2009年01月31日

JAM

     「できなくてもしょうがない」は、
      終わってから思うことであって、
      途中でそれを思ったら、絶対に達成できません
 

          イチロー 『イチロー 262のメッセージ』

posted by 成田翔一 at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

happy birthday

誕生パーティ。
か な り 飲んだ。
泥酔。
楽しかった!ありがと!
posted by 成田翔一 at 13:12| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

感謝

%E7%94%BB%E5%83%8F-0044.jpg
あんた達の何気ない笑顔や会話に支えられて、俺は生きてんだぜ。
いっつもいっつも、ありがとな。

交換のきかない、財産。
posted by 成田翔一 at 17:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

大丈夫さ、It's all right

たとえば今日が、なんてことない平凡な一日だとしても。
確実に、一日分、前に進もう。
時間に置き去りにされるのではなく、しがみついてでも、歩いていよう。

あなたが空しく生きた今日は、昨日死んでいった者が、あれほど生きたいと願った明日。(趙 昌仁)

みなさん、今日もよい一日を。
posted by 成田翔一 at 13:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

HRC man

先日。ヒョンなキッカケで知り合った23歳の某ミュージシャンと飲む。
お前が思うほど俺は立派な人間ではないかもしれない。
しかしたくさんの勇気をもらう。ありがとう。また。

近頃。
今まで疎遠だった中学時代の友人と酒を飲んだりする機会が増える。
たくさんの人間と関わるということは自分の可能性をちょっぴり広げてくれることだと思う。今まで以上に周りの人間を大切に。ありがとう。また。

某知人からの何気ない一言に感動する。
「ハピネスは過去にも未来にもあるけれど、可能性は未来にしかない」
その通りだ。

なんにせよ今日も、文庫本と、サッカーと、ウイスキーで、生きのびる。
posted by 成田翔一 at 12:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

it is

強い信念と行動力。
posted by 成田翔一 at 12:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

get the happiness

今朝、なにげなく新聞を読んでいると、史上初、フリークライミングで世界チャンピオンになった19歳の日本人の女性の記事が目にとまった。

そして彼女の言葉に強く感銘を受けた。
「負けたから、勝てた。」

なんか身震いするほど感動した。

一般的に敬遠されたり忌み嫌われる、「失敗、敗北、挫折、後悔」。
そういう類のものの向こう側にしか、真の「ハピネス、成功、栄光、勝利」はないんじゃないか?

言われてみればそうだけど、こんな簡単な事に今さら気付かされた。
これで今日も頑張れる。

卑屈になってちゃ身動きがとれん。

今日もみなさん、頑張ろう。
posted by 成田翔一 at 12:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

hospital

今日は仕事が休み。
たまった雑務をこなしてから、病気で入院している仲間のお見舞いへ。
一刻も早く良くなって、早く一緒にお酒を飲む日がくればいいな。

お大事に。
%E7%94%BB%E5%83%8F-0043.jpg
posted by 成田翔一 at 15:30| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

Alive

自分をはじめ、身の周りであまりにも悲しい出来事が連続して起こる。

しかし、それでも生きなければいけない。何があっても。
現状を嘆いて立ち止まっていることは、不毛だ。
それは新たな悲しみを生むだけだろう。

とある経済学者の記事が目に留まる。
世界規模の不況を嘆いて書かれた文ではあるが、
生活、人生、人間として。全てにあてはまるとは思わないかい?

「とにかく現実から逃げることなく、前向きに生きていくことです。それがいずれピンチをチャンスに代えることになります。そして、こうした危機の時ほど、自分を見直し、改革し、そして新たな発見をする者が、大きく発展していくと思います。」

今は、じっと耐えなければいけないんだね。
辛くても。
俺は今日も、歯を食いしばって生きのびて、明日のためにしっかりと眠ろうと思う。

アンタが明日も、これからも、ずっと笑っていられますように。
それが俺の幸せです。


posted by 成田翔一 at 16:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

all the young dudes

昨日二十歳になったばっかりの友人が遊びに来た。
成人式もあっさり終わり、飲み会という飲み会もなく、暇を持て余していた様子。
だから俺のとこにくればなんかパーティが開かれてるんじゃないかって期待したみたい。
確かに俺らはしょっちゅう集まって飲んでるからね。

