2009年03月06日

突然NIGHT

野球のルールもロクにわからない俺が珍しくWBCなんて観ていると、いっつもなにをやるにも突然の男、TattooアーティストHAYAからお誘い。
昨日の夜のこと。

奴、ホントにいっつも突然だから、誘われた時にはもう自宅でくつろぎモードなんて時が多いんだけど。
昨日は久々だったし、話がしたいとも思ってたから、彼を迎えに出た。

レゲエアーティストの五十嵐も誘って、鍛治町にある居酒屋へ。(あれ〜店の名前なんっつったけな・・・)
フランクでナイスなオヤッサンのいる素敵なお店でした。

例によって俺はコーラで、奴らはビールで乾杯。
三人とも畑は違うけど、それぞれの分野で弘前を盛り上げようって頑張ってる仲間だ。
普段は住む世界も違うし、着る服だって違うけど、それぞれがそれぞれの持ち場を、「こだわり」を持って必死に守ってる。火を灯し続けてる。
けど、「こだわり」と「視野の狭さ」は似てるようで、違う。
本物の「こだわり」は、「視野の広さ」が生み出すものだと思う。
ここ弘前は、小さな街だ。何かを発信していくには、手を取り合わなきゃいけない場面も、ある。
派閥だなんだ言ってる暇はないのよ。誰かを憎んでる暇もないんだよ。ブログ炎上なんて言ってる場合じゃないのさ、五十嵐。笑
俺だってHAYAだってきっと、相当嫌われてるぜ 笑
いちいち付き合ってたらキリないよ。
そんな暇あったら、曲作ろうぜ。

そして嫌われ者の男たち、
「ジャンルを越えた音楽ってものを、当人達とお客さんが心から楽しめるイベント、作れないものかな」って。
話はいつもここに着地した。
具体的なアイディアもドンドン出てきたけど、きっと簡単なことではないだろうな。けど俺ら三人誰も、最初っから大成功なんて、望んでいなかった。そこだけは一致だった。
どんどんチャレンジしてさ、失敗してさ、反省してさ、地道にやっていこうぜ。ただし、毎回、全力でだ。

ってな話をして時間はあっという間。

居酒屋を出るとHAYAは例によって突然、「タコヤキ食いたい。」
それを買って食いながら歩いていると突然、「あ、ここのBARで飲む。一杯付き合え。 笑」
そして挙句の果てに突然、「ラーメン食って帰るか。」笑

in the ラーメン屋。
子煩悩HAYAの息子自慢。
猫煩悩五十嵐の猫自慢。
犬煩悩俺の犬自慢。

じゃあな。また近々。
と解散して小一時間。
「突然」に愛された男、HAYAに、突然、予定日より2週間も早く、次男が誕生しましたとさ。(実話)
お、おめでとう!!!

%E7%94%BB%E5%83%8F-0097.jpg





posted by 成田翔一 at 13:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。