2009年04月28日

イケてない、男。俺。それでいい。

山のようにやることがあんだけど、弁当食いながら更新するぜ。

毎日驚くような大人数のみなさんがこのページ、覗いてくれてるんだな。
んで、ご意見や応援のメールもらったり。
「励みになります」ってさ、それはこっちのセリフですぜ!
みなさん、いっつも本当にありがとう。
だから、こんなダメダメな俺の感じたことや経験したことを文章にすることで、それが一つのサンプルケースとなって誰かの役に立つことがあるのなら、恐れずにどんどん吐き出していこうと思ってるんです。
いっつも前向きとは限らないけど、そんな俺も、俺なんです。
誰だってそうだろ?
なるべく赤裸々な自分を、表現したい。ま、それが下手くそだから音楽やってるってのもあるんだろうけど。

引き続き、ご意見やお叱りのメールも、お待ちしております。
十人十色。
まったく違った角度からの考え方や意見が、俺の了見の狭さ、愚かな思い込みや先入観、傲慢さのようなものを改めてくれることがあるかも知れないッスからね。

んでもって。
今日さ、ふと考え事しながら外を歩いてたら、
「自分の考えをこれだけ頑なに正しいと思わせるものってなんなんだろ?」
って思ったんです。
ん?言い方が難しいな。
「自分の考えや意見をなんでこんなに自分自身はまっすぐに肯定できるんだろ?」
みたいな感じかな?
いい方に捕らえれば、それは「まっすぐで流されない生き方」で、「自分を信じてる」ってことになるんだろうけど、全てがそれでいい、とは限らないんじゃないか?みたいなさ。伝わるかな?
逆に言えば、みんなそれぞれに自分の信じるものや守りたいもの、譲れないものや確固たる意見のようなものを持って生きてると思うんだけどさ、それを確実にしてるものって、実はスゲェ不安定で、目にも見えないし、実は脆かったりとか。
自分を否定されるのが怖いから、無意識に自己防衛のために壁を作ってるってことだって、意外とありうるんじゃないかなって。
「自分はこれだけの経験をして、これだけ学んで、今に至ってるわけで、その中で積み上げられた自分の想いは、決して間違っちゃいない。」
こういう考え方。一見今までの俺は「スゲェかっこいいことだろ?」
って思ってたわけだけど、
「なんか自分のした経験や自分の考えなんて実はたいしたことないのかもな〜」なんてかる〜く思っちゃったんだよな。
そう思ったら今まで拒絶してきたものや否定してきたものごとに対してとっても申し訳ない気持ちになっちゃって。
俺があれだけ頑なに守っていたものや譲れないでいたものって、ただの幻にすぎなくて、それと同じようなものを相手側もしっかりと持っているのかもしれないってさ。

要はさ、「自分なんてまだまだ大したことないだろ?」
ってことだよ。
自分を信じる。自分を否定しない。
そういう生き方、態度はとても大切だと思う。
けどそれって、度が過ぎれば、ただの頑固や、固執、だと思うんだ。

自分より強いもの、弱いもの。
上を飛んでいるものや下を流れるもの。

それを全て受け入れてみるところから、なにか「自分なり」という考え方ができるんじゃないかなって。

Take it easy.
そういうことだよ。

あんま深く考えずに、時には流されてみるのも、いいかもね。

「いつも自分が正しい」
とは、限らない。
それは、
「正しくない可能性もある」
ってことじゃ、なくて、
「なにが正しいかなんて、誰も知らないだろ?」
ってことだ。

Take it easy!!

未来はさ、明るいんだぜ?


やべ、時間使っちまった!
仕事仕事!!!



posted by 成田翔一 at 13:20| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。