って感じる。
長い時間を経て久しぶりに見かけたとある人物の目に、かつての輝きは、なかった。卑屈にさえ感じた。
あるいは自分だけの感じ方かもしれないけど。
顔は、目は、嘘をつかない。
ココロの中も、行いも全て、目の輝きや顔のしわとなって表れる。
歩いてきた時間や道のりが地図のように、顔に表れるんですよ。
それぞれが、それぞれ、歩いています。
時間に逆らわず、しっかりと進み続けたいと思いました。
そう、思いました。


さ、ということで昨日はMAG-NETで高畠俊太郎兄貴と、ライブでした。
俊太郎さん、凄いね、ありゃ天才でしかない。一緒に演奏したバンドバージョンの「C-C-C」、感無量でした。

ファットマンも最高だね。元気いっぱい、ポジティブなエネルギーが音に詰まってて、見る度に好きになっていくぜ。
ボーカルのファットマンは、昨夜のためにファットマンになってくれてたらしいぜ。ははは、最高。

良い夜だったよ。
楽しんでくれたかな?
感じ方は人それぞれ。それでいい。

ハッキリ言えるのは、我らがCREEPS、あの会場にいた誰よりも、ライブを楽しんだ自信があります。
だってステージが楽しいんだから、しょうがない。
今のメンバーで音楽を奏でられることに、感謝。
来てくれた仲間やお客さんにも、感謝。
もっともっと最高なライブできるように、まだまだ精進するぜ。
ありがとう。

そして今日もアサイラムで、ライブだよ。
今日はアコースティックセットのCREEPS。
そして俊太郎さんはサイケデリックだった昨日と違って、ムーディーに攻めるようです。
お楽しみに。


あ、そういえば、来弘中のタテタカコさんが先日俺のところに遊びにきてくれて、話の流れで彼女の新作Tシャツのモデルをやることになりました。その場で撮影してもらって、早速WEB上にUPされたようです。
興味ある方は(T-シャツにね)覗いてみてください。

http://www.tatetakako.net/

じゃあ、アサイラムで待ってるよ。




posted by 成田翔一 at 12:19| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

Will you dance?

今朝は早起きして、レコーディングでもお世話になった世界のIDORA・中田師匠の息子さんが出場するサッカーの試合観戦に行って来ました。
子供達が一生懸命にボールを追う姿を見て、なんだか負けてられん、と思ったのです。
子供達があんなに必死に頑張ってるのに、大人の俺がやらんで、どうする。

明日、明後日。
CREEPS企画です。

本当にメンバーそれぞれ色んなことを抱えながら、荒波の毎日を送っています。
酸いも甘いも全てステージに持って行き、等身大の自分らの音楽を鳴らせればと思っています。

まだ間に合いますのでチケット予約はメール連絡でお願いします。

〜WE ARE SUMMER RIDERS SPECIAL!! 〜
2009.10.11(sun) 弘前Mag-Net
出演
高畠俊太郎 / creeps / FATMAN SEMINAR
open18:00 start19:00
前売り\1500(+1order) 当日\2000(+1order)
※二日間共通チケット 前売り\2000(+各1order)

〜WE ARE SUMMER RIDERS SPECIAL!!〜
2009.10.12(mon) 弘前ASYLUM
出演
高畠俊太郎 / creeps(アコースティック)
open18:00 start19:00
前売り\1500(+1order) 当日\2000(+1order)
※二日間共通チケット 前売り\2000(+各1order)

チケット予約&info.mail:shoichi.narita@gmail.com
posted by 成田翔一 at 15:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

I've got to see you again

身の周りには残酷な現実がたくさん。

新聞を見ても目を覆いたくなる様な悪いニュースがたくさん。

じたばたあがいてもどうしようもない。

目の前にあることの一つ一つに向かうしかない。

たとえばサッカーの試合、大差で一方がリードしている。
しかしそこでもう片方が一気に複数点をとって逆転することは、ない。

同じように。全てが急に全部うまくいくことなんて、ない。

一つずつ、ゆっくりと。
自分にできることを、ゆっくりと。

今日もそれぞれに、意義のある一日を。
posted by 成田翔一 at 14:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

見舞う。

病床に臥した兄貴分のお見舞い。

予断を許さない状況。
無力な自分が心底悔しい。

引き続き全力で祈り続ける。
何をしててもずっと祈っています。

自分の身の周りの人々が健康でただ生きていてくれることが、
日常、無意識レベルでどれだけ自分の力になっているか。
再認識。

どうか、無事でいてください。
何をしててもずっと、信じています。
posted by 成田翔一 at 16:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする