2009年05月11日

ラブリー

画像-0~1.JPG

平和な、幸せな日々。
穏やか。
かと思えば仲間には不幸なことが重なって降りかかり大変な思いをしていたり。

みんなみんなずっと笑顔でいられますよに。

アイルランド一人旅をした時の話。
人口が500人くらいの小さな街で出会ったおばちゃんが、俺の無計画の旅をしているという話を聞くと一言、こういった。
「It's so lovely!!」
ラブリー。
なんだか素敵な響きだと思った。
素敵!ともちょいと違うし、愛しい!だと言いすぎだし、ラブリーはラブリーでしかない、と思った。

少しずつ変化していく環境やゆっくりと流れる時間がとってもラブリー。
ラブリーな人生を送れるように、いっつもラブリーな自分でいたいな、と思った。

〜草花が伸びるのを見たいなら、目を離せばいい。  
 こどもの成長だって、自分のことだって、同じだよ〜
 セフティ・マッチ氏の銀の言葉より

距離や時間。
それぞれあるだろうけど、結局自分にとっての大切なものってのはいつも変わらないものだと思うよ。
母親や父親が一人ずつしかいないようにさ。

自分にとっての大切なもの。
見失わないように、しっかりと目を開いて、周りを見渡して、ラブリーな人生を送りましょう。


posted by 成田翔一 at 10:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。