んで彼に、具体的にどうしたいか聞いてみたのね。
そしたらさ、
「とにかくワイワイとお酒が飲みたい。」
「サシ飲みでもいいけど女の子限定。」
「周りの友達はみんな予定があって集まるのは明日。しかし自分は明日は仕事。」
「あれ?結局何がしたいのか自分でもわかんね。」

行き場のないエネルギーを感じるでしょ 笑

確かに俺らもそうだったなぁなんて思い出したんだ。
俺らなんてさ、二十歳くらいの時は、ロクに仕事もしないで一日中仲間で集まって悪さしたり、たむろしたり、ウロチョロしたり、腹が減ったらコンビニの前でカップラーメン食ったり。
今思えば時間の無駄遣いだったなぁって思うけど、きっとそういう時期もあっていいんだぜ。
もがいて悩んで、「自分に本当に必要なことは何か」ってのをゆっくり考えればいい。
大人とか親とかに、振り回されんなよ。俺の仲間だってみんなそうやって次第に自分の居場所を見つけていったんだ。
ゆっくりでいいんだ。お前にはお前のペースもある。
一人で飲んで酔っ払うのもよし。
とりあえずギターを弾いてみるのもよし。
エネルギーのやり場に困ったらとりあえず家を出てウロチョロすんのもよし。
暇とか時間を分かち合える仲間を探しにライブハウスに行くのもよし。
方法は人それぞれだ。
ただ、ギャンブルはほどほどにな。
俺はそれでダメになった人間を数人、見てきた。

なんにせよ、お前の人生、楽しむのも、持て余すのも、素敵にするのも台無しにすんのも、全部お前次第。

昨日も言ったけど、お前は、果てしなく自由だぜ?
お前のすることに文句を言う権利なんて誰にもないんだ。
人に迷惑さえかけなければね。

二十歳を迎えて夢と希望いっぱいの若者のみなさん。
君達の未来に幸アレ。

俺は二十歳を過ぎてもう7年。
今は文庫本とウイスキーがあれば大体はオッケーだ。

互いに頑張ろうな!
posted by 成田翔一 at 12:47| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

coming of age

今日弘前市では、成人式が行われているようです。
僕にも本日、成人を迎える弟がいます。

こんな世の中であり、時代でありますが、希望を持って生きて欲しいです。
誰もが果てしなく自由です。
そして全てが自分次第です。

成人を迎えたみなさん、おめでとう。
posted by 成田翔一 at 11:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

proof yourself!

色んなことに思いを巡らせています。

今、ここでこうして考えていること。
きっとなるべくして、そうなっている。
自分のしてきたこと、歩いてきた道、キズつけてきた人々。
これで良かったのかな?たまに振り返る。
たくさんのことが複雑に入組んで確かに、「今」はある。

因果応報。

余分に食べた物が確実に脂肪として身体に蓄積されるのと同じくらい、
犬小屋のあるところに犬がいるのと同じくらい、
普遍のこと。

どんな小さなことも、運命を変えるような大きなことも、自分のしてきた全てのことは、自分へ返ってくるんだね。
蒔かれた種は、それがどんなものでも、必ず花開く。

弱い自分に打ち勝つ度に、
また少し、優しくなれる。


posted by 成田翔一 at 16:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

Nowadays

「自分らしさ」とか「本当の意味での優しさ」について考える。

%E7%94%BB%E5%83%8F-0028.jpg
posted by 成田翔一 at 19:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

don't look back in sadness

なんてことない、静かな一日。
ちいさな幸せ。
悲しみならたくさん持っているけど、
もう、いいよな?
こんな日々に、感謝。
%E7%94%BB%E5%83%8F-0040.jpg









posted by 成田翔一 at 13:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

Lola&Soda

12月21日のイベントでお世話になった石橋英子さんとアチコさんの音源を、延々と、聴いている。
なんだか知らないが涙が止まらない。
ライブももちろん、圧巻だった。
感動を超え、羨望や、嫉妬や、恐ろしさまで感じてしまった。

ピアノと唄だけ。
そこに音の数は少ないけれど、その隙間に、たくさんの「無」という「音」が詰まっていた。
あの絶対的な存在感。
何を食べれば出るのだろう。
打ち上げで彼女達はたしか豆腐を食べていた。
そうか。豆腐か。
カクミツ食品に電話しよう。

音の隙間を奏でられるミュージシャン。今の世の中にそれは切実に、確実に、求められている。
lola

posted by 成田翔一 at 15:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

A HAPPY NEW YEAR

みなさん、明けまして、おめでとう!

