2009年05月31日

未来のチャンネル

%E7%94%BB%E5%83%8F-0203.jpg

今日もゴミ拾いしました!
次回、6/14(日)の予定です!!
posted by 成田翔一 at 15:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

戦う、っていう姿勢。

オラレーーー!

絶好調の翔一です。
ささ、明日は恒例ゴミ拾い。
弘前はキャッスルホテルの向かいにあるETENAL CRESTもしくはMUSIKのビルにAM6:00に集合です。
尚、雨の可能性もあること。考えてみると今まで運良くいっつも晴天だったね。
雨の場合は一週間延期します。朝起きて微妙だなって思った方は俺か、HAYAか、石岡まで連絡くださいね。

んでもってそういや水曜日、サッカー日本代表がキリンカップでチリと戦ったね。久々にスゲェ気持ちのいい試合で、結果云々抜きにしても、なんだかモチベーション上がっちゃいました。
サッカーでも音楽でもなんでも。やっぱりハートなんだよな。ハート。
中でもオランダ2部リーグの本田の成長には驚きました。さすがMVPとるだけあるよ。彼の有言実行、好きだなぁ。
試合中の彼の闘志むき出しな眼光にイチコロです。
そして試合後の彼のインタビュー。
以下ニュース記事より抜粋。

チリ戦で代表初ゴールを決めた日本代表MF本田が金髪をなびかせて“ケンカのススメ”をぶち上げた。1月のアジア杯予選バーレーン戦以来の代表招集。久々の代表で感じたのは日本人特有のおとなしさと奥ゆかしさだった。「オランダでは(練習中から)ガンガン言い合ってる。それが普通の環境だったんで今は不自然な感じ。皆凄く人間ができてるなあって」。選手同士仲がいいのは悪いことではない。だが、ピッチに出ればある意味戦争だ。言い合うことがお互いの成長につながることもある。「なんでも我慢すればいいってもんじゃない。正解はないと思うけど、ケンカして相手を知ることもある。言い合いもしたことないのに、自分の良さがどうとか決めつけるのはおこがましい」。

「言わない強さ、優しさ」ってのも確かにあるけど、やっぱり言葉にして気持ちを伝えるってことは、大切なんだね。
恐れていたらなにも始まらない。
本当の負け犬ってのは、行動の果てに負けた人のことではなく、失敗を恐れて行動にうつせない人物のことを言うんだ。

キズつくのにはもう、慣れた。
キズつけ、キズついて、互いの成長のために、全てがより良くなるために、俺はガツガツいくよ。
だから周りのみなさんも、どうか俺に厳しくあってください。

じゃあ、今週も一週間、お疲れ様でした。
それぞれの週末を楽しんで。

戻るも進むも、落ちるも上がるも、全部、全部、あんたの受け入れ方次第なんだ!

へば。



posted by 成田翔一 at 13:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

病み上がり

食べ物をエネルギーに変えて人間が活動するように、
いい音楽をモチベーションに変えて、生活するのです。

音楽を聴いてなにも感じないことなんてないし、音楽を聴かない日なんてないね。
音楽を軸に回る俺のLIFEなのです。

今日の心の栄養。
ヨーヨーマのバッハとビートルズとスピッツ。
いいっしょ。
%E7%94%BB%E5%83%8F-0200.jpg
posted by 成田翔一 at 14:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

素晴らしい日々

切磋琢磨しあえる良きライバルであり、心を許せる数少ない仲間と、同じ建物で仕事をしております。
恵まれた環境です。
時に厳しく、けどいつも楽しく。

僕らの日々は、前途は、光輝いているのです。

%E7%94%BB%E5%83%8F-0196.jpg
%E7%94%BB%E5%83%8F-0197.jpg
%E7%94%BB%E5%83%8F-0198.jpg

今日も全力で駆け抜けましょう!
posted by 成田翔一 at 13:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

JUST A LITTLE DAY

タテさんチームが予定より一日早いんすけど、弘前を去りました。
や〜、楽しい日々でした。
また八食センターで会いましょうね。

あ、それとCREEPS、7月4日の久慈UNITYでのライブ、元ピールアウトの近藤兄貴も一緒になりました。再会が楽しみです。

音楽を通じて出会った仲間が日本のいたる所にいる。
素敵なことっす。

仙台とか静岡とか東京とか、みんな元気か〜?
会いたいぜ。

いつか来るその日まで、それぞれの場所でみんな頑張るべ〜

へばの。

%E7%94%BB%E5%83%8F-0195.jpg
posted by 成田翔一 at 12:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

嬉しい日々

相変わらず池畑兄貴と行動を共にする。
なんだかツアーしてる時みたいでワクワクする。
弘前の仲間達と混ざって遊んだり、お気に入りの居酒屋を気に入ってもらったり。
なんだか嬉しいぜ。

そして昨日はタテタカコさんのライブat弘前学院大学礼拝堂。
場所の雰囲気も相まって2時間があっという間の素晴らしいライブだった。
前から思ってたんだけどタテさんの歌声って、真上に、天に向かって放たれているのが、見える。目を閉じると、見える。
グランドピアノの水みたいな音と、氷の刃の如く鋭く放たれる歌声。彼女の個性が、好きだ。心の結構はじっこの部分にある、「闇」までいかないけど、ちょっと暗くてあんまり向き合いたくない部分を刺激してくる、音楽だ。
表現すること。それについて考えなおさせてくれた、とても勉強になったライブでした。

さすがに2日連続朝まで飲んでたから池畑兄貴も俺も少し疲れ気味。
おとなしく早めに帰って、眠りましたとさ。

あ、俺が自己満足で作ったフットサルのチームの若い衆が、昨日大会で準優勝したんだって!
ロビンズ・ネストBチームだって!かっこいいね、なんだか下部組織をたくさん持ってる強豪チームみたいでさ!
本人達は優勝を逃して悔しがってたけど、スゲェじゃん!お疲れ様。
俺は日曜日の大会には色んな都合で行けないんだけど、なんかこう、若者達で集まって、俺がいない所でも、みんなで協力して、各々楽しんでくれてんのが嬉しいんだよな。
やってて良かったよ。
ありがとう。

みんなに負けないように。
俺も俺のできることにベストを尽くすよ。
俺にできること。やっていきたいこと。
「みんなが少しでもハッピーになれる空間を、笑顔でいられる場所を創っていくこと。」
音楽で、サッカーで、仲間達との町興しで。

ヨッシャ!


posted by 成田翔一 at 13:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

NAI

飲む。飲む。
きっと今の俺の身体は八割が酒でできている。
睡眠時間が足らない・・・

幼馴染の誕生パーティ。長野のゲストも交えて。
スゲェ。初対面だろうがなんだろうが関係ないんだ。心がオープンでいられるってことはスゲェことだ。
終わる頃にはもう立派なチーム弘前の仲間入りだよ。


毎日毎日酒ばっかり飲んでると思ってるでしょ?

そうですよ。

良くも悪くも、こんな日常を繰り返しては少しずつ、成長し、前進しているのである。
全ては、回っていて、繰り返している。
名曲のコード進行がそうであるように。
こんな日常を、俺らは「音」へと変えていくのだ。

シンプルイズベスト。
だよな?

仲間に囲まれ笑顔で酒を飲めることに、感謝。
イサポン、誕生日おめでとう。
一晩だけのために、わざわざ飛行機で。ありがとうね。
離れていてもいっつもお前を想ってるぜ!

誕生会後のカラオケでビーグルズ池畑兄貴とイエモン縛り対決。
彼のボーカル、やっぱすげえ・・・
朝までずっと唄っていました。
唄って、歌詞とメロディーが大切なんだね。
当たり前のことを、確認しちゃいました。

楽しい夜だった!
さ、創作活動に還元しなきゃな。
何事も、継続だ。やめちゃうなら、俺は最初からやらないよ。
とりあえず10年、やってみよ。


posted by 成田翔一 at 13:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

嬉しすぎる再会

朝方に携帯がけたたましく、鳴る。

長野県に住む俺の兄貴分から。もう2年以上会ってない。
彼は一言こう言った。
「ノワールとブラン(愛犬)元気?今から遊びに行くから。」
俺、応えた。
「あ、ノワールは天国っすけど、来るなら待ってます。あ、泊まるならホテルとらないで家来てくださいね。」
彼、
「そこは、俺の家だ。じゃーな。」

以上のことなのだ。

そして夜中。
ベロベロに酔っ払って眠っているとまたもや携帯が鳴る。
朝よりも一層けたたましい。
「着いたよ。」

そう、本当に来てくれたのだ。
嬉しすぎる再会。
夜中1時に大の男二人が、迎えに出た路上で叫びながら、抱擁。
長野県は松本市、長い付き合いのバンド、ビーグルズの池畑兄貴だ。
若かりし頃。
前にいたバンドで、彼らと一緒に無謀なスケジュールのツアーを、何本も、やった。
一緒にツアーを回ったバンドなんて、彼らだけだ。
なんというか、相思相愛、とてもいい関係なのだ。
ツアーで十数日間、四六時中一緒に過ごし、別れ際に寂しさのあまり、号泣したことも、ある。(照)
これ以上言葉にすると、安くさい。
大好きなのだ。
音楽は人間が、奏でるもの。最高の人間達が、最高なロックを鳴らしてくれるバンドなのだ。

突然やってきた彼。そして俺。
夜中1時にビールをワンケース買って、部屋で熱く語りながら、飲む。
6缶が、一瞬で、空。飽き足らず、ウイスキーに手を出す。
2年間の空白はたったの3時間で埋まったのだった。
互いの現状、それを取り巻く環境。変わり続ける風景・時代。
そしてミュージシャンとしての野望。
語りに語って気がつけば4時半。
変わらないな〜。兄貴。
けど、すげぇ変わったな〜。
変わらず大好きだな〜この人。


そんな彼が、なんとなく、弘前に遊びに来た。
嬉しすぎる再会。
「水曜日までお前の家に住むからな。よろしく。」
大歓迎ッス。

あ、私信ですが、そんな池畑兄貴。
弘前が誇るダメロッカー、小作人・松江にどうしても会いたいらしいです。
ここには書けないような理由で彼には連絡がつきません。
しっかりしてくれよ・・・
ここをご覧になった方で、松江と連絡が取れる方、どうかご一報いただけないでしょうか?
懸賞金は、松江に支払わせます。


%E7%94%BB%E5%83%8F-0191.jpg
posted by 成田翔一 at 11:51| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

こころ

雨ですね〜。
そうですね〜。

というわけで、仕事がいい感じに忙しくて、嬉しいです。
やるべきことから、逃げない。
幸せを感じます。充実感。これがなきゃ、人はダメな方向に行ってしまうです。
おいしいご飯をたくさん食べて、仕事を一生懸命頑張る。たったそれだけのことなのです。
それができている!と胸を張って言える人、言えない人。
どちらも頑張りましょうね。今日から今日から。

仕事に出る前の、ちょっとした時間、ご飯を食べながらもしくはインスタントコーヒーを飲みながら、ATVのおしゃべりハウスを観るのが日課なのです。(青森県の素敵な朝のローカル番組です。)
特に最近好きなのは、はっちゃんこと黒石八郎さんです。
今日も生放送で、いっかん¥1000以上というエビのお寿司を試食するコーナーがあったのですが、食べる前に、
「イヒヒヒヒヒヒーーーーーー!!」
って笑うんですよ。
それはそれは嬉しかったんでしょうね。
あれ、演技じゃないすよね?
だとしたら素晴らしいと思いませんか?

「幸せな人ってのは、幸せを感じられる心を持っている人」
なんだろな。
なんてことを思った朝なのでした。

身の周りの、小さな幸せ、是非探してみてください。
一つでも感じられれば、少なくともあなたは幸せってことスよ。

じゃ、また明日。

posted by 成田翔一 at 12:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

五月なのにもう夏みたいな日

ややや、みなさんご無沙汰しておりました。
CREEPSそしてkoyomiバンドのベース、成田翔一でございます。
血液型は生粋のB。自分が中心に世界は回っております。
よっていつでも世界の中心で、愛を叫んでいるわけです。

と、わけのわからんことはこれくらいに。
なかなか忙しくしていますよ。
仲間の主催するレゲエパーティに行ってみんなで準備したサプライズバースデイプレゼントをしたり、(ヤツは感極まって号泣。ヘヘヘ、ザマァみろ。)
相も変わらずフットサルで体を鍛えたり。(いつもお世話になっているフットサル施設SAPPA-DOで結成する新チームに籍を置くことになりました。もとJリーガーの先輩筆頭に、とてもレベルの高いチームであります。また走りこみしなきゃな!目指せレギュラー、そしてテクニックは歳に関係なく磨くことができます。)
かと思えば休日を一日読書して過ごしたり、仲間とワイワイ酒を飲んだり。
本当に自分は素敵な仲間達に囲まれて幸せ者だということをあらためて噛み締めています。

あ、あと家族ね。
みんな離れ離れで寂しいけど、離れてても、繋がってるんだよ。
今日久々にオカンのカレーライスを食べたんだけど、なんだか涙が出るくらいおいしかったよ。
やっぱりみんな実家のカレーが一番おいしいもんなのかな?

今日は夏みたいだね。
気候の変化で身体を壊さないように、健康で、笑顔で、それぞれの毎日を駆け抜けましょう!

あ、恒例のゴミ拾い。次回は5/31の予定なんだけど、最近寝坊だなんだで参加者が減り気味の傾向。
もちろん強制はしないし、意志のある人だけが参加してくれればそれでいいんだけどさ、大切なのは一回の参加で満足することじゃなく、継続だぜ?それだけ言いたかったのさ。
HTP部長のHAYA先輩もご立腹ですよ。笑
「気合入れなおさなきゃな」とのことでした。
みんながそれぞれ、できる範囲で、想ったことを、行動に移すだけでいいんだ。それは長い人生考えれば、ほんの少しの労力だろ?
継続に勝る力は、ないんだぜ。
俺は、たとえ一人になっても、続けるぜ。

何日か、ちょっと忙しくて更新が怠っただけで、みんな心配の電話やメールをくれるんだ。
自覚を持って、俺は、俺のやるべきことを頑張るからさ、お前らも、だぜ?!

じゃあ、また明日!



posted by 成田翔一 at 16:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

大好きなあなたよ、幸せであれ。

シリーズ最終回。

人生には喜びや楽しみと同じくらい、苦しいことや悲しいことが、たくさんある。
光には必ず陰ができるように。朝の反対側に必ず夜があるように。
考察。
あがいて、もがいて苦しくてどうしようもない時に、なんてことのないような、想像もしなかった小さなキッカケで急に視点が変わり、救われることがたまに、ある。
小説の中のなにげない一言だったり、唄の歌詞だったり。ふと見上げた空にあるものだったり、驚くほど身近な人間の一言だったり。

そんな小さなことが、あった。小さいようで、自分にとってはとても、大きいことだった。
本人はきっとそんなつもりもなかっただろうし、なにげない一言だったと、思う。

赤裸々な自分。
浮かんでは沈んで、自分を取り戻しては見失い、助けられて、また突き落とされて。
繰り返し、繰り返し。
振り返ると、これまでずっと、自分を責め続けてきた。
心から許せないでいたことがいくつか、あった。不甲斐ない自分が、心底悔しかった。
一つの節目のその日。今週の初めのとある出来事。
望んだ形では、なかった。正直、不本意だった。
けど、受け入れるのだ。今まで自分のしてきたことが、自分に返ってきただけだから。
しかしその夜。俺の親友カップルの、彼女が言ってくれた一言で、パッと目が覚めた。救われた。夜、泣いた。
「頑張ったね、お疲れ様。」
それだけで、良かったんだ。俺はきっと、形はどうあれ、認めてもらいたかったんだろな。
「あぁ、開放される。」
そう、思えた。嬉しかった。数ある拒絶の先に、大きな、受容が、あった。
俺は、間違っていなかった。きっと誰も間違ってなんか、いなかった。
俺は、自分をうまく信じてあげられていなかった。あまりにも自分に自信がなかった。
俺、お疲れ。もう、頑張らなくても、いい。
等身大で、いよう。
弱い自分。不器用な自分。寂しがり屋な自分。それで、いい。
なんにせよ、受け入れろ。

一つの終わりであるはずなのに、それは始まりの予感をはらんでいて、
それなりに悲しくてもおかしくないはずなのに、希望に満ち溢れている。

結局は流れるままであるべきなのだ。上流から、下流へと力強く流れる川のように。
何者にも逆らえない確かな「流れ」のようなものが確実に存在する。
明るい未来が、目の前に急激に開けてきた。
ペンペンのY。そして笑顔が素敵なMちゃん。本当にありがとう。
俺は何度でも、生まれ変わるよ。
これからも、よろしくね。
愛してるぜ。

人はいつも本物の愛情や友情でしか、救われない。
痛みを知った俺は、またひとつ、優しく、大きくなれるだろう。
友情と、愛情。
大切に、大切に、しよう。

俺は、できない約束は、しないんだ。
今まで語ってきた言葉に、何一つ、嘘はない。
本当の愛。今、やっと辿りつけたのかもな。
だから最後の言葉に、するんだ。

どうか、幸せであれ!
画像-0~1.JPG




PS.
明日5/17は恒例ゴミ拾い!
早朝6時、キャッスルホテル向かえ、新ムジーク前に集合です。
posted by 成田翔一 at 20:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

友情と、愛情と。

今さらながら突然ながら。
忌野清志郎、惜しい人を亡くしたと思います。
昨日は休日で、でも早起きだったから、朝9時からビールを頂きながら清志郎の葬儀、青山ロックンロールショーの映像を観て、彼の曲を耳が壊れそうなくらいの爆音で聴いて、ライブ映像を観て、過ごしました。昼まであっという間だったよ。

いいなぁ、清志郎の曲。カッコイイなぁ。
存在そのものがラケンローで、ナチュラルで偉ぶってなくて。
かといって「俺はカリスマだからね〜」とかサラッと言っちゃうのとか、カッコイ〜。知ってる?タイマーズ。最高なんだぜ。

なんというか、実際直接会ったことはないのに、なんか他人だと思えなくて、もう死んでしまったのに、そんな実感がなくて、いつでも傍にいるような気がして、音楽はいっつも新鮮に響いてきて、安くさい言い方すれば心に色褪せずに残っているというか。なんというか、そういうのって、ミュージシャンとしての死に方なんだな〜って思う。

john lennonだって清志郎だって尾崎豊だってhideだって、まだ死んでないもんね、俺の中じゃ。
ニールヤングはさ、「ロックンロールは決して死なない」って言ってたけど、そうだよね。ほんっとにそう思うよ。

話は変わって。
近頃よく遊ぶ友達と遊んだ。
中華食って、喫茶店でコーヒー飲んで。遊んだと言っても、話をするだけ。
彼は二十歳。7つ違う。しかし正直、歳なんて関係ないのだ。
俺のバンドメンバーなんて30代、40代、50代と世代はそれぞれ。
俺は中学生から70代のバアチャンまで色んな年齢の友達がいる。性別も国境も越えている。これはとても幸せなことだぞ、感謝を忘れるな、俺。
誰との付き合いからも、勉強にならないことなんて、何一つ、ない。

