2009年09月11日

ジャッカル八木橋

秋。
風、日差し、空気の匂い、完璧。
最高の季節。

食欲の秋、読書の秋、そしてスポーツの秋。

フットサル。
水曜、それはそれはハードなトレーニング。
そしてその筋肉痛を引きずったまま、昨夜木曜はリーグ戦。2試合を戦う。

チームメイト・ブルースマン八木橋のマサとともに、控えめに言っても勝利に貢献する活躍ができたと思う。
ラストパスも通したし、(マサがしっかりと決めてくれた)守備にも身体を動かしたし、ゴールだって3点も決めた。
もちろん満足なんてできない。まだまだなのであるが。
しかしなにより忘れられないのは試合終了間際の失点。
自分が相手にドリブルで抜き去られ、ゴールを決められた。

どんなアシストより、ゴールより、印象に残る。
眠りにつくまでそのイメージが忘れられなかった。

悔しさ。

しっかりと頭に焼きつけておくのだ。また対戦する相手。次は絶対に抜かれない。


普段の生活でも言えることだなとふと思った。
悲しみや悔しさ、後悔といった「負の感情」こそ、人をより強く動かせる気がする。
同じ過ちは繰り返さない。

こうやって一日一日、昨日の自分を超えていけたらいい。

さ、みなさん今日もハッピーハッピー笑顔で良い一日を。

PS.
我らがフットサルクラブAC弘前、チームメイト・マネージャーまだまだ募集中。見学でも試合観戦でもOK。
気軽にお問い合わせくださいね。
しかし八木橋のマサはなんであんなに足が速いんだろ。


posted by 成田翔一 at 12:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。