2009年、それぞれみなさんが、心に思い描いているような、少しでも、素敵な1年間になりますように。

まずは個人的な話をすれば、成田は今年。
「変革・変化」「初志貫徹」
を掲げ、勇ましく歩いて行こうと思っています。
「変革・変化」は時を同じくして同じ逆境と闘う仲間が贈ってくれたもの。
「初志貫徹」は自らが自らに贈るもの。

「果てしなく堕ちてゆくものを止めるのは、終わらない愛だけ」
心にしっかりと刻みこんで、自分にも周りにも、甘えることなく、歩いていきます。
2008年終わりに、愛犬ノワールが人生の最期の一幕で教えてくれた「真の愛が起こしうる奇跡」。
しっかりと心に抱き、生き続けようと思います。
家族、仲間、大切な人を、よりいっそう、大切に。

俺の職業、音楽について。
「それに気付いたら、一度手放そう。そしてもう一度受け入れて、歩きだせ。」
力強くて確かなメッセージを送り続けてくれる、HEAT WAVEの山口兄貴。あなたがいなければ今のミュージシャンとしての、俺はいない。
少しでもあなたのそばに辿り着けるように、今年、全力で自分をすり減らしましょう。
思い返してみれば今までの人生、明確な目標、目的地、そんなものはどこにも見当たらなかった。それは例えばただの通過点かもしれない。
しかし時に遠回りが一番の近道だったってことだって、ある。
俺はあなたから見えている景色を、この目で見てみたい。
腐りきった日本、世界、確かに「今」を生きているはずの人々の、死んだ目。無関心の世の中、自己防衛、現実逃避。時代が生んだ犠牲者の世代。
音楽の力で、ちょっとでも、世の中をハッピーにしたい。音楽には、それができるんすよね?それが世界を救えなくても、誰かの気持ちに少しでもハピネスを届けること。それが音楽にはできるんすよね?
あなたの周りにはきっとこういう命知らずで厚かましい若いミュージシャんがたくさんいるんでしょうね。
見ててくださいよ。まずは、この街を、弘前を、音楽の持っているハピネスで埋め尽くしてやります。
俺は俺の種を、蒔き続けます。そして俺の火を、絶やしません。

2009年一月。
所信表明でした。
かわいいね。.jpg


・・・

・・・

・・・

今までの俺なら、ここで終わってたけど、新年をお祝いしてチョットサービス。
上に書いたのが、チョットカッコつけたバージョン、俺。
これから書くのが、ダークサイド・オブ・俺。笑