自分のアンテナをいつもしっかりと立てて、オープンに。
全てを受け入れること。周りの優しさや愛情を見落とさないように。
そうしてもっともっと、優しく、素晴らしい男に、人間に、なりたい。

目指すはいつでも、最高のラケンローラーだ。
これがなかなか大変な生き方。軋轢は避けて通れぬ。そしてなにかと失うものも多い。しかし犠牲のないところに栄光は、ない。
そして何よりも、自分で選んだ道。
得るもの、失うもの。全ては他人ではなく、自分で選択するもの。
全てを受け入れ、去るものは追わぬ。
さらには、バカみたいに一つのことを信じ続けること。これがなくなってしまえば、俺は、俺じゃない。
俺の兄貴分はいつもこう言ってくれるんだ。
「道は、お前の前にしか、のびてないぜ。前進あるのみ!」

要するに。
「愛し合ってるかい?ベイベー!」
そういうことなのだ。
そうだろ?
友情、愛情。
NO LOVE NO LIFE.


清志郎さん、R.I.P。
色々ありがと。
またいつか。
posted by 成田翔一 at 10:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

1973年のピンボール

また早起き。
日差しがあんまり眩しくて、涙が出た。

大好きなエピソードを読んでみる。

〜金星は雲に被われた暑い星だ。暑さと湿気のために住民の大半は若死にする。三十年も生きれば伝説になるほどだ。そしてその分だけ彼らの心は愛に富んでいる。全ての金星人は全ての金星人を愛している。彼らは他人を憎まないし、うらやまないし、軽蔑しない。悪口も言わない。殺人も争いもない。あるのは愛情と思いやりだけだ。
「たとえ今日誰かが死んだとしても僕たちは悲しまない。」
金星生まれの物静かな男はそう言った。「僕たちはその分だけ生きているうちに愛しておくのさ。後で後悔しないようにね。」
「先取りして愛しておくってわけだね?」
「君たちの使う言葉はよくわからないな。」と彼は首を振った。
「本当にそううまくいくのかい?」と僕は訊ねてみた。
「そうでもしなければ、」と彼は言った。「金星は悲しみで埋まってしまう。」〜

今日もそれぞれ、よき一日を。
posted by 成田翔一 at 06:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

影響というものについて

朝6時。
ウイスキーでドロドロに酔うとたまに、こんな時間に自然と目が覚める。軽い吐き気もつきもんだ。腹も減った。

雨の音をききながら少しばかりボーッと考え事をしてみる。

きっと自分にとって意味のないものやことなんてまったく存在しないんじゃないか。なぜだかそういうふうにできているんじゃないか。
本来形もないくらい小さかった肉体は、食ったもんで形を作り成長する。
本来平坦な心は、色んな出来事によって形を変えていく。
本来薄っぺらで表情のない顔は、経験が皺や眼光となって姿を変える。
きっと意味のないことなんて、ない。全てに少なからず影響を受けているのかもしれない。

母親の更年期障害で悩んでいる友人の話や
突然大切な人を亡くした身近な人
仕事帰りに一人で居酒屋で飲む遠く離れた弟や
同じ小説を読んで感動しているおさななじみ
きっと
猛威をふるうインフルエンザや
なんだかわけのわからぬまま辞めていく政治家まで

なんか直接的には自分に関係しないようなことでも、全てが自分っていうフィルターを通して、どこか一つの場所に繋がっているんじゃないかって、そんな気がしたのだ。
だからなにって言われても困るけど、なんていうか、意味のないことはないんだから、無駄にしていい一瞬なんてないのかなって。

きっと天才でもなければ秀才でもない自分は、確固たるオリジナリティーなんてものは元々持ち合わせてなくて、全てのことに影響を受けて、少しずつ心や体や顔を変化させて、周りの人や出来事や芸術なんかに育てられているんだなって。

