2009年03月16日

Eight days a week

ちょっと立ち止まって考えてみよ。

仕事。CREEPS。koyomi band。フットサル。まだアナウンスしてないけど、とあるプロジェクトの活動。読書。英語の勉強。
たくさんのことに手をつけているけど、どれも疎かになっちゃいないかな?よく考えれば一週間が7日じゃ足りない。
だから一週間に8日分、頑張りたいと思います。

ちゃんと栄養とって週3回はフットサルで走って体を鍛える。
最近はマックばっかり食べてるから、良くないよ。忙しくても、チームの活動は、地道に継続だ。
読書や仲間との時間で心を休める・磨く。
読書は生活スタイルに溶け込んできたな、毎日欠かしていない。仲間との時間も週一回はとれてる。というか周りの助けがなければ俺は今ここに、いない。正面からしっかりと向き合ってくれる数々の仲間に、感謝。

こんな幸せ、あるかい?
誰の人生にも、生活にも、必ず光と闇がある。
逆に言えば光のない人生なんて、ないはずだ。
どんなチッポケな光でも、それにちゃんと、感謝できること、それが「幸せ」だ。

何もない日なんてなくてもいいし、何も感じない日なんてありゃしないのです。
一日、一日を、「今」を、大切に。

さ、今日も全力で行くぜ!

‘僕たちにあるのは時間だけ
 心配したり、悩んだりする必要はないのさ
 そうしたところで、僕たちは笑ったり泣いたりするために
 ここにいるだけなのだから
 
 つまり、失敗は他の方法をみつけてくれるものなのさ
 破れた心には いつも他の新しい日が待っているのさ
 
 だから孤独よ、僕にはもう君は必要ない’  
    〜That' Why〜 by Michael McDonald


posted by 成田翔一 at 13:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。