2009年03月02日

mother

3月2日。

母親の50回目のバースデイ。

昔母親はこんなこと言いました。

「アタシ、誕生日が某O真理教の教祖と一緒なの。とっても嫌だから誕生日を3月3日に変えますから。」

いやいや、無理ですから 笑

大好きな唄に、こんな一節があります。

〜母は老いて 憂いは深く
   僕に一体 何ができる〜

そしてこの曲の作者に、こんなことを言われました。
「お前のミュージシャンとしての才能というものは、両親が大切にお前を育ててくれたから、あるものなんだよ。感謝の気持ちを決して忘れては、いけない。」

オカン、息子は28歳になります。
世間一般的にみて、年相応とはお世辞にも言えない人生を送っていると自覚しています。
ですが、立派なオトンと、オカンのおかげで、今までの人生を笑顔で駆け抜けてくることができました。
本当に感謝しています。

50歳。
ひとつの節目なんだろうね。
今まで以上に体に気をつけて、まだまだ続く人生を、思い切り楽しんでください。
いつになるかはわかりませんが、将来、息子たちで、オカンを温泉旅行にでも連れて行きたいって思ってます。

孫を抱くのは・・・・まだ待ってね 笑


いつもいつも、本当にありがとう。


posted by 成田翔一 at 15:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。