あんなにカッコつけて所信表明した成田翔一の新年(本当の姿バージョン)をお楽しみください。

まずは年末、ノワール弔いの意も込めて、連日連夜(一週間以上かな)激しく酒を飲む。飲む。ひたすらに飲む。
平均睡眠時間、3時間。
俺、この時点で目にクマ。
30日。俺主催、忘年会。
「みんなでゲロしようぜ!!」
と意気込んでみたものの、実は影でウコンの力を、2本、一気飲み。
俺、実に、女々しい。
しかしあまりにも楽しい夜で、気付けば深夜3時。
潰れる人、数名。店主・エイコママまで、爆死。
俺、ウコンで元気。
カラオケしたい!という店主息子・トモ兄貴のアイディアで、某インターネットカフェへ。そこで今回沖縄から彼氏を連れてきている店主娘・
ヨシコちゃんが身分証明書を忘れる。というか財布も忘れる。
ここで無愛想な店員が一言。
「全員の身分を証明できなければ、ご利用いただけません。」
これにトモ兄貴、激高。
「コイツは俺の7つ下の妹だ!文句あるか!」
と、今考えれば非常に苦しい言いわけ。笑
俺、爆笑。
もちろん意見は即刻却下され、泣く泣く全員、退場。
腹いせに、腹ごしらえ。
某すき屋にて、しばし、談笑。
怒りのトモ兄貴、ここで信じられないファインプレー。
牛丼を、なんとおかわり。そして二杯目のチーズカレーのチーズがとろけていないと、店員に激高。
こうなればもう、たちの悪い酔っ払いです。笑
俺、爆笑、その2。
迎えた31日。大晦日。
昼間は、すぐ下の弟、キョウヘイとしばし街をプラプラ。
しかし帰宅した男兄弟二人の手には、しっかりと缶ビール。
昼から飲んでても誰も文句を言わないから、年末年始、大好きです。
そして会場を居酒屋青山に移して5家族?くらい合同の年越しパーチー。
俺、激飲み。
俺、でもこっそりウコンは飲んだよ。
俺、洋平君、トモ兄貴。ヨシコチャンの彼氏の沖縄人をイジル。
いや、イジメル。
しかし、穏やかで、いい男。
負け犬俺、完敗。
場所をカラオケに移して、沖縄ソング対決。
俺、島唄。
彼、ビギン。島人の宝。
俺、完敗、その2。
俺、勝てるわけがない。
ネイティブの琉球弁、カッコイイ。
しかし彼、潰れる。
俺、ウコンの力で飲み続ける。
俺、やっと勝つ。しかしドーピング。
俺、真の意味で負けていることに、気付く。
カラオケは朝まで続く。
成田家には、トモ兄貴と、弘前の星、菊池イサオ大先生が泊まる。
イサオ先生のイビキで眠れない事を覚悟しつつ、イヤホンを耳にあて、床に就くが、一般的にロックミュージックと呼ばれる音楽より、彼のイビキは爆音である。
俺、もちろん寝不足。
新年、嫌な予感。体がアチコチ痛む。喉が痛い。
自分に嘘をつくかのように、朝からビールを飲んでみる。
俺「な、大したことねぇ、酒飲めば治るんだって!」とうそぶく。
数年ぶりに近所の先輩の家へ場所を移し、イサオ先生も含めて新年会。
俺、狂ったように飲む。
俺、(ウコンも飲む)。しかも粉末。
家に帰る。
成田家、新年会議。
厳しい財政面など、今年一年の方向性を話し合う。
苦しいのはみな、一緒。
ここで長男、末っ子に説教。久々に、愛を込めて怒りを爆発させる。
末っ子、号泣。
長男、「いつまでもバンドやってるくせに」
と言われる。
長男、ズキッ!
しかし、今なら言える。
俺は、ミュージシャンだ。
職業は?と聞かれたら、ミュージシャンだと応える。
それで発生する金額の問題か?
家庭を養っていけるかどうかの問題か?
次長課長の河本(アキラさんじゃないよ)夫婦の苦労話知ってるか?
きっと「誇り」の問題だと思う。
村上春樹は言った。
「職業とは本来、愛の行為であるべきだ」
俺は、確信した。
俺は、ミュージシャンだ。
よって弟よ、今は辛いかも知れないが、俺の言った事、受け入れてくれ。
自分に甘えるやつは、俺の兄弟には、いらん。
幸せの形は、人それぞれ。
お前はお前の幸せを掴むため、自分のできる範囲でやれる事を、やるしか、道はないのだ。
説教の反動か、長男、急激に発熱。
そこから3日ほど、飲まず食わずで寝込む。咳き込む。呻く。
初夢でも知人にドロップキックをされる。
どうなる俺の2009!?


といった具合で、いまだにゴホゴホと咳き込みながら、職場でキーボードを叩いている。俺。
なかなかイケてません。
ライター忘れてきてタバコが吸えなくて、ハンダごてで火をつけようとしてもつかねぇしよ!
ちくしょう!

では、今年も。
こんな感じでお茶目なアタイをみんなよろしくね。
posted by 成田翔一 at 16:05| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする