2008年11月02日

scold

こんにちは。
寒いですね、お布団から出るのが嫌な季節です。

突然ですが、みなさん、周りにちゃんと「自分を叱ってくれる人」
います?
かなり大切なことだと思うんすよね。
人は独りでは生きていけません。他人と接することで、その人に映った「自分」を見るんですよね。

だから自分の事ばかりを考えすぎていると、一人で思い悩みすぎると、自然と周りに目が向けられなくなり、他人に映った自分さえ見つけられなくなる。

これをしっかり叱ってくれる人。
生きていると色んな山や谷がありますが、周りの信頼できる人間にちゃんと自分を映して、時にはひとりよがりをきちんと叱ってもらって、それをしっかりと受け入れて、生きてゆきたいものです。

あ、今、「自分は平気だ」って思いませんでした?
自分では平気でも、周りの人はどうでしょうね?
それを考え直してみるのも時には悪くないと思いますよ。
それを考えることって、「人の気持ちを理解すること」に繋がるんだと思いますから。

おばあちゃんの説教みたいになりました。笑
でも、なんだか素敵な気持ちです。

僕には、ちゃんと叱ってくれる人が、います。

ちょっとばかし、キツイけど、笑
ありがとね。感謝。

くるりの「さよならリグレット」、いい曲だね〜


posted by 成田翔一 at 12:32| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。