そしていつもなにかが足りなくてまだまだ発展途上(のはず)な自分
は思ったことをこうして言葉にすることでそれを確認して、ほんの少しの後悔と反省と気恥ずかしさと一緒に、また少し成長できる(はず)。

なんだかわけのわからんことを朝からまだ酒の抜けない脳みそで考えてため息ついてでもそれでいてヨシ今日もしっかり朝飯食って頑張るぞって思えるのです。

要は、日々成長、日々精進、なわけです。

思春期か、俺は 笑

くだらん話に付き合ってくれてありがと。
また明日ね。
posted by 成田翔一 at 06:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

ラブリー

画像-0~1.JPG

平和な、幸せな日々。
穏やか。
かと思えば仲間には不幸なことが重なって降りかかり大変な思いをしていたり。

みんなみんなずっと笑顔でいられますよに。

アイルランド一人旅をした時の話。
人口が500人くらいの小さな街で出会ったおばちゃんが、俺の無計画の旅をしているという話を聞くと一言、こういった。
「It's so lovely!!」
ラブリー。
なんだか素敵な響きだと思った。
素敵!ともちょいと違うし、愛しい!だと言いすぎだし、ラブリーはラブリーでしかない、と思った。

少しずつ変化していく環境やゆっくりと流れる時間がとってもラブリー。
ラブリーな人生を送れるように、いっつもラブリーな自分でいたいな、と思った。

〜草花が伸びるのを見たいなら、目を離せばいい。  
 こどもの成長だって、自分のことだって、同じだよ〜
 セフティ・マッチ氏の銀の言葉より

距離や時間。
それぞれあるだろうけど、結局自分にとっての大切なものってのはいつも変わらないものだと思うよ。
母親や父親が一人ずつしかいないようにさ。

自分にとっての大切なもの。
見失わないように、しっかりと目を開いて、周りを見渡して、ラブリーな人生を送りましょう。
posted by 成田翔一 at 10:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

let it be

ほらほら、そこのアンタ。

つまんないことでウジウジ悩むのはもう、やめようよ。

だーいじょうぶだから。だーーいじょうぶだって。
なんとかなるから。

ぜーんぜん大丈夫だから。

なるようにしか、ならんだろ?

な?考えても無駄だろ?
だったら涙を拭いて、立ち上がれ。


俺的解釈の、「ケセラセラ」。

今日もみなさん、頑張りすぎずに、頑張りましょう。

posted by 成田翔一 at 09:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

FREE

イェー。

ご機嫌なのです。

昨日は亀ハウスにlostageを観に。
日本で「多少遠くても観に行きたい」と思わせてくれる数少ないバンド。ラブなのである。大ファンなのである。
亀ハウス。同い年のヤツが経営してて、小さいながらもなかなか頑張ってる。昨日はたくさんの人が訪れていたみたいで、なんだか嬉しかった。
いい音楽に集まるたくさんの仲間達。みんな笑顔だ。久しぶりの高揚感に酒も進むぜイェー。

もちろんライブは最高。つまらないことを考える前に、頭に、体に、音が直接ぶつかってくる。あぁ、ロックっていいな。なんだかいいな。

音楽、酒、仲間達。
これだ、これ。この瞬間のために俺は生きていられるのだ。
うまくいかない毎日、人生。
「依存」から開放された時、初めて人は真の意味で、自由になれる。
俺は今やっと、自由になった。
結局自分次第だった、ってのにさ。俺のアホ。
けどそれを確認させてくれたのもまた、音楽、酒、仲間達だ。

自分らしく生きること。自分らしさってなに?
ってことと向き合えた素敵な夜でしたとさ。

写真はバッタリ会ったタテタカコさん。
予想外の再開に二人とも興奮気味でした。
弘前の小さなライブハウスで再開なんてなんか素敵やん。
心霊写真みたいだけど気にしない 笑
画像-0~1.JPG

posted by 成田翔一 at 08:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

imagine

久々の休日。

ギターとお弁当を持って、山奥の公園へ。
久々の長距離ドライブ、バッテリーに不安要素を抱えていたMY CARもすっかりゴキゲン。
BGMはなぜかマニックス。
天気がよく、気温もベスト。
何時間も芝生に寝転がる。

オフはとことんオフ。
オーバーヒート気味だった自分の電源を完全にオフ。
充電。満たされる。

仕事上手は、休み上手。
とはよく言ったもので、充電完了後はまたフルパワーで頑張れるのだ。
頑張りすぎの親友HAYA君には見習って欲しいものだ、ははは。

そして夜。
いきつけの居酒屋へ。
ママへの日頃の感謝の気持ちをお返しするため、ママをカウンターに座らせ、働く。
働くといっても酒を注ぎ足すくらいだけど、ほんの少し視点が変わるだけで同じ空間がこうも変わるものかと驚く。
ママはカウンターでかなり酔っ払ってた。
普段は俺らがこうなのね。
メモ、メモ。「視点を変えてみること。」
学習。


日付けは変わって。
わけもなく早起きする。
精神状態がいいと、目覚めも気持ち良い。
今日も天気がいいね。
なぜか、ジョン・レノンが聴きたくなる。

〜アンタは俺を無謀な夢追い人だっていうかも知れない。
 けど、俺は、一人じゃない。
 いつか君も一緒になって、僕らの世界は、一つになる。〜
 訳・成田笑一

何千回聴いたかわからんけど、最高の名曲だ。

さ、今日もガッチリ朝飯食って、自分のやるべきことに、フルパワーで向かうのみ!

みなさん、GWボケでスイッチ切り替え大変でしょうが、時間は待ってはくれませんぜ!
それぞれの場所で、しっかりと頑張りましょう!



posted by 成田翔一 at 09:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

灯り

ようやく、ようやく、である。

2週間ぶりの休日。世間がGWでワイワイやっている間に、1年分くらい働いたのである。
体はボロキレのようだけど、充実感がみなぎっていて、心は、頭は、なんだか悪くないのだ。

それと同時に身辺整理をしてみると、驚くほどやらなければいけないことが出てくる。
今まで目をそらしていたこと。なかなかめんどくさくて始められなかったこと。
くわえて今までの道のりをゆっくり振り返ってみたりもしている。
たまには立ち止まってみるのもいいもんだ。
自分がどれだけ恵まれていたか、愛されてきたか。

さぁ、大好きなみんなに、どうやって愛を、返していこう?
悲しみ・苦しみを優しさへ。
怒り・憎しみを感謝へ。

関わりあってくれる全ての人間に、あらためて、感謝。

本当にいつも、ありがとう!

みんなの人生が少しでもマシになるように、俺は最善を尽くすよ。
それが俺のやるべきことのような気が、する。
そして俺自身の幸せだ!

それにしてもこの2週間は本当に早かった。
色々なことがありすぎた。
今日くらい、ゆっくりしてみようかな〜。

そうだ、まずはブランにお散歩に連れて行ってもらおう。
posted by 成田翔一 at 10:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

at harappa

昨日のライブ、来てくれたみなさん、どうもありがとう。

環境が環境だったのでお聞き苦しいところもあったとは思いますが、
そんな中ある種の手ごたえと反省点を感じながら演奏しました。

対バンのトオルちゃんの唄も、もの凄く良かった。
音楽ってのは本当に人間そのものが表れる。
彼とは深い関係ではないが、なにか縁のようなものを勝手に感じてしまった。
彼の包み込むような優しさに溢れる唄。刺激されてちょっぴり優しい気持ちになれたのです。
またね、トオルちゃん。

打ち上げのご飯を作ってくれたkoyomiさん、色々と動きまわってくれたharappaスタッフのお二方。
どうもありがとう。

もっともっと等身大の音楽を鳴らせるように、精進します。

残り少ない休日。
皆さんそれぞれに楽しんで。

posted by 成田翔一 at 09:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする